説明

キュリス,インコーポレイテッドにより出願された特許

11 - 20 / 23


本発明は、縮合アミノピリジンコアを含むHSP90のインヒビターとして有用であるHSP90インヒビター、ならびに癌、自己免疫疾患または神経変性疾患などのHSP90に関連する疾患および障害の治療におけるその使用に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、血管形成を阻止し及び腫瘍を含む望ましくない細胞増殖を治療し又は予防することを目的とする。
【解決手段】本発明は、ヘッジホッグ経路を、ヘッジホッグ経路のアンタゴニストを用いて阻害する組成物及び方法に関し、例えば細胞と接触してgliを過剰発現するヘッジホッグアンタゴニスト、肺細胞と接触して界面活性物質生成を刺激するヘッジホッグアンタゴニストに関し、該ヘッジホッグアンタゴニストは、2000ダルトン未満の小さい分子、ヘッジホッグ抗体、パッチト抗体、スムースンド抗体、変異型ヘッジホッグタンパク質、アンチセンス核酸及びリボザイムから選択される。 (もっと読む)


本発明は、いくつかの細胞または分子標的を単一の小分子で選択的に阻害するための組成物、方法、新規のアプローチの応用に関する。より具体的には、本発明は多機能性小分子に関し、一つの機能はヒストンデアセチラーゼ(HDAC)を阻害能であり、もう一方の機能が異常な細胞増殖、分化または生存に関する異なる細胞または分子経路の阻害能である。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質チロシンキナーゼ(PTK)レセプターのインヒビターとして増強されたまたは特有の性質を有する亜鉛結合部分を含む置換2-インドリノン系誘導体、ならびにPTK関連疾患および癌などの障害の治療におけるその使用に関する。前記誘導体は、さらに、HDACインヒビターとしての機能を果たし得る。 (もっと読む)


本発明は、上皮成長因子レセプターチロシンキナーゼ(EGFR-TK)のインヒビターとしての向上した特性および予期しない特性を有する亜鉛結合部分を含むキナゾリン系誘導体ならびに癌等のEGFR-TK関連疾患および障害の治療におけるその使用に関する。前記の誘導体はHDACインヒビターとしてさらに機能し得る。 (もっと読む)


本発明は、亜鉛結合部分を含むチロシンキナーゼインヒビターならびに癌等のチロシン関連疾患および障害の治療におけるその使用に関する。前記の誘導体はHDACインヒビターとしてさらに作用し得る。 (もっと読む)


【課題】
本発明は,ほ乳動物,特にヒトにおける骨実質の喪失を阻止するためおよび/または骨形成を刺激するための方法および組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明は、骨の疾患を患っている個人における骨実質を増加したりまたは骨損失を予防するための処置であり、その個体に対して骨形成を維持しまた刺激するように治療的に有効な量のモルフォゲンを投与する。 (もっと読む)


本発明は、ヘッジホッグシグナル伝達を阻害するための、ヘッジホッグキナーゼCDC2L1、CSNK1A1、GYK、NEK1、PLK1、PRKAR1A、PRKRA、TTBK2又はTTKのアンタゴニストの使用方法、並びに、癌、細胞増殖性疾患及び血管新生、神経障害、並びに、育毛、神経幹細胞の分化、軟骨形成及び骨形成、肺サーファクタント生産、肺細胞内でのラメラ体の形成などのヘッジホッグシグナル伝達により影響を受ける他の状態を含む、ヘッジホッグシグナル伝達又はヘッジホッグの過剰発現に関連する障害の治療方法及び診断方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、悪性腫瘍の治療用の治療剤として有用なヘッジホッグシグナル伝達の阻害剤を提供する。本化合物は一般式(I)を有し、式中の環A、環B、R1、R2、R3、R4、R5、m及びnは、本明細書中に定義する通りである。
(もっと読む)


本発明は、患者(特に哺乳類動物)腎臓の代償療法における、慢性腎不全及び他の腎臓障害の予防並びに/又は治療用の、薬剤、治療方法、及び医薬品を提供する。本発明の方法は、ACE(アンギオテンシン転換酵素)阻害薬又はアンギオテンシンIIレセプター拮抗薬(AIIRA)と1以上の蛋白質のOP/BMPファミリー(モルフォゲン、若しくはモルフォゲンの誘導物質、又は相当するモルフォゲンレセプターのアゴニスト等)との共投与を行なう。本発明は又、ACE阻害薬又はAIIRAとそれらのモルフォゲンとの共投与により誘発された腎臓細胞の移植方法を提供する。 (もっと読む)


11 - 20 / 23