説明

国際特許分類[F25D21/14]の内容

国際特許分類[F25D21/14]に分類される特許

1 - 10 / 387


【課題】温度変動及び温度むらを良好に緩和することができるうえ、結露を速やかに除去できるとともに、冷却効率が高い貯蔵空間を有する冷蔵庫を提供する。
【解決手段】食品を収容する貯蔵空間と、前記貯蔵空間の上を手前から奥に向かって冷気を流す流路と、前記貯蔵空間と前記流路とを仕切る、手前が最頂部となり奥に向かって傾斜するように配置された奥行き方向に長尺な凹凸が形成された板状体と、前記流路に冷気を供給する冷却部と、前記板状体の前記貯蔵空間に対向する面上を手前から奥に向かって流れた結露を回収し排出するドレインと、を備えるようにした。 (もっと読む)


【課題】圧縮機の運転効率を向上し結露水の漏水を防止できる冷蔵庫を提供する。
【解決手段】断熱材を充填した断熱箱体3を有する本体部と、断熱箱体3の機械室6と、機械室6に配される圧縮機31と、冷凍サイクルの低温部で貯蔵室を冷却する冷却器と、冷却器の冷媒流出側から導出して断熱材内を通るとともに機械室内6に延びて圧縮機31の冷媒流入側に接続されるサクションパイプ37と、機械室6の底壁に凹設した凹部12とを備えた冷蔵庫1において、サクションパイプ37は断熱箱体3から下方に延びる延出部37gと、下端で延出部37gに連続する第1コ字状部37hと、上端で第1コ字状部37hに連続して下端で圧縮機31に接続される第2コ字状部37iとを有してループ状に形成され、凹部12に向かって傾斜する傾斜部37aを延出部37gの下部に設けて延出部37gの結露水が傾斜部37aを伝って凹部12に導かれる。 (もっと読む)


【課題】貯蔵物に結露水が付着することを抑制するとともに収納ケース内の貯蔵物の乾燥を抑えて貯蔵物の鮮度を保つ。
【解決手段】前面の開口部5aを扉5bにより開閉される貯蔵室5と、貯蔵物を収納するとともに前後にスライド自在に支持される収納ケース10と、前記収納ケースの上面を前後にスライドして開閉するとともに閉じた際に前記収納ケース10との間を密閉する小物ケース11と、前記収納ケース10の底面10bを覆って前記収納ケース10の底部に配されるとともに通気孔31を有する通気パネル30と、を有し、前記通気パネル30と前記収納ケース10の底面10bとの間に結露水Wの貯水部33を形成した。 (もっと読む)


【課題】冷気を生成する蒸発器と、蒸発器の霜取りを行う除霜装置と、除霜水を排出するドレンパイプを備えた冷蔵庫において、除霜水が滞留せず流れやすい形状と、発泡断熱材の充填固化時の圧力によって変形し難い形状を有するドレンパイプを備えて、除霜水を確実に排出可能な冷蔵庫を提供する。
【解決手段】ドレンパイプ12は、排水方向に水平から所定の傾斜角度以上下向きに傾けられ、補強用の凹凸溝14が形成され耐圧性を有する上面部と、除霜水が滞留する凹部を有しておらず平滑な底面部15を備える構成の冷蔵庫1とした。 (もっと読む)


【課題】遺体の安置状態を崩すことなく、遺体収容室の出し入れ口から遺体を出し入れすることのできる遺体保冷庫が望まれている。
【解決手段】遺体保冷庫1は、箱状に形成された本体ケーシング2と、本体ケーシング2内に設けられていて当該側面に遺体を出し入れするための出し入れ口4Aが形成されている遺体収容室4と、遺体収容室4内を冷却する冷却機構15と、遺体収容室4の出し入れ口4Aを開閉するために出し入れ口4Aの下縁部に略上下方向揺動自在に枢支された蓋体7と、を備えて成り、本体ケーシング2の下部に脚柱体76が略水平方向旋回自在に枢支され、所定の支持位置に旋回された脚柱体76が、出し入れ口4Aから揺動されて略水平姿勢となった蓋体7をその位置に支持する構成にされているものである。 (もっと読む)


【課題】トレイの霜の残存を防止することができる冷蔵庫を得る。
【解決手段】冷却器25から滑落する霜および水を受けるトレイ29と、冷却器25に設けられ、冷却器25の温度を検知する第一のサーミスタ61と、トレイ29に設けられ、トレイ29の温度を検知する第二のサーミスタ62とを備え、第一のサーミスタ61は、冷却器25のうち風路の上流側かつ戻り口に対応する位置に配置され、第二のサーミスタ62は、トレイ29のうち第一のサーミスタ61の直下に配置されたものである。 (もっと読む)


【課題】冷却器で生成した冷気を各貯蔵室に供給する冷気通路を備えた冷蔵庫において、冷蔵庫の庫内容積の拡大を図り、所定の冷却効果を得るのに適した冷気ダクト構成、冷却器・除霜装置構成とされる冷蔵庫を提供する。
【解決手段】除霜装置8が備えるドレンサポート11の下部に断熱壁51を介して冷気通路を形成する拡幅冷気通路23Aを設け、断熱壁51の下端部を斜めに切除した傾斜面52と該傾斜面に対向して設ける傾斜ダクト面53とで、拡幅冷気通路23Aから第1吐出口に至る絞り冷気通路23Bを形成し、この絞り冷気通路23Bの上端部付近に第1吐出口A1〜A4を設けた構成の冷蔵庫1とした。 (もっと読む)


【課題】貯蔵物に結露水が付着することを抑制するとともに収納ケース内の貯蔵物の乾燥を抑えて貯蔵物の鮮度を保つ。
【解決手段】前面の開口部5aを扉5bにより開閉される貯蔵室5と、貯蔵物を収納するとともに前後にスライド自在に支持される収納ケース10と、前記収納ケース10の上面を前後にスライドして開閉するとともに閉じた際に前端で前記収納ケース10との間を密閉する小物ケース11と、前記収納ケース10の後方で前記小物ケース11から下方に延びる突出部11bと、前記貯蔵室5の下面に設けられる水受部42と、を備え、前記扉5bを閉じた状態で前記突出部11bが前記水受部42の鉛直上方に配されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 蒸発器からの除霜水の蒸発を効率的に行うことができる冷蔵庫を提供することにある。
【解決手段】
第1の蒸発皿43を第2の蒸発皿41内に収納するように配設するとともに、第1の蒸発皿43を蒸発パイプ45の圧縮機19に近い側に固定的に配設し、この第1の蒸発皿43を固定した部分よりも後の蒸発パイプを第2の蒸発皿41内に配設し、冷蔵用蒸発器13および冷凍用蒸発器15に付着した霜が融解されて滴下する除霜水を第1の蒸発皿43で受け、この第1の蒸発皿43から溢れる除霜水を第2の蒸発皿41で受ける。 (もっと読む)


【課題】氷を蓄冷材とし、冷却効率がよく可搬送性のクーラーを提供する。
【解決手段】装置内に氷と水を収納する断熱容器と、この容器に氷を入れるための開口部と、該開口部を塞ぎ気密に保つ断熱扉及び断熱容器内には冷却部熱交換器があり、ここからの配管は冷却液循環ポンプを経由して空気冷却用熱交換器に入り、再び冷却部熱交換器に戻る冷却液循環回路を持つ。また装置を貫く流路があり、装置表面には吸気孔と排気孔を持ち、流路内には空気冷却用熱交換器と送風機があり、吸気孔から吸気された外気が空気冷却用熱交換器の中を通過して送風機により排気孔から冷風として排出されるようになっていて、装置に内蔵された電源により冷却液循環ポンプと送風機を動かし、流路に設置された温度センサーで感知された温度により冷却水循環ポンプの電源を制御する制御装置を持つ。 (もっと読む)


1 - 10 / 387