説明

プレジデント アンド フェロウズ オブ ハーバード カレッジにより出願された特許

61 - 70 / 92


自立固体層を作製する方法において、その上での層形成に利用できる少なくとも1つの表面を有する、固体材料を用意し、利用可能なその表面上にポリマー層を形成する。次いで、固体材料およびポリマー層を、約室温の第1の温度から第2の温度への局所的温度変化に曝すことにより、該材料中のある深さにおける平面に沿って固体材料を破断させ、固体材料から少なくとも1つの自立固体層を作製する。 (もっと読む)


本発明は、SIRT3活性レベルの修飾に関する。本発明は、筋細胞中の代謝を調節すると共に、カロリー制限又は運動を模倣するための用途を有する。
(もっと読む)


【課題】金属ケイ酸塩又は酸化物のCVD又はALDのための塩素を含まない前躯体を提供する。
【解決手段】反応性金属アミド、アルキル又はアルコキシドと一緒にアルコキシシラノール又はアルキリホスフェートの蒸気を反応させ、加熱された基板上に金属ケイ酸塩又はリン酸塩を被着させる。例えば、トリス−(tert−ブトキシ)シラノールの蒸気がテトラキス(エチルメチルアミド)ハフニウムの蒸気と反応して、300℃に加熱された表面上にケイ酸ハフニウムを被着させる。製品膜は、反応装置全体にわたり非常に均一な化学量論量を有する。同様にして、ジイソプロピルホスフェートの蒸気はリチウムビス(エチルジメチルシリル)アミドの蒸気と反応して、250℃に加熱した基板上にリン酸リチウム膜を被着させる。交互のパルスの形で蒸気を供給することにより、非常に均一な厚み分布及び優れたステップカバレッジでこれらの同じ組成物が生産される。 (もっと読む)


ナノポアデバイスを作製する方法において、少なくとも1つのカーボンナノチューブ触媒領域を構造体上に形成する。触媒領域からの距離が、その触媒領域から合成されるカーボンナノチューブのおおよその予想長以下の距離で、複数のナノポアを構造体に形成する。続いて、少なくとも1つのカーボンナノチューブを触媒領域から合成する。この作製手順によって、ナノポアサイトにおいてカーボンナノチューブをその場で合成することができ、それによって1以上のナノチューブが、ナノチューブを手動で位置決定する必要なく、1以上のナノポアを接続する。 (もっと読む)


分子解析システムにおいて、ナノポアを含む構造体、ならびに第1および第2の流体リザーバが提供される。これらの2つのリザーバは、ナノポアを介して流体接続されている。これら2つの流体リザーバのうちの一方から、これら2つの流体リザーバのうちの他方へのナノポアの分子種移動を検出するように、検出器が接続されている。ナノポアを移動した後に、少なくとも1回、ナノポアを再移動するように分子種を誘導する、ナノポアでの条件をもたらす制御信号を生成するように、コントローラが接続されている。このシステムは、構造体によって分離された2つの流体リザーバ間の前記構造体のナノポアを通して、分子種を複数回にわたって移動させる分子分析法を可能にする。 (もっと読む)


種々の局面では、種々の実施形態において、約0.1W/cmより大きい電力密度を提供し、および/または約0.00001オーム−1cm−1より大きいイオン伝導度を有することができる、約500℃未満の動作温度を伴う固体酸化物型燃料電池が提供される。種々の実施形態では、電子伝導体およびイオン伝導体の両方である、固体酸化物電解質層を含む、固体酸化物型燃料電池が提供される。種々の局面では、固体酸化物型燃料電池を作製する方法が提供される。種々の局面では、約500℃未満の温度において約0.00001オーム−1cm−1より大きいイオン伝導度を有する、厚さ約100nm未満の多結晶セラミック層を含む、固体酸化物材料が提供される。 (もっと読む)


本発明は、腫瘍壊死因子アルファ(TNF−α)誘発ネクロトーシスを抑制する一連のヘテロ環式誘導体を特徴としている。本発明のヘテロ環式化合物は式(I)及び(Ia)〜(Ie)により記載され、ヒト Jurkat T細胞のFADD欠乏変異体におけるTNF−α誘発ネクロトーシスを抑制することが示される。本発明は更に、本発明の化合物が主成分である医薬組成物を特徴としている。本発明の化合物及び組成物はまた、ネクロトーシスが実質的な役割を果たすと思われる障害を治療するために使用することができる。 (もっと読む)


クラミジア抗原(例えば、ポリペプチド、ポリペプチド断片、及び融合タンパク質)が提供される。また、対象において、クラミジアなどの細菌感染を治療又は予防するためのワクチン及び医薬組成物も提供される。 (もっと読む)


本発明は、出生後の被験体から神経幹細胞を取得するための組成物および方法ならびに神経学的障害を処置することにおけるその使用を提供する。一局面において、本発明は、神経幹細胞(NSC)が富化された終糸(FT)神経細胞の集団を含む組成物を提供する。別の局面において、本発明は、出生後の動物からFT−NSCを単離する方法を提供し、この方法は、該動物からFT組織を提供する工程、該FT組織を分離して、神経球を取得する工程、およびネスチン陽性NSCを回収する工程を包含する。
(もっと読む)


本明細書では、癌および他の疾患の予防および処置におけるサーチュインおよびサーチュイン調節剤の使用を含む、Wnt経路シグナリングのサーチュイン調節に関する方法および組成物が提供される。
(もっと読む)


61 - 70 / 92