Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
蓄圧式トリガースプレイヤー及びその蓄圧バルブ
説明

蓄圧式トリガースプレイヤー及びその蓄圧バルブ

【課題】蓄圧バルブが安定して且つ感度良く動き、しかも部品点数が少ない蓄圧バルブを提供することであり、またそれを組み込んだ蓄圧式トリガースプレイヤーを提供すること。
【解決手段】ピストン部11によりシリンダ部3内の液に圧を加えノズル部5aから外部に液を噴射する蓄圧式トリガースプレイヤー100に使用する蓄圧バルブであって、該蓄圧バルブが、ピストンバルブ部21と、該ピストンバルブ部21をピストン弁座11cに押圧するバネ部22と、該バネ部22をピストン部11に取り付けるための取付け部23とよりなり、これらピストンバルブ部21とバネ部22と取付け部23とが一体に成形されている蓄圧バルブ。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、蓄圧機能を有するスプレイヤーに関し、より詳しくは、蓄圧部の機能を高め且つ部品点数を減らすことができる蓄圧式トリガースプレイヤーまたその蓄圧バルブに関する。
【背景技術】
【0002】
容器に収容された液体を所望の位置に吹き付ける装置として従来からスプレイヤーが知られている。
かかるスプレイヤーは、ピストンとシリンダを備えており、該ピストンをトリガーを介して、或いは直接的に動かし、ピストン内の加圧、減圧作用による圧力変化を利用して液体をノズルから噴射させる装置であり、近年、蓄圧式のものも含めて数多く開発されている。
【0003】
特に蓄圧式のものは、シリンダ内が一定圧より高くなった時に一挙に液体をノズルから噴射するものであり、蓄圧されない直圧式のスプレイヤーと異なって、噴射圧が常に一定となる特性がある。
そのため均一な噴射ができることから、近年、特に注力されてきている。
この蓄圧式のスプレイヤーは、通常、蓄圧機能を付与するためのバルブを備えている。
この例として、ピストンバルブと該ピストンバルブをピストン弁座に押圧するバネ体と、これらを収納するピストンカバーよりなる蓄圧バルブを部品として備えたディスペンサーが、開発されている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2009−160573号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上記のようなスプレイヤーの蓄圧バルブにおいては、ピストンバルブに横振れが生じ、その動きが必ずしも十分に安定したものとはいえなかった。
また蓄圧バルブ自体が複数の構成部品からなることから、その分、組み付け工数が増えるという問題があった。
一方、このピストンバルブの安定した動きを得るために、発明者はピストンバルブの周囲に、上リップ部と下リップ部とを互いに相反する方向に形成することを試みた。
しかし、これもピストンバルブの安定性の観点からは優れているが、ピストンバルブの下方への俊敏な動き(すなわち弁座から離れる感度の良い動き)という観点からは、十分満足できるものではなかった。
【0006】
本発明は上記事情に鑑みてなされたものであり、本発明の目的は蓄圧バルブが安定して且つ感度良く動き、しかも部品点数が少ない蓄圧バルブを提供することであり、またそれを組み込んだ蓄圧式トリガースプレイヤーを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明者は、上記課題を解決するため鋭意検討したところ、蓄圧バルブを構成する部品を一体化することにより蓄圧バルブの動きが良くなることを見出し、これをヒントに、本発明を完成するに至った。
【0008】
即ち、本発明は、(1)、ピストン部によりシリンダ内の液に圧を加えノズル部から外部に液を噴射する蓄圧式スプレイヤーに使用する蓄圧バルブであって、該蓄圧バルブが、ピストンバルブ部と、該ピストンバルブ部をピストン弁座に押圧するバネ部と、該バネ部をピストン部に取り付けるための取付け部とよりなり、これらピストンバルブ部とバネ部と取付け部とが一体に成形されている蓄圧バルブに存する。
【0009】
また、本発明は、(2)、前記ピストンバルブ部の周囲には上下2段の鍔部がそれぞれ同じ方向に向いて形成されている上記(1)記載の蓄圧バルブに存する。
【0010】
また、本発明は、(3)、前記上下2段の鍔部は、長い第1の鍔部とそれより短い第2の鍔部よりなる上記(2)記載の蓄圧バルブに存する。
【0011】
また、本発明は、(4)、前記バネ部は屈曲された板バネ状である上記(1)記載の蓄圧バルブに存する。
【0012】
また、本発明は、(5)、前記取付け部は、ピストン部に圧着可能なフランジを有している上記(1)記載の蓄圧バルブに存する。
【0013】
また、本発明は、(6)、上記(1)記載の蓄圧バルブと、容器に螺合可能なキャップ部と、該キャップ部の中心に設けられたシリンダ部と、該シリンダ部に連続するカバー部と、該カバー部の先端に設けられたノズル部と、前記シリンダ部内を摺動するピストン部と、該ピストン部に枢着されカバー部に支承されたトリガーと、該トリガーを弾発するトリガーバネと、前記ノズル部に嵌合され前記ピストン部内を流通した液体が吐出される流路部先端と、を備えた蓄圧式トリガースプレイヤーに存する。
【0014】
また、本発明は、(7)、前記キャップ部、前記シリンダ部、前記カバー部及び前記ノズル部が一体となっている上記(6)記載の蓄圧式トリガースプレイヤーに存する。
【0015】
また、本発明は、(8)、前記ピストン部、前記トリガー部、前記トリガーバネ、トリガーストッパー、及び前記流路部先端が一体となっている上記(7)記載の蓄圧式トリガースプレイヤーに存する。
【0016】
なお、本発明の目的に沿ったものであれば、上記(1)〜(8)を適宜組み合わせた構成も採用可能である。
【発明の効果】
【0017】
本発明の蓄圧バルブは、ピストンバルブ部と、該ピストンバルブ部をピストン弁座に押圧するバネ部と、該バネ部をピストン部に取り付けるための取付け部とよりなり、これらが一体に成形されているので、組み付け工数が少なくてすむ。
また蓄圧バルブをトリガー式のスプレイヤーや非トリガー式(直接式)のスプレイヤーのピストン部に取り付けることによりタイプの異なったスプレイヤーに蓄圧機能を付与することができる。
【0018】
ピストンバルブ部の周囲には上下2段の鍔部がそれぞれ同じ方向に向いて形成されていることにより、バルブ機能として、ピストンバルブ部が下方に移動する際に抵抗が少なく極めて感度の良い動きが得られる。
特に、ピストンバルブ部の先端が本体の弁座から離れる際に感度の良い素早い動きが得られる。
バネ部が屈曲された板バネ状であることにより、組み付けの際、ピストンバルブ部の位置決めがし易い。
またキャップ部、シリンダ部、カバー部、及び前記ノズル部が一体となっているので、部品点数を減らすことができ、全体の組み付けが容易となる。
またピストン部、トリガー部、トリガーバネ、トリガーストッパ、及び流路部先端が一体となっているので、同様な利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】図1は、本発明の蓄圧バルブの一実施形態を示し、図1(a)は側面図であり、図1(b)は、図1(a)の断面図であり、図1(c)は上面図である。
【図2】図2はバネ体が側面視で多数重なった長円状である蓄圧バルブを示し、図2(a)は側面図であり、図2(b)は、図2(a)の断面図である。
【図3】図3はバネ体がコイル状のものである蓄圧バルブを示し、図3(a)は側面図であり、図3(b)は、図3(a)の断面図である。
【図4】図4は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーを示す断面図である。
【図5】図5は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーのトリガーを引いた状態を示す断面図である。
【図6】図6は、本発明に係る蓄圧式トリガースプレイヤーの一実施形態を示し、図6(a)は側面図であり、図6(b)は、図6(a)の正面図である。
【図7】図7は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーにおける第1部材を示す断面図である。
【図8】図8は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーにおける第2部材を示し、図8(a)は側面図であり、図8(b)は、図8(a)の上面図である。
【図9】図9は、図8(b)におけるX−X線で切断した部分断面図である。
【図10】図10は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーにおけるFバルブを示し、図10(a)は、側面図であり、図10(b)は、図10(a)の上面図である。
【図11】図11は、蓄圧バルブを水平方向に配設した蓄圧式トリガースプレイヤーを示す断面図である。
【図12】図12は、蓄圧バルブを傾斜して配設した蓄圧式トリガースプレイヤーを示す断面図である。
【図13】図13は、ピストンの軸芯上に押圧部がある直接式のスプレイヤーを示す断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0020】
以下、必要に応じて図面を参照しつつ、本発明の好適な実施形態について詳細に説明する。
なお、図面中、同一要素には同一符号を付すこととし、重複する説明は省略する。
また、上下左右等の位置関係は、特に断らない限り、図面に示す位置関係に基づくものとする。
更に、図面の寸法比率は図示の比率に限られるものではない。
【0021】
図1は、本発明に係る蓄圧バルブの一実施形態を示し、図1(a)は側面図であり、図1(b)は、図1(a)の断面図であり、図1(c)は上面図である。
まず蓄圧バルブSについて述べる。
図1に示すように、本発明の蓄圧バルブSは、弁体に相当するピストンバルブ部21と、バネ部22と、取付け部23とよりなり、これら3つの部分が一体となって形成されている。
これら3つの部分は合成樹脂材(例えばPP、PE等)でできており、その一体化は、射出成形により成形可能である。
【0022】
ここでピストンバルブ部21は中空円筒状となっており、その上端はピストン部11にある弁座11cに当接する弁となる部分である。
そしてピストンバルブ部21は、その周囲に形成された上下2段の鍔部を備えており、それらの向きはそれぞれ同じ方向に形成されている。
このように上下2段の鍔部が同じ向きに(図でいう上向きに)形成されていることにより、後述するように、ピストンバルブ部21が下方に移動する際に抵抗が少なく極めて感度の良い動きが行える。
【0023】
この上下2段の鍔部は、長い第1鍔部21aとそれより短い第2鍔部21bとよりなるものである。
長い第1鍔部21aは主として上方から液が入るのを封じる役割を果たし、短い第2鍔部21bは更にそれを確実にするものである。
またこの長い第1鍔部21aと短い第2鍔部21bはピストンバルブ部21の横振れを防止する役割を果たす。
また、バネ部22はピストンバルブ部21の下端部から下方に伸びており、組み込まれた状態では、このバネ部22によりピストンバルブ部先端(弁に相当)は付勢されてピストン部11の弁座11cを押圧することとなる。
このバネ部22は必ずしも図のように屈曲した板バネ状のものでなくても、弾発性を有するものであればよい。
【0024】
例えば、その変形例を図2及び図3に示す。
図2はバネ体が側面視で多数重なった長円状である蓄圧バルブSを示し、図2(a)は側面図であり、図2(b)は、図2(a)の断面図である。
図3はバネ体がコイル状のものである蓄圧バルブSを示し、図3(a)は側面図であり、図3(b)は、図3(a)の断面図である。
【0025】
バネ部22の下部には蓄圧バルブSをピストン部21に取り付けるための取付け部23が形成されている。
この取り付け部23は、蓋状になっておりフランジ23aを有する。
この取り付け部23をピストン部11(詳しくはピストン内シリンダ部11d)に圧入することにより蓄圧バルブ全体がピストン部11に取り付けられる。
フランジ23aは取り付け部23をピストン部11に圧入すると当たって止まる部分である。
組み付けする際は、例えば、取り付け部23を持ってピストンバルブ部21の方からピストン内シリンダ部11dに挿入する。
【0026】
図1に示す蓄圧バルブSのように屈曲した板バネの場合は、図3のコイル状のものと異なって、取り付け部23を持った状態で、ピストンバルブ部21が全方向に振れることがなく、組み付けの際の位置決めがし易い利点がある。
【0027】
一方、蓄圧バルブSがピストン内シリンダ部11dに取り付けられた状態では、そのピストンバルブ部21が下方に移動する際に抵抗が少なく極めて感度の良い動きが行える。
特に、ピストンバルブ部21の先端がピストン部11の弁座11cから離れる際に素早い動きが得られる。
因みに、従来の蓄圧バルブではこのピストンバルブ部21の動きが必ずしも、本発明ほど俊敏に行えない。
すなわち鍔部が1つしか備わっていない場合はピストンバルブ部が横振れ易く、上下移動する際、軸心が安定しないのである。
【0028】
また、鍔部を2つ備えたものであっても、その向きが互いに異なったものであると、ピストンバルブ部が下方に移動する際に抵抗が大きくなり、弁体であるピストンバルブ部の先端が、本体の弁座から離れる際に感度の良い素早い動きが得られない。
蓄圧バルブSは上述したように、トリガースプレイヤーに組み込まれて優れた蓄圧機能を発揮するのである。
次に、蓄圧バルブSを組み込んだ蓄圧式トリガースプレイヤー全体について述べる。
【0029】
図4は、本発明の係る蓄圧バルブSが組み込まれた蓄圧式トリガースプレイヤーを示す断面図である
図5は、蓄圧式トリガースプレイヤーのトリガーを引いた状態を示す断面図である。
尚、図4及び図5は、必ずしも、図7に示す一体化された第1部材101、及び図8に示す一体化された第2部材102を示した図ではない。
図6(a)は、本発明に係る蓄圧式トリガースプレイヤーを示す側面図であり、図6(b)は、図6(a)の正面図である。
【0030】
図4、図5に示すように、蓄圧式トリガースプレイヤー100は、容器1に螺合可能なキャップ部2と、該キャップ部2の中心に設けられたシリンダ部3と、該シリンダ部3に連続するカバー部4と、該カバー部4の先端に設けられたノズル部5aと、シリンダ部3内を摺動するピストン部11と、該ピストン部11に枢着されカバー部に支承されたトリガー12と、該トリガー12を弾発するトリガーバネ12aと、ノズル部5aに嵌合されピストン部11内を流通した液体が吐出される流路部先端5bと、ピストン部11内の液体の流路を開閉する蓄圧バルブS(この蓄圧バルブSは、ピストンバルブ部21と、ピストンバルブ部を上方に付勢するバネ部22と、シリンダ部3にバネ部22を固定する取り付け23よりなる)と、蓄圧バルブSの下方に配設され、シリンダ部3内の液体の流路を開閉するFバルブ24と、を備える。
【0031】
この蓄圧式トリガースプレイヤー100は、トリガー12を引いて回動させると、トリガー12の回動に連動してシリンダ部3内のピストン部11が下方に摺動し、該ピストン部11の摺動に基づいて、シリンダ部3内の液体が加圧される。
そしてピストン部11内の液体に一定の圧力が蓄圧されると、蓄圧バルブSのピストンバルブ部21が下がり、これにより弁が開く。
すなわちピストンバルブ部21の先端とピストン部11の弁座11Cとの間に間隙が生じる。
すると蓄圧された液体は、通孔Pとこの間隙を通過し、またピストン部11の長い細首状の流路部11bを通って流路部先端5bに達する。
そしてノズル部5aから外部に噴射される。
その後、外部への噴射によりピストン部11内が放圧され、所定の圧力になると、再び弁が閉じることとなる。
【0032】
このように蓄圧式トリガースプレイヤー100においては、蓄圧バルブSによって液体の流通が確実に遮断されるので、液垂れも防止することができる。
【0033】
また、液体の噴射後、トリガー12を開放すると、トリガー12に接続されたトリガーバネ12aの復帰力によって、トリガー12が元の位置に戻ると共に、ピストン部11がシリンダ部3内を上方に摺動し、ピストン部11が引き上げられる(この時、蓄圧バルブSは閉じている)。
そうすると、シリンダ部3内の空間が負圧となるので、負圧を解消するために容器1内の液体が吸上げられ、シリンダ部11内に液体が充填されることになる。
【0034】
蓄圧式トリガースプレイヤー100においては、このような操作が繰り返されることにより、一定量の液体が、ノズル部5aから繰り返して噴射されることになる。
このように、上記蓄圧式トリガースプレイヤー100は、簡単な構造でありながら、確実に一定量の液体を噴射することができる。
【0035】
ここで、本発明の蓄圧式トリガースプレイヤー100においては、部品点数が4個と従来に比べて少なく、組み付けが極めて容易となっている。
この利点についても述べる。
本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤー100においては、キャップ部2、シリンダ部3、カバー部4及びノズル部5aが一体となっており(図7参照)、更にピストン部11、トリガー12、トリガーバネ12a、トリガーストッパ12b、及び流路部先端5bが一体となっている(図8参照)。
これらの一体化については、各部品の材質が合成樹脂材であることから、例えば、射出成形により一体成形が可能である。
すなわち、蓄圧式トリガースプレイヤー100は、キャップ部2、シリンダ部3、カバー部4及びノズル部5aが一体となった第1部材と、ピストン部11、トリガー12、トリガーバネ12a、トリガーストッパ12b、及び流路部先端5bが一体となった第2部材と、蓄圧バルブSと、Fバルブ24とからなる。
このように、蓄圧式トリガースプレイヤー100は、単に4つの部品から構成されているので、従来と比べて組み付け工数が少なくてすむ。
【0036】
次に第1部材について更に述べる。
図7は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーにおける第1部材を示す断面図である。
図7示すように、第1部材101は、キャップ部2、シリンダ部3、カバー部4及びノズル部5aが一体となっている。
【0037】
キャップ部2は、図示しない容器の口部に螺合により取り付け可能となっている。もっとも螺合以外にもバヨネット構造等によっても取り付け可能である。
したがって、蓄圧式トリガースプレイヤー全体は、キャップ部2を介して容器に対して着脱可能となる。
【0038】
シリンダ部3は、キャップ部2の中央に内設された円筒状の基部3aと、該基部3aから上方に向かって連続して形成された上部3bと、基部3aから下方に向かって連続して形成された円筒状の下部3cと、該下部3cから下方に延びる導入部3dとからなる。
なお、基部3aは、下部3cよりも径が大きくなった円筒状となっている。
また、基部3aの内部にはピストン部11及び蓄圧バルブが収容され、上部3bの内部にはトリガー12が収容されるようになっている。
【0039】
シリンダ部3の上部3bにおいて、後端部4bにはカバー部4が枢着されており、前端部4aにはノズル部5aが枢着されている。
すなわち、シリンダ部3にノズル部5aとカバー部4がヒンジ結合されている。
したがって、カバー部4及びノズル部5aを回動させることにより組み付けが容易に行える。
またノズル部5aには、シリンダ部3から流路部先端5bを通って噴射される液体を、例えば、泡状にするフラップ5cが設けられている。
【0040】
シリンダ部3のチューブ状の導入部3dは、図示しない容器1内に延びており、容器1内の液体中に浸漬される。
トリガースプレイヤー100においては、容器1内の液体はこの導入部3dを介して吸い上げられシリンダ部3内に流入されることになる。
【0041】
次に第2部材について更に述べる。
図8(a)は、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤーにおける第2部材を示す側面図であり、図8(b)は、図8(a)の上面図である。
図8(a)に示すように、第2部材102は、ピストン部11、トリガー12、ストッパー12b、トリガーバネ12a、及び流路部先端5bが一体となっている。
【0042】
ピストン部11は、シリンダ3の基部3a内を摺動する本体部11aと、該本体部11aに連続しシリンダ3内の液体が流通する長い細首状の流路部11bとからなる。
また本体部11aの内側には通孔Pを有するピストン内シリンダ部11dが垂下して形成されている。
なお、このピストン内シリンダ部11dには、蓄圧バルブSが配設されるようになっている。
【0043】
トリガー12は、図8の(b)に示すように、このピストン部11の流路部11bを挟持するように配置されており、枢着部13を介して流路部11bに取り付けられている。
【0044】
図9は、図8(b)におけるX−X線で切断した部分断面図である。
図9に示すように、トリガー12は、ピストン部11の流路部11bの枢着部13に枢着され且つバージンシール13aで流路部11bに固定されている。
すなわち、トリガー12と流路部11b(すなわちピストン部11)とは枢着されているもののバージンシール13aで両者が固定されている。
この状態ではトリガー12はピストン部11に対して当然回動しない。
なお、バージンシール13aは、薄膜で円周方向に設けられていることが好ましい。
【0045】
このように、蓄圧式トリガースプレイヤー100においては、バージンシール13aでトリガー12とピストン部11とが固定されているので、第2部材の組み付け時には、トリガー12の位置が決められると同時に、ピストン部11の位置が決められる。
そのため、このピストン部11の位置決めを確実に行うことが可能となる。
【0046】
また、バージンシール13aは、トリガー12をピストン部11に対して強制的に回動させることにより、切断されるようになっている。
このため、トリガー12を最初に手前に引き、バージンシール13aを切断することにより、トリガー12はピストン部11に対して自由に回動可能となる。
【0047】
したがって、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤー100によれば、組み付け時にはトリガー12とピストン部11とを一体として組み付けることができ、使用時にはピストン部11に対してトリガー12を回動させることが可能となる。
【0048】
流路部先端5bは、矢印A方向に屈曲させて組み付けられる(図4参照)。
そして、流路部先端5bは、ノズル部5aに嵌合され固定されるようになっている。
【0049】
蓄圧式トリガースプレイヤー100において、Fバルブ24は、シリンダ部3内の液体の流路を開閉する弁の働きをする。
図10(a)は、本実施形態に係るトリガースプレイヤーにおけるFバルブを示す側面図であり、図10(b)は、図10(a)の上面図である。
図10(a)及び図10(b)に示すように、Fバルブ24は、水平断面が十字状となっているので、流通する液体の流通方向が調整される。
尚、Fバルブ24はシリンダ内壁の図示しないアンダーカットにより上方移動が規制されるようになっている。
【0050】
本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤー100において、上述した第1部材101、第2部材102、蓄圧バルブS及びFバルブ24の材質は、いずれも合成樹脂であり、主として射出成形により製造される。
【0051】
以上のことから、本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤー100は、第1部材101、第2部材102、蓄圧バルブS、及びFバルブ24からなるので、従来のトリガースプレイヤーよりも大きく部品点数を減らすことができ、組み付けが極めて容易となる。
【0052】
次に、蓄圧式トリガー式スプレイヤー100の組み付けについて説明する。
本実施形態に係る蓄圧式トリガースプレイヤー100は、第1部材101、第2部材102、蓄圧バルブS、及びFバルブ24を組み付けることによって製造することができる。
すなわち、まず、第1部材101のシリンダ部3にFバルブ24及び蓄圧バルブを挿入し、次に第2部材102の下端部11dから蓄圧バルブSを圧入する。
そして第2部材102のピストン部11を第1部材101のシリンダ部3に圧入する。
そして、流路部先端5bを屈曲させ、流路部先端5bにノズル部5aを嵌合させることにより、流路部先端5bを固定し、カバー部4を閉じることにより、図4に示す蓄圧式トリガースプレイヤー100が得られる。
【0053】
以上、本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明は上記実施形態に限定されるものではない。
【0054】
蓄圧式トリガースプレイヤー100においては、一体となった部品、すなわち第1部材101、第2部材102、蓄圧バルブSとを備えているが、少なくとも蓄圧バルブSが一体化されていれば、部品点数を減らすことができ、組み付けが容易であり且つ組み付け時の位置決めを確実に行えるという利点を奏することができる。
したがって、第1部材101におけるキャップ部2、シリンダ部3、カバー部4及びノズル部5aは別体であってもよく、第2部材102におけるピストン部11、トリガー12、トリガーバネ12a、トリガーストッパー12b、及び流路部先端5bが別体であってもよい。
【0055】
また上述した実施形態ではトリガーストッパー12bがトリガー12とヒンジを介して一体化したものを採用しているが、トリガーストッパー12bはシリンダ部側にヒンジを介して一体とすることも可能である。
【0056】
本発明をトリガー式のスプレイヤーにおいては、一体化されて特有の機能を持つ蓄圧バルブSは、種々のタイプのものに組み込むことができる。
上述した蓄圧式トリガースプレイヤー100は、シリンダ部3、ピストン部11及び蓄圧バルブSは、垂直方向に配設したものであるが、図11に示す蓄圧式トリガースプレイヤーは、水平方向に配設したものであり、図12に示す蓄圧式トリガースプレイヤーは、傾斜して配設したものである。
これらの場合は、ピストン部の細首状の流路部11bは、好ましくは屈曲性がないものが採用される。
また本発明をトリガー式のスプレイヤー以外にも、図13に示すようなピストンの軸芯上に押圧部がある直接式のスプレイヤーにも組み込んで適用できることはいうまでもない。
【産業上の利用可能性】
【0057】
本発明の蓄圧式トリガースプレイヤーは、トリガーを引くことにより、容器内の液を一定圧で噴射する装置として種々の分野、例えば家庭用、業務用、医療用等に名好適に用いられる。
本発明の蓄圧式トリガースプレイヤーによれば、部品点数を減らすことができ、組み付けが容易であり且つ組み付け時の位置決めを確実に行うことができる。
【符号の説明】
【0058】
1・・・容器
2・・・キャップ部
3・・・シリンダ部
3a・・・基部
3b・・・上部
3c・・・下部
3d・・・導入部
4・・・カバー部
4a・・・前端部
4b・・・後端部
5a・・・ノズル部
5b・・・流路部先端
5c・・・フラップ
11・・・ピストン部
11a・・・本体部
11b・・・流路部
11c・・・弁座
11d・・・ピストン内シリンダ部
12・・・トリガー
12a・・・トリガーバネ
12b・・・トリガーストッパー
13・・・枢着部
13a・・・バージンシール
21・・・ピストンバルブ部
21a・・・第1鍔部
21b・・・第2鍔部
22・・・バネ部
23・・・取付け部
24・・・Fバルブ
100・・・トリガースプレイヤー
101・・・第1部材
102・・・第2部材
p・・・通孔
S・・・蓄圧バルブ


【特許請求の範囲】
【請求項1】
ピストン部によりシリンダ内の液に圧を加えノズル部から外部に液を噴射する蓄圧式スプレイヤーに使用する蓄圧バルブであって、該蓄圧バルブが、ピストンバルブ部と、該ピストンバルブ部をピストン弁座に押圧するバネ部と、該バネ部をピストン部に取り付けるための取付け部とよりなり、これらピストンバルブ部とバネ部と取付け部とが一体に成形されていることを特徴とする蓄圧バルブ。
【請求項2】
前記ピストンバルブ部の周囲には上下2段の鍔部がそれぞれ同じ方向に向いて形成されていることを特徴とする請求項1記載の蓄圧バルブ。
【請求項3】
前記上下2段の鍔部は、長い第1の鍔部とそれより短い第2の鍔部よりなることを特徴とする請求項2記載の蓄圧バルブ。
【請求項4】
前記バネ部は屈曲された板バネ状であることを特徴とする請求項1記載の蓄圧バルブ。
【請求項5】
前記取付け部は、ピストン部に圧着可能なフランジを有していることを特徴とする請求項1記載の蓄圧バルブ。
【請求項6】
請求項1記載の蓄圧バルブと、
容器に螺合可能なキャップ部と、
該キャップ部の中心に設けられたシリンダ部と、
該シリンダ部に連続するカバー部と、
該カバー部の先端に設けられたノズル部と、
前記シリンダ部内を摺動するピストン部と、
該ピストン部に枢着されカバー部に支承されたトリガーと、
該トリガーを弾発するトリガーバネと、
前記ノズル部に嵌合され前記ピストン部内を流通した液体が吐出される流路部先端と、
を備えたことを特徴とする蓄圧式トリガースプレイヤー。
【請求項7】
前記キャップ部、前記シリンダ部、前記カバー部及び前記ノズル部が一体となっている請求項6記載の蓄圧式トリガースプレイヤー。
【請求項8】
前記ピストン部、前記トリガー部、前記トリガーバネ、トリガーストッパー、及び前記流路部先端が一体となっている請求項7に記載の蓄圧式トリガースプレイヤー。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate


【公開番号】特開2013−57311(P2013−57311A)
【公開日】平成25年3月28日(2013.3.28)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−176547(P2012−176547)
【出願日】平成24年8月8日(2012.8.8)
【出願人】(391050961)
【Fターム(参考)】