アルザ コーポレイションにより出願された特許

1 - 5 / 5


【課題】副甲状腺ホルモン剤(parathyroid hormone agents)の経皮送達のための装置および方法を提供する。
【解決手段】角質層を通って、その下の表皮層、または表皮および真皮層、の中へと刺貫くのに適合している多数の微小突起34(または微小突起アレイ)を含む微小突起部材30(またはシステム)を有する送達システムを含む、生物学的活性薬剤の経皮送達するためのデバイスであって、生体適合性コーティング35の中にPTH系薬剤が含有されている。 (もっと読む)


角質層を通って、その下の表皮層、または表皮および真皮層、の中へと刺貫くのに適合している多数の微小突起(または微小突起アレイ)を含む微小突起部材(30)(またはシステム)を有する送達システムを含む、生物学的活性薬剤の経皮送達の装置および方法。一態様においては、微小突起部材に適用されている生体適合性コーティング(35)の中にPTH系薬剤が含有されている。
(もっと読む)


免疫活性剤の配合方法及びその送達用装置。この方法は、バルク免疫活性剤を提供するステップと、バルク免疫活性剤を接線流入濾過に供して免疫活性剤溶液を提供するステップと、少なくとも1つの賦形剤を免疫活性剤溶液に加えるステップと、免疫活性剤溶液を噴霧乾燥して免疫活性剤生成物を形成するステップとを含み;装置には、複数の微小突起を含む微小突起メンバーであって、それ上に噴霧乾燥した免疫活性剤を含む生体適合性被覆膜が配置された微小突起メンバーが含まれる。好ましい実施形態では、免疫活性剤はインフルエンザワクチン、より好ましくはスプリットバリオンインフルエンザワクチンを含む。
(もっと読む)


角質層を通ってその下にある表皮層、又は表皮層及び真皮層中に穿孔するように適合された多数の微小突起を含む微小突起アレイを有する送達システムを含む免疫学的に活性な物質を経皮送達するための装置及び方法であって、微小突起アレイは多数のアレイ領域を有し、各アレイ領域はその上に曝されている異なる生体適合性のコーティングを有し、少なくとも1つのアレイ領域のコーティングは免疫学的に活性な物質を含む。一実施形態では、アレイ領域上の各コーティングは、異なる免疫学的に活性な物質を含む。別の一実施形態では、第1のアレイ領域上の生体適合性のコーティングは免疫学的に活性な物質を含み、第2のアレイ領域上の生体適合性のコーティングは免疫反応増強アジュバントを含む。
(もっと読む)


角質層を通して下にある表皮層、または表皮と真皮層まで穿通するように適合させる複数の微細突起群(またはその配列)を含む微細突起部材(またはシステム)を有する送達システムを含んでいる、生物活性薬剤を経皮的に送達する器具および方法。1つの実施形態では、フェンタニルに基づく薬剤は当該微細突起部材に塗布する生体適合性被膜中に含有される。更なる実施形態では、当該送達システムにはフェンタニルに基づく薬剤含有ヒドロゲルを有するゲルパックが含まれ、それは患者の皮膚に適用した後の微細突起部材の上に置かれる。これに代わる実施形態では、当該フェンタニルに基づく薬剤は被膜およびヒドロゲル処方の療法に含有されている。
(もっと読む)


1 - 5 / 5