国際特許分類[E02D15/00]の内容

固定構造物 (153,614) | 水工;基礎;土砂の移送 (25,595) | 基礎,根切り;築堤;地下または水中の構造物 (13,583) | 水工または基礎に用いる構築材料または類似材料の取り扱い (94)

国際特許分類[E02D15/00]の下位に属する分類

国際特許分類[E02D15/00]に分類される特許

1 - 2 / 2


【課題】
必要なときに簡便に無機系アンカーを迅速に調製することができるとともに、水中穿孔に注入した該無機系アンカーが垂れることなく、少量の無機系アンカーを簡単に効率よく施工することができる、無機系アンカーの水中施工方法を提供する。
【解決手段】
コンクリート構造物の水中穿孔内に無機系アンカーを上施工するにあたり、一端に吐出口を有するシリンダと、該シリンダ内において、該吐出口に向かって移動可能なピストン壁と、該シリンダ内に水硬性組成物粉体が収容されているカートリッジに、前記該吐出口から液体を導入し、該カートリッジに振動を与え、該水硬性組成物粉体と該液体とを撹拌混合して該カートリッジ内で無機系アンカーを調製した後、該ピストン壁を該吐出口側に移動させて該吐出口から無機系アンカーを、水中穿孔内に充填する、無機系アンカーの水中施工方法であり、好ましくは、水硬性組成物粉体は、水硬性粉体と増粘剤とを含有する。 (もっと読む)


【課題】有害物質を吸収する層を非常に薄くすることができ、また従来の透水性シートのように比重が小さくなり過ぎず汚染底質への敷設を容易且つ確実にでき、更に覆砂する際に汚染底質の巻き上げを防止できる汚染物質拡散防止マットを提供する。
【解決手段】有害化学物質を含む汚染底質上に敷設される有害化学物質拡散防止マットを、2枚の透水性シート1,1間の略全体に、粒子状物質から成り全有機炭素濃度(TOC)が5mg/g以上である有害化学物質溶出抑制層2を四周に漏れ防止処理が施された状態で略均一な厚さに形成させて構成する。有害物質拡散防止層2の厚さは、0.5〜3.0cmが好ましい。 (もっと読む)


1 - 2 / 2