説明

住友精化株式会社により出願された特許

51 - 60 / 352


【課題】本発明は、嵩密度が大きく、水に膨潤しやすく、かつ、残存溶剤濃度が削減された顆粒状カルボキシル基含有重合体粒子を簡便に製造する方法を提供することを目的とする。
【解決手段】嵩密度が0.15〜0.3g/cmのカルボキシル基含有重合体粒子を作製する工程、前記カルボキシル基含有重合体粒子を、連続的に移動するベルト上に、厚みが0.5mm以上、5mm未満となるように載せ、加湿槽内を通過させることで、前記カルボキシル基含有重合体粒子を含水率が3〜15質量%となるように吸湿させることにより、前記カルボキシル基含有重合体粒子の凝集体を作製する工程、及び、前記カルボキシル基含有重合体粒子の凝集体を乾燥した後、粉砕する工程、を有する顆粒状カルボキシル基含有重合体粒子の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】アルゴンガスの不純物含有率を吸着処理の前処理段階で低減し、精製に要するエネルギーを少なくし、アルゴンガスを高純度に精製できる実用的な方法と装置を提供する。
【解決手段】少なくとも酸素、水素、一酸化炭素、炭化水素、窒素を含有するアルゴンガスを精製する際に、アルゴンガスにおける酸素量が、水素、一酸化炭素、炭化水素の全てと反応するのに必要な酸素の設定量以下であれば、設定量を超えるよう酸素を添加する。アルゴンガスにおける一酸化炭素、水素、炭化水素と酸素とを触媒を用いて反応させ、酸素を残留させた状態で二酸化炭素と水を生成する。アルゴンガスにおける酸素を金属と反応させて金属酸化物を生成する。アルゴンガスにおける生成された二酸化炭素と水を窒素と共に圧力スイング吸着法により吸着剤に吸着させる。 (もっと読む)


【課題】クロロスルホン化ポリエチレンゴムラテックスについて、機械的安定性を損なわずに、それを用いたレゾルシン−ホルマリン−ラテックス接着剤の耐熱接着力、特に、水素化アクリロニトリル・ブタジエン系ゴムに対する耐熱接着力を高める。
【解決手段】クロロスルホン化ポリエチレンゴムラテックスは、水性分散媒と、クロロスルホン化ポリエチレンゴムと、水素化アクリロニトリル・ブタジエン系ゴムと、クロロスルホン化ポリエチレンゴムおよび水素化アクリロニトリル・ブタジエン系ゴムを水性分散媒中において乳化分散するための界面活性剤とを含む。クロロスルホン化ポリエチレンゴム100質量部に対する水素化アクリロニトリル・ブタジエン系ゴムの含有量は、3〜130質量部である。界面活性剤は、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル硫酸塩、ジアルキルスルホコハク酸塩および脂肪酸塩のうちから選ばれた少なくとも1種類のものが好ましい。 (もっと読む)


【課題】流動性に優れ、器具1を使用して装填する際に、軽い力で遺体の体腔に装填できる吸水性能が高い体液漏出防止剤2を提供する。
【解決手段】体液漏出防止剤2は、アルコール類、エーテル類およびエステル類よりなる群から選ばれた少なくとも1種を含む粘液基材中に吸水性樹脂が分散しており、且つその吸水性樹脂の分散安定剤としてポリアクリル酸部分中和物を含有する。 (もっと読む)


【課題】 力学特性、特に引張強度に優れたポリカーボネート樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 ポリプロピレンカーボネートに対して特定の割合の脂環族ポリカーボネートを含むポリカーボネート樹脂組成物が、力学特性、特に引張強度に優れていることを見出した。ポリプロピレンカーボネート100質量部に対して20〜70質量部の脂環族ポリカーボネートを含むポリカーボネート樹脂組成物。好ましくは、引張強度が30MPa以上であるポリカーボネート樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】荷重下での液体浸透速度や液体逆戻り量等の性能が改良された吸水シート構成体を提供すること。
【解決手段】吸水性樹脂及び接着剤を含有してなる吸収層が、不織布により該吸収層の上方及び下方から挟持された構造を有する吸水シート構成体であって、繊維基質により該吸収層が1次吸収層と2次吸収層とに分割されてなる構造を有し、吸水性樹脂の含有量が100〜1200g/mであり、接着剤の含有割合が吸水性樹脂の含有量(質量基準)に対して0.05〜2.0倍であり、2次吸収層に用いられる吸水性樹脂の食塩水流れ誘導性(SFC)が30×10−7cm・s/g以上である吸水シート構成体。 (もっと読む)


【課題】人体に対し、悪影響を与えるおそれがある一酸化炭素を使用しないで、比較的低温で効率よくジメチルエーテルから水素ガスを製造することができる方法を提供すること。
【解決手段】ジメチルエーテルから水素ガスを製造する方法であって、水素ガスを製造するための供給ガスとしてジメチルエーテルと水とを酸素ガスとを含有する供給ガスを用い、当該供給ガスを銅触媒および酸性触媒の存在下で加熱することを特徴とする水素ガスの製造方法。 (もっと読む)


【課題】 アルカノイルジアリールスルフィド化合物を、環境への負荷が少なく、工業的に有利な方法で製造することができるアルカノイルジアリールスルフィド化合物の製造方法を提供する。
【解決手段】 アルカノイルジアリールスルフィド化合物の製造方法は、特定の芳香族ハロゲン化アルカノイル化合物と、特定のベンゼンチオール化合物とを、溶媒中、塩基および界面活性剤の存在下に反応させる。 (もっと読む)


【課題】 簡単化された方法でアンモニアを精製でき、かつエネルギの消費を抑制してアンモニアを効率的に精製することができるアンモニア精製システムを提供する。
【解決手段】 アンモニア精製システム100は、粗アンモニアを精製するシステムであり、気化器2と吸着手段3とコンデンサ5とを含む。気化器2は、液体状の粗アンモニアの一部を気化し、気体状のアンモニアを導出する。吸着手段3は、気化器2から導出された気体状のアンモニアに含まれる揮発性の低い不純物を、多孔質の吸着剤により吸着除去する。そしてコンデンサ5は、吸着手段3から導出された気体状のアンモニアを分縮して気相成分と液相成分とに分離することで、揮発性の高い不純物を気相成分として分離除去し、液相成分として精製された液体状のアンモニアを得る。 (もっと読む)


【課題】 新規な1,2−ベンズイソチアゾリン−3−オン骨格を有する抗菌剤、抗カビ剤等として有用なN,N’−メチレンビス(1,2−ベンズイソチアゾリン−3−オン)化合物を提供する。
【解決課題】 1,2−ベンズイソチアゾリン−3−オン化合物とホルムアルデヒド化合物とを、酸存在下で反応させることによって得られるN,N’−メチレンビス(1,2−ベンズイソチアゾリン−3−オン)化合物、及びその製造方法。 (もっと読む)


51 - 60 / 352