説明

グローバル オーエルイーディー テクノロジー リミティド ライアビリティ カンパニーにより出願された特許

41 - 45 / 45


【課題】隣接したタイル間の境界が見えないように駆動されるタイル状パッシブ・マトリクス・ディスプレイ。
【解決手段】2つ以上のELタイルであって、各ELタイルは発光素子の行及び列からなるアレイを含み、各発光素子は、行電極と列電極の直交アレイの間に挟まれた発光層から形成されており、該2つ以上のELタイルの各々が、少なくとも1つの行ドライブ回路をさらに含む、ELタイルと、前記少なくとも1つの行ドライブ回路の各々とともに、前記発光素子の各々から光の放射を制御するために、前記行電極と列電極の間の電子の流れを制御するように動作する少なくとも1つの列ドライブ回路と、入力画像信号を受信し、前記2つ以上のELタイル中の発光素子の所定の数の行を同時に照射するために前記行電極と列電極を通して電子の流れを制御するように、前記2つ以上のELタイルの中の前記2つ以上のドライバに、行ドライブ信号を同時に提供する、行ドライブ回路と列ドライブ回路に結合された1以上のコントローラであって、前記2つのタイルの間の境界が照射されることになっている場合に、1つのタイル中の発光素子の同時に照射される行の数が、所定数より少ないことを第1の例外とする、コントローラと、を備えるタイル状パッシブ・マトリクスELディスプレイ。 (もっと読む)


白色発光マイクロキャビティ発光ダイオードデバイスは、基板上に形成された反射電極(12)と半透明電極(16)と、この反射電極と半透明電極との間に形成された非パターン化白色発光層(14)を含んでおり、反射電極と半透明電極及び非パターン化白色発光層は光学キャビティを形成する。反射又は半透明電極は、独立して制御可能な発光サブピクセル素子(50、52、54、56)を形成するためにパターン化されている。カラーフィルタ(40R、40G、40B)は、有色サブピクセルを形成するために、非パターン化白色発光層側とは反対側の半透明電極上に、発光素子と対応して形成されている。少なくとも1個の発光素子は、白色光を発光して白色サブピクセルを形成するために、少なくとも2個の共通に制御される部分(56Y、56B)を有している。白色サブピクセルは、一つの発光角において異なる補色波長で発光するように同調された光学マイクロキャビティ(66Y、66B)を含んでいる。 (もっと読む)


基板上に、側方に間隔を置いて並べられた不透光性下部電極と、該下部電極から電気的に絶縁されている上部電極バスとを配設し、前記下部電極及び前記上部電極バスの上にEL媒体構造物を形成する材料を付着させ、前記EL媒体構造物を粒状汚染物から保護する第一の透光性上部電極を、前記EL媒体構造物の上に付着させ、そして前記上部電極バスの選択部分の上にある前記EL媒体構造物のほとんどを選択的に除去することを含む、上面発光型LEDデバイスの製造方法。
(もっと読む)


粒子状材料を受け取って気化させるための気化装置であって、粒子状材料の受け入れに適した空隙を規定するリガンドからなる網状材料構造を持ち、その空隙が網状材料構造の体積の85%超を占めることで、粒子状材料をその空隙に供給するのが容易になるとともに、気化した材料がその空隙から広がるのが容易になっている構成のヒーター(30)と;リガンドによって熱を発生させるか伝えることで、空隙の中にある粒子状材料を気化させてその空隙の中を移動させる熱発生手段とを備える気化装置。
(もっと読む)


複数の行と列にされた画素群を有するパッシブ-マトリックス式エレクトロルミネッセンス・ディスプレイを制御する方法であって、入力画像信号を受信し;少なくとも第1の画像フィールドと第2の画像フィールドのための駆動信号を決定し;このパッシブ-マトリックス式エレクトロルミネッセンス・ディスプレイの少なくとも1つの列について、第1の画像フィールドの表示と第2の画像フィールドの表示の間に起こる画素の全容量性電荷の変化と相関する値を計算し;第1の画像フィールドまたは第2の画像フィールドにおいて駆動信号の少なくとも1つを調節して全容量性電荷の変化を補償し;調節された駆動信号を各画素に供給する操作を含む方法。
(もっと読む)


41 - 45 / 45