株式会社岡村製作所により出願された特許

1 - 10 / 1,415



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 187

【課題】第1部材に対し、それに外嵌した第2部材を、軽い力で容易に、かつ強固に固定しうるようにした2部材の連結装置を提供する。
【解決手段】第1部材12の連結片15に外嵌される第2部材の被連結片21に、後向U字状の切欠き溝25を設け、この切欠き溝25により囲まれた部分を弾性片26として、この両弾性片26を締付ハンドル37により第1部材12の連結片15の外側面に圧接させるようにする。 (もっと読む)


【課題】商品陳列棚のないラウンド型の冷蔵ショーケースであっても、コーナー部の商品貯蔵部に陳列した商品の冷却効果を向上させることができるようにした冷蔵ショーケースを提供する。
【解決手段】冷気送風ダクト6の前面と一側面が交差する角部の壁面に、商品貯蔵部Sのコーナー部に向かって延出するとともに、商品貯蔵部Sのコーナー部に冷気を吐出する複数の吐出孔16を有する冷気誘導ダクト14を、前記冷気送風ダクト6の内部空間と連通するようにして設ける。 (もっと読む)


【課題】座部の跳ね上げ速度を容易に調整することができる座部跳ね上げ装置を提供する。
【解決手段】座部跳ね上げ装置10は、基部18L、18Rに回動可能に支持された座部フレーム32を有する座部14を備え、座部フレーム32と基部18L、18Rとの間に架け渡された捩りばね44の弾性力により、座部14を着席時の横臥姿勢から非着席時の起立姿勢へと跳ね上げ可能に構成した椅子12に備えられる。この座部跳ね上げ装置10は、捩りばね44の弾性力を調整可能な調整機構46を備え、該調整機構46は、捩りばね44の弾性力を調整するための操作部40が外部に露出している。 (もっと読む)


【課題】什器として使い勝手を良好とすることができるとともに、配置変更にも柔軟に対応することができるデスクサイド什器及びデスクシステムを提供する。
【解決手段】デスクサイド什器2は、天板及び脚部を備えたデスクの周辺に配設して使用されるデスクサイド什器2であって、床面上に載置された一方向に幅広なベース体31と、該ベース体31の前記一方向の寸法よりも短寸な該一方向の寸法とされ、内部に物品を収納可能とされた上部収納体51とを備え、前記上部収納体51は前記ベース体31の前記一方向の一端部側と他端部側とのいずれかの位置に選択的に載置可能とされるとともに、前記上部収納体51を前記天板の下方に配置可能とされていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成により天板上面に箱体を載置して使い勝手が高められつつ、配線収容部へのアクセスが容易とされ、かつ、天板上面を広く確保することができるとともに、該上面が煩雑になるのを防止できるデスク装置を提供すること。
【解決手段】上面1aが作業面とされた天板1と、前記天板1を支持する脚部2と、前記天板1の上面1aから窪むように形成された配線収容部3と、前記天板1の上面1aに載置される箱体4と、を備え、前記箱体4は、物品収納部11と、前記物品収納部11を前記天板1の上面1aから離間させて支持する支持脚12と、を備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】地震等の災害時における衝撃により生じる天井の破損や間仕切りパネルの転倒および破損を防止できる制振間仕切りパネル装置を提供する。
【解決手段】支柱2と2’もしくは2と20’の間にパネル部材5を取り付ける第1の間仕切パネルユニット51と、この第1の間仕切パネルユニット51に対して互いに倒れにくい方向に連設されるとともに、支柱20,20’の間に袖パネル部材50を取り付ける第2の間仕切パネルユニット52とを有する。第1の間仕切パネルユニット51および第2の間仕切パネルユニット52は、固定部Kと、天井面Tに接触する接触面Mを備える天井側接触部SおよびS2とをそれぞれ有し、天井側接触部SおよびS2は、天井面Tを押圧するとともに、接触面Mと天井面Tとの接触状態を維持する押圧力を発生させる制振機構の制振ユニット6および61を備える。 (もっと読む)


【課題】加工工数や部品点数の増加によりコストが上昇するのを低減しつつ、取付対象物に対してパネル体を安定的且つ容易に取り付けることが可能なパネル体取付部材、および、パネル体の取付構造を提供する。
【解決手段】パネル体5を受け入れるパネル受入位置と、受け入れたパネル体5を該パネル体5の厚さ方向両側から挟持するパネル挟持位置との間で変位可能な保持部11と、間仕切壁3の上端部3aに対して該上端部3aを挟み込んで取付可能な取付部12と、該取付部12と保持部11とを連係させる連係部13とを備え、取付部12は、上端部3aに取り付けられ拡開される拡開位置と、それ以外の拡開位置よりも閉じた閉位置との間で変位可能であり、連係部13は、取付部12が拡開位置にされたときに、保持部11をパネル挟持位置側に向かって押圧する。 (もっと読む)


【課題】大きな揺れや振動においても、はずれることなく、本棚やキャビネットの棚板に搭載された本等の物品を確実に保持可能な落下防止部材及び落下防止具を提供する。
【解決手段】落下防止部材10は、合成樹脂からなり、縦長の本体部11を備え、この本体部11の一方の端部に本体部11を回転可能に支持するための回転軸部12を備え、他の端部に棒状の落下防止竿を取り付ける部分となる竿取付部13を備える。本体部11は、本体部11の長尺方向に沿って、回転軸部12及び竿取付部13の軸方向と直交する方向に付勢される付勢部14を備える。竿取付部13が設けられた根本部分には、後述する固定部材22の固定部22cと嵌合する嵌合部15を備える。 (もっと読む)


【課題】視認性や操作性に優れると共に、配線プラグ等の接続端子が着席者や第三者の邪魔になることを回避することができる配線差込口を有する椅子を提供する。
【解決手段】椅子10は、座部12への着席者が背中で寄り掛かる部分である背凭れ部14と、着席者が肘を掛けるための肘当て部16とを備える。この椅子10には、肘当て部16の上面であり、且つ背凭れ部14の前面よりも後方となる位置に、配線差込口28が設けられているため、当該椅子10への着席者や周囲の第三者の手足が触れにくい位置に配線差込口28が設置され、配線差込口28に接続された配線プラグが着席者や第三者の邪魔になることを防止できる。さらに、配線差込口28は、肘当て部16の上面に設けられるため、視認性や操作性に優れる。 (もっと読む)


1 - 10 / 1,415