ザ チャイニーズ ユニバーシティー オブ ホンコンにより出願された特許

1 - 4 / 4


【課題】本明細書に記載の単子葉植物細胞を提供すること。
【解決手段】上記単子葉植物細胞は、インスリン様成長因子I(IGF−I)をコードするヌクレオチド配列またはインスリン様成長因子結合タンパク質3(IGFBP−3)をコードするヌクレオチド配列の発現のためのDNA構築物を含有するように改変されており、該DNA構築物は、単子葉植物細胞中での発現のために制御配列と作動可能に連結した該コードするヌクレオチド配列を含む。一局面において、上記IGF−IおよびIGFBP−3はヒトタンパク質である。別の局面において、上記制御配列は、単子葉植物の種子中で作動可能なプロモーターおよび単子葉植物の種子中で作動可能な終止配列を含む。 (もっと読む)


本発明の実施形態は、胎児染色体異数性が、妊娠女性から得られる生体試料に存在するか否かを決定するための方法、システム、および装置を提供する。生体試料の核酸分子は配列決定され、その結果ゲノム断片が配列決定される。臨床的に重要な染色体およびバックグラウンド染色体の各々の量は、当該配列決定の結果から決定される。これらの量にから算出されるパラメータ(例えば、比率)は、一つ以上のカットオフ値と比較され、それにより胎児染色体異数性が存在するか否かの分類を決定する。
(もっと読む)


生体試料中に核酸配列の不均衡が存在するか否かを判定するための、方法、システム、及び装置が提供される。不均衡を判定するための1つ以上のカットオフ値、例えば2つの配列(又は配列のセット)の比率が選択される。このカットオフ値は、母体血漿等の母体核酸配列のバックグラウンドを含む試料中の胎児DNAのパーセンテージに、少なくとも部分的に基づき決定され得る。また、このカットオフ値は、反応あたりの配列の平均濃度に基づいても決定され得る。一つの側面において、このカットオフ値は、特定の核酸配列を含むことが見込まれる情報的ウェルの割合から決定され、その割合は、上述のパーセンテージ及び/又は平均濃度に基づき決定される。このカットオフ値は、逐次確率比検定(SPRT)等の、多くの異なる種類の方法を使用して決定され得る。
(もっと読む)


2つの重要なヒトタンパク質(インスリン成長因子I(IGF−I)およびインスリン成長因子結合タンパク質3(IGFBP−3))を単子葉植物で生成した。これらのタンパク質を単子葉植物中で産生することにより、本発明は、初めて、ヒトの治療のための使用または獣医学的状況での使用に適合可能な形態において十分な量での提供が可能である有用なタンパク源を提供する。組み換え技術によって生成したタンパク質は天然型に公知の活性を示す。 (もっと読む)


1 - 4 / 4