説明

株式会社トリニティーセキュリティーシステムズにより出願された特許

31 - 40 / 376


【課題】セキュリティ強度を向上することができる遊技機を提供する。
【解決手段】主制御部は、制御コマンドを出力する出力手段と、今回出力された制御コマンドに応じて複数の生成方式から決定された生成方式に基づいて、前回送信された制御コマンドを用いて誤り検査値を出力する第1生成手段と、今回出力された誤り検査値を、今回出力された制御コマンドに付加して周辺部に送信する送信手段とを有し、周辺部は、今回送信された制御コマンドに応じて複数の生成方式から決定された生成方式に基づいて、前回送信された制御コマンドを用いて誤り検査値を出力する第2生成手段と、今回送信された誤り検査値と、第2生成手段が今回出力した誤り検査値とを用いて、今回送信された制御コマンドの正当性の検査を行う検査手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】セキュリティ強度を向上することができる遊技機を提供する。
【解決手段】主制御部は、制御コマンドを出力する出力手段と、今回出力された制御コマンドに応じて複数の生成方式から決定された生成方式に基づいて、前回送信された制御コマンドを用いて誤り検査値を出力する第1生成手段と、今回出力された誤り検査値を、今回出力された制御コマンドに付加して中間部を介して周辺部に送信する第1送信手段とを有し、中間制御部は、今回送信された制御コマンドに応じて複数の生成方式から決定された生成方式に基づいて、前回送信された制御コマンドを用いて誤り検査値を出力する第2生成手段と、今回送信された誤り検査値と、第2生成手段が今回出力した誤り検査値とを用いて、今回送信された制御コマンドの正当性の検査を行う検査手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】セキュリティ強度を向上することができる遊技機を提供する。
【解決手段】主制御部は、制御コマンドを出力する出力手段と、今回出力された制御コマンドに応じて複数の生成方式から決定された生成方式に基づいて、前回送信された制御コマンドを用いて誤り検査値を出力する第1生成手段と、今回出力された誤り検査値を、今回出力された制御コマンドに付加して周辺部を介して後段制御部に送信する第1送信手段とを有し、後段制御部は、今回送信された制御コマンドに応じて複数の生成方式から決定された生成方式に基づいて、前回送信された制御コマンドを用いて誤り検査値を出力する第2生成手段と、今回送信された誤り検査値と、第2生成手段が今回出力した誤り検査値とを用いて、今回送信された制御コマンドの正当性の検査を行う検査手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】1種類の認証情報で認証を行っても、周辺部のCPUの処理負荷の増加を抑制し、その認証情報の不正解析を困難にする。
【解決手段】主制御部は決定した次回のデータ種別に対応した検査値を抽出し、種別情報が認証用データの場合、その検査値を有する認証用データを生成する。主制御部は切り替え方式で変更対象パターンを切り替え、種別情報が期待値変更用データの場合、該変更対象パターンが示す検査値を期待値変更用データで変更する。主制御部は認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成して中間部に送信する。一方、中間部は中間側種別情報のデータ種別が期待値変更用データの場合、受信した認証情報の認証用データと期待値とで主制御部の認証を行う。中間部は変更対象パターンを切り替え方式で切り替え、データ種別が期待値変更用データを示す場合、変更対象パターンが示す検査値と一致する期待値を期待値変更用データで変更する。 (もっと読む)


【課題】簡易な手段によりセキュリティ強度を向上させると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部110と周辺部300と後段制御部180を備えた遊技機1であって、主制御部110は、制御コマンドおよび初期設定情報が記憶されたメインROM110bと、制御コマンドを出力するメインCPU110aと、制御コマンドの誤り検査値を生成し周辺部300を介して後段制御部180へ送信する送信部500を備える。メインCPU110aは、ブート処理時に初期設定情報の一つとして、送信部500が有する複数の誤り検査値付加方法から特定の付加方法を選択する。送信部500は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を生成すると共に、現在送信しようとする制御コマンドに対し、特定の付加方法で付加する。後段制御部180は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を格納しておき、受信した誤り検査値の正当性を検査する。 (もっと読む)


【課題】簡易な手段によりセキュリティ強度を向上させると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部110と周辺部300とを備えた遊技機1であって、主制御部110は、制御コマンドおよび初期設定情報が記憶されたメインROM110bと、制御コマンドを出力するメインCPU110aと、制御コマンドの誤り検査値を生成し周辺部300へ送信する送信部500を備える。メインCPU110aは、ブート処理時に初期設定情報の一つとして、送信部500が有する複数の誤り検査値付加方法から特定の付加方法を選択する。送信部500は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を生成すると共に、現在送信しようとする制御コマンドに対し、特定の付加方法で付加する。周辺部300は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を格納しておき、受信した誤り検査値の正当性を検査する。 (もっと読む)


【課題】1種類の認証情報で認証を行っても、周辺部のCPUの処理負荷の増加を抑制し、その認証情報の不正解析を困難にする。
【解決手段】主制御部は決定した次回のデータ種別に対応した検査値を抽出し、種別情報が認証用データの場合、その検査値を有する認証用データを生成する。主制御部は切り替え方式で変更対象パターンを切り替え、種別情報が期待値変更用データの場合、該変更対象パターンが示す検査値を期待値変更用データで変更する。主制御部は認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成して後段部に送信する。一方、後段部は後段側種別情報のデータ種別が期待値変更用データの場合、受信した認証情報の認証用データと期待値とで主制御部の認証を行う。後段部は変更対象パターンを切り替え方式で切り替え、データ種別が期待値変更用データを示す場合、変更対象パターンが示す検査値と一致する期待値を期待値変更用データで変更する。 (もっと読む)


【課題】1種類の認証情報で認証を行っても、その認証情報の不正解析を困難にする。
【解決手段】主制御部は決定した次回のデータ種別に対応した検査値を抽出し、種別情報が認証用データの場合、抽出した検査値を有する認証用データを生成する。また、主制御部は切り替え方式で変更対象パターンを切り替え、種別情報が期待値変更用データの場合、該変更対象パターンが示す検査値を期待値変更用データで変更する。主制御部は認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該認証情報を周辺部に送信する。一方、周辺部は周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データの場合、受信した認証情報の認証用データと期待値とを比較して主制御部の認証を行う。周辺部は変更対象パターンを切り替え方式で切り替え、前記データ種別が期待値変更用データを示す場合、変更対象パターンが示す検査値と一致する期待値を期待値変更用データで変更する。 (もっと読む)


【課題】簡易な手段によりセキュリティ強度を向上させると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部110と中間制御部180と周辺部300とを備えた遊技機1であって、主制御部110は、制御コマンドおよび初期設定情報が記憶されたメインROM110bと、制御コマンドを出力するメインCPU110aと、制御コマンドの誤り検査値を生成し中間制御部180へ送信する送信部500を備える。メインCPU110aは、ブート処理時に初期設定情報の一つとして、送信部500が有する複数の誤り検査値付加方法から特定の付加方法を選択する。送信部500は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を生成すると共に、現在送信しようとする制御コマンドに対し、特定の付加方法で付加する。中間制御部180は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を格納しておき、受信した誤り検査値の正当性を検査する。 (もっと読む)


【課題】簡易な手段によりセキュリティ強度を向上させると共に主制御部の処理負荷を軽減する。
【解決手段】主制御部110と周辺部300と後段制御部180とを備えた遊技機1であって、主制御部110は、制御コマンド及び初期設定情報が記憶されたメインROM110bと、制御コマンドを出力するメインCPU110aと、制御コマンドの誤り検査値を生成し演出制御部120へ送信する送信部500を備える。メインCPU110aは、ブート処理時に初期設定情報の一つとして、送信部500が有する生成回路521を担う複数の生成回路から特定の生成回路を選択する。送信部500は、特定の生成回路を生成回路521として、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を生成すると共に、現在送信しようとする制御コマンドへ付加する。後段制御部180は、過去に生成された制御コマンドの誤り検査値を格納しておき、受信した誤り検査値の正当性を検査する。 (もっと読む)


31 - 40 / 376