ジェンボールト コーポレイションにより出願された特許

1 - 7 / 7


【課題】ペプチドおよび核酸等の生体分子の保管のための安定な組成物および安定化方法を提供する。
【解決手段】ペプチド、および溶出可能な多孔性基質または半多孔性エラストマー基質を含む組成物であって、該組成物は実質的に水分を含まず、該ペプチドは、該多孔性基質または半多孔性エラストマー基質に吸収され、該吸収されたペプチドは、吸収されないペプチドに比べて分解に耐性であり、該吸収されたペプチドの少なくとも一部は、該多孔性基質または半多孔性エラストマー基質から回収可能である、組成物。 (もっと読む)


本発明は、水溶性無機化合物、安定化剤、またはこれらの組合せを含む、生体分子の貯蔵に有用な組成物を提供する。本発明は、乾燥状態でおよび溶液状態で生体分子を貯蔵するために本発明の組成物を使用する方法、並びにサンプルキャリア、および本発明の組成物を含むキットも提供する。一局面において、無機化合物と、安定化剤、可塑剤、またはこれらの組合せとを含む乾燥状態マトリックスが提供され、ここで、上記安定化剤は、一重項酸素クエンチャー、ヒドロキシルラジカルスカベンジャー、ヒドロペルオキシド除去剤、還元剤、金属キレート剤、洗浄剤、カオトロープ、またはこれらの任意の組合せからなる群より選択され、上記無機化合物は水溶性であり、上記マトリックスは固体状態にある。
(もっと読む)


【課題】新規な構成の密封保存エレメントシステムを提供する。
【解決手段】本開示により作動するシステムおよび方法は、乾燥媒体上に保存された生物材料、非生物材料、および化学材料の個別サンプルの保存と回収を容易にする。サンプルは多孔質または固体サンプル保存媒体110上または内部に配置され、たとえば、ロボット装置またはその他の自動化装置を使用して、マルチウェルプレートなどの保存エレメント120に保管され、そこから回収される。開示されるシステムおよび方法は、封着された保存エレメント120からマルチウェルプレートの特定のウェル121、または特定のキュベット、試験管または類似の容器へのサンプルの排出を可能にする。 (もっと読む)


本開示により作動するシステムおよび方法は、乾燥媒体上に保存された生物材料、非生物材料、および化学材料の個別サンプルの保存と回収を容易にする。サンプルは多孔質または固体サンプル保存媒体(110)上または内部に配置され、たとえば、ロボット装置またはその他の自動化装置を使用して、マルチウェルプレート(120)などの保存エレメントに保管され、そこから回収される。開示されるシステムおよび方法は、封着された保存エレメントからマルチウェル娘プレート(120)の特定のウェル(121)、または特定のキュベット、試験管または類似の容器へのサンプルの排出を可能にする。いくつかの実施形態では、保存媒体(110)を含むサンプルキャリアは、保存エレメント(120)の第二シールを通して挿入された廃棄可能な穿孔チップなどの装置または手段で、保存エレメントの第一シールを通して穿孔または排出される。
(もっと読む)


本発明は、生体分子の保管のための組成物および方法を提供する。生体分子は、基質への吸収によって保管される。吸収された生体分子は、将来のある時点で基質から溶出または回収することが可能であり、必要に応じて、任意にその後の分析または適用に供することが可能である。保管のための基質に吸収された生体分子はまた、必要に応じて、保存され得る。すなわち、吸収された生体分子は、分解に対して耐性を示すか、または耐性である。
(もっと読む)


本発明は、組成物および有用な方法を提供するものであって、それらは、サンプルが生物的サンプル、または非生物的サンプルであろうと、どのような種類のサンプルに対しても、識別、証明、または認証を行うことができる。さらに、本発明は、サンプルの識別に充てる組成物を提供し、このサンプルは、識別されたサンプルを生成する、組成物および方法を用いて一意的に識別され、ならびに、その組成物および方法を用いて生成されたサンプルを識別する、組成物および方法を用いて、一意的に識別される。例えば、二つ以上のオリゴヌクレオチドを含む、本発明の組成物は、サンプルに添加し得る。ここで、この二つ以上のオリゴヌクレオチドの各々は、オリゴヌクレオチドが添加されたサンプルに対して、特異的にハイブリダイズし得ない。
(もっと読む)


本発明は、組成物および有用な方法を提供するものであって、それらは、サンプルが生物的サンプル、または非生物的サンプルであろうと、どのような種類のサンプルに対しても、識別、証明、または認証を行うことができる。さらに、本発明は、サンプルの識別に充てる組成物を提供し、このサンプルは、識別されたサンプルを生成する、組成物および方法を用いて一意的に識別され、ならびに、その組成物および方法を用いて生成されたサンプルを識別する、組成物および方法を用いて、一意的に識別される。例えば、二つ以上のオリゴヌクレオチドを含む、本発明の組成物は、サンプルに添加し得る。ここで、この二つ以上のオリゴヌクレオチドの各々は、オリゴヌクレオチドが添加されたサンプルに対して、特異的にハイブリダイズし得ない。
(もっと読む)


1 - 7 / 7