説明

国際特許分類[H05K5/06]の内容

国際特許分類[H05K5/06]に分類される特許

421 - 425 / 425


【目的】簡単な構造且つ容易な操作で、携帯用電子機器の筐体間の開口部(当接面)における信頼度の高い防滴/防水性を得る。
【構成】ヒンジ機構3にて互いに開閉自在なアッパーケース1とロアケース2(以下、ケース1,2)にはフック7が着接する当接面を設け、その面の段付き部を傾斜面9とする。操作つまみ5に連動して回る偏心したカム6を備えたフック7の内側側面に、傾斜面9と同じ傾斜の傾斜面10を設ける。このフック7をスライドピン8を支点に回転且つ摺動自在にケース2に組立てる。ケース1,2の当接面にフック7を着接して掛け、操作つまみ5を回わすと、カム6の偏心作用でフック7自体がスライドピン8の軸方向に摺動し、傾斜面9,10が互いに喰い込み、ケース1,2間に設けたパッキン4を押さえつけて、機器の防滴/防水構造の信頼性が向上する。 (もっと読む)



【目的】 厚膜基板上にケースを装着する型のハイブリッドICの製造方法の改善に関する。
【構成】 所定の素子が搭載された厚膜基板11と、厚膜基板11と接着する接着面に複数の突起19が形成されているケース12とを接着させて、ケース12の内部に所定の素子を収納する工程を有すること。 (もっと読む)


【目的】屋外設置筺体内への雨水の浸入を防ぎ、更に筺体内を低湿度に保ち結露を防止する。
【構成】筺体8内外の圧力差調整のための通気用呼吸穴を筺体8の底部に設け、外気と接する呼吸穴の開口部に耐水性及び通気性を持つ防水通気膜3を設け、更に防水通気膜3の内側の呼吸穴の空気の流路にシリカゲル4を充填し、筺体8に流出入する空気が防水通気膜3及びシリカゲル4を通過する構造とする。これにより雨水の筺体8内への浸入は防水通気膜3によって防止され、更に水蒸気を含んだ空気はシリカゲル4を通過し吸湿されるので筺体8内は低湿度に保たれ結露が防止できる。 (もっと読む)


【目的】 電力制御用半導体素子が短絡などによって破壊したときに、パワーモジュール内部の急激な温度上昇によってケース内の圧力が急激に上昇し、ケースが破壊されることを防ぎ、軽量で優れた特性を持つパワーモジュールを実現する。
【構成】 ケースと接する面がテーパー形状で、押え爪8aを有する安全弁8をケース3に備え、内圧により安全弁8を押上げ内圧を逃がす。この構成により、電力制御用半導体素子2が破壊したときにケース3の破壊を防ぐことができ、安全性の高いパワーモジュールを実現することができる。さらに、熱硬化性樹脂が不要になることより、材料費の削減とパワーモジュールの軽量化を共に実現することができる。 (もっと読む)


421 - 425 / 425