説明

Fターム[5D062DD00]の内容

ステレオ方式 (3,027) | 表示 (62)

Fターム[5D062DD00]の下位に属するFターム

Fターム[5D062DD00]に分類される特許

1 - 4 / 4


【課題】複数の聴取位置に対して夫々異なる音響を出力する音響システムにおいて、聴取者の感覚に依らずに、聴取位置間の漏れ音の程度を簡易に把握可能とすることを課題とする。
【解決手段】音響システムにおいて、座席A、B、C、Dに対して夫々異なる音響を出力するスピーカ17a、17b、17c、17dと、座席Aにおける、スピーカ17b、17c、17dによって座席B、C、Dに対して出力された音響の漏れ音の程度と、座席Bにおける、スピーカ17a、17c、17dによって座席A、C、Dに対して出力された音響の漏れ音の程度とを、視覚を通じて対比可能に表示する表示部19aと、を備えた。 (もっと読む)


【課題】所定の空間内に設けられた個別空間に対して個別音響環境を提供する音響システムであって、操作性に優れた音響システムを提供する。
【解決手段】所定の空間内に設けられる個別空間に対して音響処理を実行することで該個別空間に対して個別音響環境を提供する音響システムであって、隣接する個別空間同士を仕切るための仕切情報を聴取者から受け付ける操作受付部と、前記操作受付部で受け付けた前記仕切情報を前記所定の空間に対応するイメージ画像と共に表示する表示部と、前記操作受付部で受け付けた仕切情報に基づいて個別空間を設定し、設定された個別空間に対して音響処理を実行する音響制御部と、を備える。 (もっと読む)


本発明のオーディオ信号の処理方法は、ダウンミックス信号、オブジェクト情報及びプリセット情報を受信し、前記オブジェクト情報及びプリセット情報を用いてダウンミックス処理情報を生成し、前記ダウンミックス処理情報を用いて前記ダウンミックス信号を処理し、前記オブジェクト情報及びプリセット情報を用いてマルチチャネル情報を生成し、前記プリセット情報はビットストリームから抽出されることを特徴とする。
本発明のオーディオ信号処理方法によると、それぞれのオブジェクトに対するユーザの設定なしに、既に設定されたプリセット情報を用いて容易にオブジェクトの利得及びパニングをコントロールすることができ、ユーザの選択を基盤にして変形されたプリセット情報又は外部から入力されるユーザプリセット情報を用いて容易にオブジェクトの利得及びパニングをコントロールすることができる。 (もっと読む)


【課題】カラオケ装置において、例えばノートオン信号などの他の信号を示すデータを送信するタイミングを遅らせることなく、ガイドメロディの音色の種別を変更すること。
【解決手段】音声制御部のCPUが、ガイドメロディの音色の種別を変更する際にその音色の種別に対応するよう音響効果の各種設定を変更する場合には、音声制御部のワークエリアが一時的に記憶する演奏データから「データ挿入可能領域」を検出し、その検出したデータ挿入可能領域へ変更データおよび設定データを挿入する。 (もっと読む)


1 - 4 / 4