株式会社岡村製作所により出願された特許

21 - 30 / 1,415


【課題】棚板などのオプション部材の抜け止め操作忘れを防止して、ガタつきや脱落が生じないように好適にオプション部材を取り付けることを可能にするオプション部材の取付構造及びこれを備えたカート装置を提供する。
【解決手段】ブラケット20のオプション部材支持面21上で前後方向T1にスライド移動可能にオプション部材4が支持され、オプション部材4に一体に設けられ、オプション部材4の後端部4dから前後方向T1に沿って後方に突出する突出片38、39と、ブラケット20に対しオプション部材4を固定する固定手段30、31とを有する抜け止め機構23を備える。 (もっと読む)


【課題】 背凭れの下端部を安定よく支持することができ、背凭れの取付け作業の作業工数を低減することができ、外観をよくすることができる椅子を提供することを目的とする。
【解決手段】 背凭れ支持杆12と、背凭れ支持杆12の後端部に固着された左右方向を向く横フレーム11a、および横フレーム11aの左右の側端から起立する1対の起立フレーム11bを有する背凭れ支持フレーム11と、背凭れ支持フレーム11内に下部を嵌合するとともに、下端部を横フレーム11aに当接させるようにして、下端部およびその両側端部を、それぞれ背凭れ支持フレーム11の横フレーム11aおよび起立フレーム11bに固着した背凭れ9とを備える。 (もっと読む)


【課題】 背フレームに上下移動可能に取付けられたランバーサポートにおける操作部の操作時の安定性を良くすることができる椅子を提供することを目的とする。
【解決手段】 背フレーム27における左右1対の側枠杆29に、ランバーサポート100の両側端部を、上下方向に位置調節可能として装着した椅子において、両側枠杆29に、ランバーサポート100の両側端部を上下方向に移動可能として案内するガイド部102を設け、ランバーサポート100の左右両側部の後面におけるガイド部102より内方の部分に、後方に向かって突出する操作部を設ける。 (もっと読む)


【課題】天板の開口部に着脱可能に装着した配線カバーを、極めて簡単な手段により起立状態に保持し、コスト低減を図れるようにした配線カバーの取付構造を提供する。
【解決手段】天板2の下面に、配線カバー1を支持しうる複数の支持部材5を設け、この支持部材5の突出端部の上面に、開口部と平行をなす上向突部8を突設するとともに、配線カバー1に、載置片17を、上向突部8により支持しうるように設け、上向突部8に載置片17の先端を係止させた状態で、配線カバー1を90度を超える位置まで起立させたとき、配線カバー1の側端部の上面が天板2における開口部3の上縁に接して停止するようにする。 (もっと読む)


【課題】 背凭れを任意の位置で確実にロックしうるようにした椅子を提供する。
【解決手段】背凭れ支持杆と一体となって左右方向を向く軸線回りに回動可能として支基6に枢支され、かつ前記軸線を中心とする円弧状の外周面を有する回動部材16と、回動部材16における円弧状の外周面の一部に圧接することにより、回動部材16の回動を阻止するロック位置と、このロック位置から前記軸線方向と軸線から離れる方向との両方向に離れ、回動部材16の回動を許容するロック解除位置との間を、前記軸線に対して斜めに移動可能として、支基6に装着されたロック部材33と、ロック部材33と連係され、ロック部材33を、ロック位置とロック解除位置とに移動させる操作手段とを備えている。 (もっと読む)


【課題】天板の下面にオプション部材の取り付けを可能とするとともに、什器としての強度も十分確保することができるデスク装置を提供する。
【解決手段】デスク装置2は、床面F上に左右(A−B)方向に離間して設置される複数の脚体10と、該脚体10の上部間に架設された天板71と、該脚体10の上部同士を連結するとともに、前記天板71の下面を支持する連結部材60とを備えるデスク装置2であって、前記連結部材60は、平面視して前記天板71の前後(C-D)方向中央部に配設され、前記脚体10の前記前後(C-D)方向の端部近傍と前記連結部材60とをそれぞれ補強杆30にて連結するとともに、前記脚体10上面、前記連結部材60上面及び前記補強杆30上面で前記天板71下面を支持することによって、該デスク装置2における左右(A−B)方向中間部の前記天板71下面にオプション取付用空間111を形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ランバーサポート本体を安定的に支持して、円滑に上下動させうるようにするとともに、背フレームの下部が前方に突出するように湾曲していても、その湾曲部に沿う移動軌跡をもってランバーサポートを上下動させて、腰部を快適に支持しうるようにしたランバーサポートを備える椅子を提供する。
【解決手段】椅子のランバーサポート10を、左右方向を向くランバーサポート本体41と、ランバーサポート本体41の両側部に設けた上下方向に離間する4個の取付部42とを備え、上部の左右の取付部42を、左右1対の側枠杆19における湾曲部より上方のガイド部により、斜め後上方に移動可能に支持するとともに、下部の左右の取付部42を、湾曲部より下方のガイド部により、斜め前上方に移動可能に支持する。 (もっと読む)


【課題】サイドフレームを含むパネルの上方の隙間を、連続する遮閉部材により体裁よく遮閉しうるようにした移動式パネルを提供する。
【解決手段】パネル本体5の左右両側面に取り付けたサイドフレーム2の上端部の対向面同士を連結する上部フレーム3の上面に、サイドフレーム2の外側端まで達する長さの左右方向を向く前後1対の遮閉部材37を、ガイドローラ8を支持する上下方向を向く支持軸7を挟んで対向するようにして設ける。 (もっと読む)


【課題】張材を、適度な張力で張設した背凭れに対し、オプション部材を、着座者の背中に当たらないように、かつ過度に大きくすることなく取り付けることができる椅子を提供する。
【解決手段】左右一対の側枠杆29を左右方向の連結杆220によって連結してなる背フレーム27と、この背フレーム27に張設される張材28とからなる背凭れ9を備え、この背凭れにオプション部材11が背凭れの後方に位置するように取り付けられている椅子において、前記連結杆の前面下部には、後方に向けて凹入する段部30aが形成され、この段部の後部には下向突片68が設けられており、オプション部材の支持アーム230が、背フレームの背面側より、背フレームの内周空間へ配設されるとともに、支持アームに設けられた上向突片231が、前記下向突片68の前面に当接し係止されることにより、オプション部材が背フレームの背面側へ移動することが防止されているものとする。 (もっと読む)


【課題】 複数の付勢手段をもって、背凭れをバランスよく円滑に付勢することができるとともに、背凭れに作用する付勢力を、バランスが崩れることなく、効率よく調節することができ、しかも複数の付勢手段を狭い空間内に集約して収容しうるようにした椅子を提供する。
【解決手段】支基6に枢支され、かつ背凭れと一体となって回動する左右1対の枢軸8に回動部材16をそれぞれ固着し、支基6内に配設した左右1対の第1付勢手段20により、回動部材16を背凭れが起立する方向に付勢するとともに、左右の回動部材16の偏心部同士を連結する連結杆19を、支基6内における左右の第1付勢手段20の間に配設した付勢力調整手段39付きの第2付勢手段40をもって、連結杆19を、背凭れが起立する方向に付勢するようにする。 (もっと読む)


21 - 30 / 1,415