説明

プレジデント アンド フェロウズ オブ ハーバード カレッジにより出願された特許

81 - 90 / 92


本発明は概して、ナノバイオエレクトロニクスに関し、場合によっては、ナノチューブおよび/またはナノワイヤ等のナノ電子要素と、ニューロン等の生物学的構成要素とを備える回路に関する。一側面では、ニューロン等の細胞は、1本以上のナノスケールワイヤと電気的に連通して位置付けられる。ナノスケールワイヤは、細胞を刺激するため、および/または細胞の電気的状態を決定するために使用することができる。2本以上のナノスケールワイヤは、例えば、細胞の異なる領域において、細胞と電気的に連通して位置付けることができる。しかし、ナノスケールワイヤは、例えば、わずか約200nmだけ間隔をあけて比較的共に近くなるように位置付けることができる。ナノスケールワイヤは、例えば電極間で基板上に配置することができ、細胞は、例えばポリリシン等の細胞接着因子を使用して基板に接着することができる。
(もっと読む)


本発明は、シグナル伝達経路を調節する組成物および方法に関する。より具体的には、本発明は、とりわけ、テロメアが引き起こす老化、アポトーシス、タンニング、および他のDNA損傷応答を調節する組成物および方法に関する。本発明は、とりわけ、スピロオキシンドール(SPOX)クラスのメンバーなど、WRNに結合する非DNA小分子を含む有効量の組成物を、それを必要とする哺乳動物に投与することにより、哺乳動物における各種の疾患および障害を治療する組成物および方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、担体タンパク質と目的の抗原が複合体に捕捉されているワクチン組成物、そのようなワクチンの製造方法、およびワクチン投与法に関する。 (もっと読む)


二酸化炭素を捕捉するためのプロセスを記載する。該二酸化炭素は、大気から、および/または二酸化炭素の点源(例えば、発電所、化学プラント、天然ガス田、油田、工場用地等)の廃棄物の流れから、捕捉され得る。該プロセスは、アルカリ性溶液(例えば、NaOH)を使用して、二酸化炭素を捕捉するステップを伴うことが可能である。いくつかのプロセスでは、該二酸化炭素は、生成物(例えば、NaHCO)を形成するために、該アルカリ性溶液と反応し得る。該アルカリ性溶液は、多数の異なる方法で製造され得る。該プロセスのいくつかでは、処理中に産生される生成物は、二酸化炭素捕捉以上の付加価値を付けるために使用され得る。
(もっと読む)


金属(IV)テトラキス(N,N’−ジアルキルアミジネート)は合成され、特性を決定された。例示金属はハフニウム、ジルコニウム、タンタル、ニオブ、タングステン、モリブデン、錫及びウランを含む。これらの化合物は揮発性、高熱的安定性、及び、金属およびそれらの酸化物、窒化物ならびに他化合物蒸着適性である。 (もっと読む)


凝集は、タンパク質の不良な挙動の主な原因である。より安定した変異体を生成するためにタンパク質を修飾するシステムが提供される。前記方法は、より親水性の高い残基(例えば、荷電アミノ酸)に変異させるのに適した、タンパク質表面の非保存性疎水性アミノ酸残基を同定する工程を伴う。表面の任意の数の残基が、より可溶性が高く、凝集に対するより高い抵抗力を持ち、リフォールディング能力が高く、および/または種々の条件における安定性が高い変異体を生成するために変更される場合がある。本発明はまた、本発明の技術により生成される理論上の正味電荷が高いGFP、ストレプトアビジン、およびGST変異体も提供する。また、いずれかの対象タンパク質においてこのような修飾を実施するためのキットも提供される。
(もっと読む)


新規の治療剤及びそれらの合成のための効率的な方法を開発する必要性に鑑み、本発明は、新規のヒストンデアセチラーゼ阻害剤、チューブリンデアセチラーゼ阻害剤及び/又はアグリソーム阻害剤並びにそれらの医薬的に許容可能な塩及び誘導体を提供する。本発明の化合物は2つのクラス−“isorubacin”クラス及び“isoisotubacin”クラス−に分類され、これらはすべて1,3−ジオキサンコアを含む。更に、本発明は、ヒストンデアセチラーゼ活性、チューブリンデアセチラーゼ活性及び/又はアグリソームによって調節される障害(例えば、増殖性疾患、癌、炎症性疾患、原虫感染、蛋白質分解障害、蛋白質沈着障害など)を処置する方法を提供し、該方法は、治療有効量の本発明の化合物を、それを必要とする対象に投与するステップを含む。本発明は、本発明の化合物を調製する方法も提供する。

(もっと読む)


テトラサイクリン類の抗生物質は、過去50年間、感染症の治療において大きな役割を果たしてきた。しかし、ヒトおよび獣医医療におけるテトラサイクリンの使用の増加は、以前はテトラサイクリンの抗生物質に影響されやすかった多くの生体間に抵抗を招いた。記述されるテトラサイクリンおよびテトラサイクリン類似体のモジュラ合成は、以前のテトラサイクリン合成および半合成法によって、これまでアクセス不能であった様々なテトラサイクリン類似体およびポリサイクリンに効率的でエナンチオ選択的な経路を提供する。これらの類似体は、ヒトまたは他の動物の疾患治療において、抗菌剤または抗増殖剤として使用されてもよい。

(もっと読む)


本発明は、アテローム性動脈硬化症、卒中及び他の虚血性血管障害、脂質代謝異常及び高コレステロール血症の治療又は予防に使用できる化合物及び医薬組成物、並びにこれら疾患の予防組成物を提供する。本発明による薬剤は:タウロウルソデオキシコール酸(TUDCA)、並びにその類縁体及び誘導体;4−フェニル酪酸(PBA)、並びにその類縁体及び誘導体;そしてトリメチルアミン N−オキシド(TMAO)、並びにその類縁体及び誘導体:を包含している。 (もっと読む)


新規な治療薬の開発の必要性に鑑み、本発明は、新規なヒストンデアセチラーゼ阻害剤を提供する。これらの化合物は、エステラーゼによる非活性化に感受性を与えるエステル結合を含む。したがって、これらの化合物は、皮膚疾患の治療に特に有用である。この化合物が血流に達すると、エステラーゼまたはエステラーゼ活性を有する酵素は、この化合物を、生物学的に不活性なフラグメントまたは活性が著しく減少したフラグメントに切断する。理想的には、これらの分解性生物は、短い血清半減期および/または全身半減期を示し、迅速に除去される。これらの化合物およびその医薬組成物は、たとえば、皮膚T細胞リンパ腫、神経線維腫症、乾癬、脱毛、皮膚色素沈着および皮膚炎の治療に特に有用である。また、本発明は、本発明の化合物およびその中間体を製造する方法も提供する。
(もっと読む)


81 - 90 / 92