説明

株式会社セントラルユニにより出願された特許

1 - 10 / 10


【課題】乱雑に配置された複数の薬品等のピッキング対象物体の中から各ピッキング対象物体を認識してピッキングすることが可能なピッキングシステムおよびピッキング方法の提供。
【解決手段】複数のピッキング対象物体を含む画像を入力する画像入力手段10と、複数のピッキング対象物体について予め各ピッキング対象物体の種類ごとにテンプレート画像を記憶またはテンプレート画像の面積を記憶するテンプレート記憶手段16と、画像入力手段10により入力された画像からピッキング対象物体領域を抽出する対象物体領域抽出手段12と、各ピッキング対象物体領域に外接する矩形の面積とその各ピッキング対象物体領域の面積との差の第1項と、各ピッキング対象物体のテンプレート画像の面積と各ピッキング対象物体領域の面積との差の第2項とを含む評価関数により各ピッキング対象物体を識別する識別手段15とを含む。 (もっと読む)


【課題】識別対象物体の置かれる向きに関わらず、識別対象物体の識別処理時間を大幅に短縮することが可能な識別装置および識別方法の提供。
【解決手段】入力画像から閉領域を抽出する閉領域抽出手段13と、入力画像から閉領域の特異点を取得する特異点取得手段14と、特異点からいくつかの等しい距離上に存在する閉領域内の画素の含有度をそれぞれ算出することで、特異点周りの等距離画素強度パラメータを導出するパラメータ導出手段15と、識別対象物体について等距離画素強度パラメータを予め導出したテンプレートデータを記憶するテンプレート記憶手段16と、導出された等距離画素強度パラメータをテンプレート記憶手段16に記憶されたテンプレートデータと照合し、識別対象物体を識別する識別手段17とを含む。 (もっと読む)


【課題】ピッキング対象物体の置かれる向きに関わらず、ピッキング対象物体の識別処理時間を大幅に短縮することが可能なピッキングシステムおよびピッキング方法の提供。
【解決手段】入力画像から閉領域を抽出する閉領域抽出手段13と、入力画像から閉領域の特異点を取得する特異点取得手段14と、特異点からいくつかの等しい距離上に存在する閉領域内の画素の含有度をそれぞれ算出することで、特異点周りの等距離画素強度パラメータを導出するパラメータ導出手段15と、ピッキング対象物体について等距離画素強度パラメータを予め導出したテンプレートデータを記憶するテンプレート記憶手段16と、導出された等距離画素強度パラメータをテンプレート記憶手段16に記憶されたテンプレートデータと照合し、ピッキング対象物体を識別する識別手段17とを含む。 (もっと読む)


【課題】医療器材等の識別対象物体に識別マークを付することなく、その可動軸を検出することが可能な識別装置および識別方法の提供。
【解決手段】識別対象物体の画像を入力する画像入力手段10と、画像入力手段10により入力された画像からエッジを抽出するエッジ抽出手段12と、エッジ抽出手段12により抽出されたエッジから複数の直線を検出する直線検出手段13と、直線検出手段13により検出された複数の直線の交点を求めて可動軸中心点を取得する可動軸取得手段14とを含む。 (もっと読む)


【課題】識別対象物体の置かれる向きに関わらず、識別対象物体の識別処理時間を大幅に短縮することが可能な識別装置および識別方法の提供。
【解決手段】入力画像から特異点を取得する特異点取得手段13と、入力画像からエッジを抽出するエッジ抽出手段14と、特異点からいくつかの等しい距離に存在するエッジ点の個数をそれぞれ算出することで、特異点周りの等距離エッジ点強度パラメータを導出するパラメータ導出手段15と、識別対象物体について等距離エッジ点強度パラメータを予め導出したテンプレートデータを記憶するテンプレート記憶手段16と、導出された等距離エッジ点強度パラメータをテンプレート記憶手段16に記憶されたテンプレートデータと照合し、識別対象物体を識別する識別手段17とを含む。 (もっと読む)


【課題】 手術室を構築した後に仕様が変更となっても器材の取り替えを柔軟に行えるようにする。
【解決手段】 手術室10となる部屋の壁12に室外側へ窪ませたアルコーブ13を形成し、同アルコーブ13内に手術室10に必要な複数の器材を埋め込むように設置する。各器材は幅及び高さをそれぞれ一定の寸法にし、アルコーブ13の高さは器材の設置上端高さと略同じ寸法とし、アルコーブ13の奥行きは各器材のうち最大奥行きの器材と略同じ寸法とし、アルコーブ13の幅は1体の器材の幅の略整数倍の寸法とする。器材としては、看護師端末・情報パネル・映像ラック・器材棚・保温庫・保冷庫・医師端末・放射線画像表示装置・医療ガスユニット・ISO盤等からその手術室10に必要なものを選択して設置し、器材を設置しないアルコーブ13は蹴込収納庫として活用する。 (もっと読む)


【課題】施術者にとっても、また手術を受ける患者にとっても快適な環境を提供することができ、患者に見合った清浄度を手術室内に確保する。
【解決手段】室内空気の温度、清浄度を含む環境を調整する空調設備を備えた手術室20であって、前記空調設備は、清浄度を調整した空気を手術室20内の手術台26に向けて局所的に供給する清浄空気局所供給手段41、43と、手術室20の壁面22を冷却し又は加熱し、冷却し又は加熱した壁面22からの輻射熱により手術室20の温度を調整する輻射冷暖房手段51,52,53,54と、を備えたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 医療用器材の供給不足や回収漏れを防止するとともに、確実な滅菌済みの医療用器材を使用部署に供給できるように管理する。
【解決手段】 医療用器材にバーコードを付与してコンピュータのデータベースに記憶し、供給時と回収時と滅菌時において、必要な各医療用器材のバーコードが記載されたリストを印刷し、同リストのバーコードと各医療用器材のバーコードを読み込んで照合し、必要個数・品種の正否を確認するとともに各処理日・滅菌データ・それぞれの作業者名をデータベースに記録する。 (もっと読む)


【課題】 電力の供給を受けずに駆動できると共に、運転時の異常振動を防止することで、より静粛性を必要とする病院等の医療施設においても好適に使用できるようにした真空発生装置とその運転方法を提供する。
【解決手段】 真空発生装置Aは、真空ポンプ1と、真空ポンプ1を駆動するエンジン2と、上記真空ポンプ1と接続され、外部から吸気を取り入れる外部吸気口43を備えた真空タンク4と、真空タンク4内の圧力を検知する圧力センサ44a,44bと、圧力センサ44a,44bが検知した真空タンク4内の圧力に基づいて、エンジン2の回転数を予め設定された設定回転数に制御する手段を備えている。エンジン2の設定回転数は、真空発生装置Aが共振を起こすエンジン2の回転数を避けるように段階的に複数設定されている。 (もっと読む)


【課題】 異常又は要注意状態にある機器の室内又は建物内における設置位置及び詳しい状態の情報が迅速且つ確実に分かるようにディスプレイ表示できる集中監視方法の提供。
【解決手段】 病院内の手術室2〜8それぞれの医療ガスの圧力計16,電流のもれ電流検出器10,負荷電流検出器11a〜11j,人体医療計測器17等の信号をインターフェース部22gを介してローカルモニタ12に表示するとともに集中監視室1に送り、同信号をコンピュータ22の監視ソフトが正常・異常・要注意状態否かを判断し、異常・要注意状態であればディスプレイ21上でその病室の平面レイアウト図1のその機器にマークを点滅させ、又状態を示す図面21a〜21eを表示する。 (もっと読む)


1 - 10 / 10