ユニバーシティー オブ マサチューセッツにより出願された特許

1 - 6 / 6



C型肝炎ウイルス(HCV)に結合する単離されたヒトモノクローナル抗体、ならびにこれに関連する抗体ベースの組成物および分子が開示される。ヒト抗体は、V−D−J組換えおよびアイソタイプスイッチングを受けることによって多数のアイソタイプのヒトモノクローナル抗体を産生し得るトランスフェクトーマまたは非ヒトトランスジェニック動物(例えば、トランスジェニックマウス)において産生され得る。また、ヒト抗体を含む薬学的組成物、非ヒト抗体を産生する非ヒトトランスジェニック動物およびハイブリドーマ、ならびに、ヒト抗体の治療的および診断的な使用方法もまた開示される。 (もっと読む)


新規のプロテアーゼ阻害剤およびヒト免疫不全ウィルス(HIV)感染症の治療における前記プロテアーゼ阻害剤の使用方法が記載される。 (もっと読む)


本発明の1つの態様は、新規HIV−1プロテアーゼ阻害剤の設計、合成および生物学的活性に関し、N−フェニルオキサゾリジン−5−カルボキサミドを、P2リガンドとしての(ヒドロキシエチルアミノ)スルホンアミド骨格に組み入れる。例えば、本発明は、P2フェニルオキサゾリジンおよびP2’フェニルスルホンアミド部分においてバリエーションを伴う阻害剤に関する。意外なことに、P2において、置換フェニルオキサゾリジンの(S)−エナンチオマーを伴う化合物は、野生型HIV−1プロテアーゼに対して高度に強力な阻害活性を示す。所定の実施態様では、本発明の阻害剤は、低いピコモル(pM)範囲のKi値を有する。所定の実施態様では、本発明の阻害剤は、多様な多剤耐性(MDR)HIV−1プロテアーゼに対して活性であることが示されたが、それぞれ、異なる範例の薬剤耐性を提示する。 (もっと読む)


一般に、核酸配列を脂肪細胞に導入するのは困難だった。Akt1、Akt2およびMyo1cを標的とする配列の導入を含む、siRNAなどの核酸を脂肪細胞に導入する方法を記述する。グルコース輸送に関与する遺伝子の同定およびインスリン応答モジュレータの同定の方法を記述する。治療方法も提供する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも部分的に、外因性補体受容体タイプ1(CR1)を赤血球上に発現するマウスに関する。更に本発明は、赤血球上で発現させる異種CR1をコードする遺伝子が発現される遺伝子コンストラクト及び非ヒト動物を特徴とする。本発明のトランスジェニック動物を用いて、対象の組織、血清及び/又は循環中の生物学的物質などの作用物質の濃度を低下させることのできる組成物を同定及び/又は評価する方法も提供される。 (もっと読む)


1 - 6 / 6