説明

株式会社コンピュータシステム研究所により出願された特許

11 - 20 / 26


【課題】管理基準に応じて管理・メンテナンスされている管理システムにおける管理情報を効率的に利用して工事施行計画作成の支援情報を生成する工事施行計画作成支援システムを提供する。
【解決手段】工事施行計画作成支援システム(100)は、工事施工計画の対象工事情報、および、品質管理基準に準拠して管理されている品質管理情報を取得する取得部(111)と、取得部で取得した前記品質管理情報を参照して、前記対象工事情報に基づき工事施工計画支援情報を生成する生成部(112)と、生成された工事施工計画支援情報を出力する出力部(130)とを具える。 (もっと読む)


【課題】工事の二酸化炭素排出量を簡便に推定するシステムを提供する。
【解決手段】工事の二酸化炭素排出量推定システム100は、要素と二酸化炭素排出係数とを関連付けた二酸化炭素排出係数マスターテーブル151と、工事および工事に関連する各要素の単位数量あたりの標準数値からなる積算マスターテーブル152とを格納する記憶部150と、少なくとも1つの工事名称およびその数値を含む対象工事情報を取得する取得部111と、対象工事情報に基づき、積算マスターテーブルを参照して、少なくとも1つの要素およびその数量を含む工事詳細データを作成する作成部112と、工事詳細データに含まれる少なくとも1つの要素およびその数量に基づき、二酸化炭素排出係数マスターテーブルを参照して、二酸化炭素排出推定値を算出する算出部113とを有する。 (もっと読む)


【課題】総合インフラを形成するライフライン上で実施される総合工事情報に基づき、当該総合工事によって発生する社会リスクを求める総合インフラリスク管理支援システムを提供することを目的とする。
【解決手段】総合インフラリスク管理支援システム(100)は、総合工事と当該総合工事が実施される地点のリスクとを対応付けた総合工事リスクマスターテーブル(152)と、総合工事と当該総合工事によって引き起こされる、前記地点から離れた少なくとも1つの遠隔地のリスクとを対応付けた総合工事リスクリンク情報(154)とを格納する記憶部(150)と、総合工事情報を取得する情報取得部(112)と、取得した総合工事情報に基づき、テーブル、リンク情報を参照して、総合工事情報に含まれる対象工事によって発生する社会的リスクを算出するリスク算出部(114)とを具える。 (もっと読む)


【課題】水道インフラを形成するライフライン上で実施される水道工事情報に基づき、当該水道工事によって発生する社会リスクを求める水道インフラリスク管理支援システムを提供することを目的とする。
【解決手段】水道インフラリスク管理支援システム(100)は、水道工事と当該水道工事が実施される地点のリスクとを対応付けた水道工事リスクマスターテーブル(152)と、水道工事と当該水道工事によって引き起こされる、前記地点から離れた少なくとも1つの遠隔地のリスクとを対応付けた水道工事リスクリンク情報(154)とを格納する記憶部(150)と、水道工事情報を取得する情報取得部(112)と、取得した水道工事情報に基づき、テーブル、リンク情報を参照して、水道工事情報に含まれる対象工事によって発生する社会的リスクを算出するリスク算出部(114)とを具える。 (もっと読む)


【課題】ガスインフラを形成するライフライン上で実施されるガス工事情報に基づき、当該ガス工事によって発生する社会リスクを求めるガスインフラリスク管理支援システムを提供することを目的とする。
【解決手段】ガスインフラリスク管理支援システム(100)は、ガス工事と当該ガス工事が実施される地点のリスクとを対応付けたガス工事リスクマスターテーブル(152)と、ガス工事と当該ガス工事によって引き起こされる、前記地点から離れた少なくとも1つの遠隔地のリスクとを対応付けたガス工事リスクリンク情報(154)とを格納する記憶部(150)と、ガス工事情報を取得する情報取得部(112)と、取得したガス工事情報に基づき、テーブル、リンク情報を参照して、ガス工事情報に含まれる対象工事によって発生する社会的リスクを算出するリスク算出部(114)とを具える。 (もっと読む)


【課題】電力インフラを形成するライフライン上で実施される電力工事情報に基づき、当該電力工事によって発生する社会リスクを求める電力インフラリスク管理支援システムを提供することを目的とする。
【解決手段】電力インフラリスク管理支援システム(100)は、電力工事と当該電力工事が実施される地点のリスクとを対応付けた電力工事リスクマスターテーブル(152)と、電力工事と当該電力工事によって引き起こされる、前記地点から離れた少なくとも1つの遠隔地のリスクとを対応付けた電力工事リスクリンク情報(154)とを格納する記憶部(150)と、電力工事情報を取得する情報取得部(112)と、取得した電力工事情報に基づき、テーブル、リンク情報を参照して、電力工事情報に含まれる対象工事によって発生する社会的リスクを算出するリスク算出部(114)とを具える。 (もっと読む)


【課題】現状の設計情報および居住者情報から、簡易かつ自動的に福祉向けのリフォーム設計情報やリスク評価を提供する福祉向け建築設計支援システムおよび福祉向け建築設計支援サーバを提供することを目的とする。
【解決手段】福祉向け建築設計支援システム(100)は、居住者情報、およびこれに関連付けられた設計情報を格納する設計情報記憶部(152)と、建築物の図面情報を取得する図面情報取得部(112)と、居住者情報を取得する居住者情報取得部(114)と、居住者情報に対応する設計情報を抽出し、抽出した設計情報に基づき、図面情報をカスタマイズする図面修正部(116)とを具える。 (もっと読む)


【課題】操作に不慣れなものであっても事前に操作方法を覚えることなく直観的に自在に操作できる読み取り装置および設計支援システムを提供する。
【解決手段】読み取り装置(RD)は、無線タグを含む物体からタグ情報を無線で読み取る複数のアンテナが設けられたボードと、複数のアンテナとそれぞれ接続する複数のスイッチ(SW-W,Y)と、複数のスイッチのオンオフの切り替えによって、前記複数のアンテナを切り替えるアンテナ切替部(AS)と、複数のアンテナを切り替えながら、各アンテナから前記タグ情報の読み取りを試行するタグ読取部(TR)と、タグ情報と、当該タグ情報が読み取られたアンテナの配置情報とを出力する通信部(COM)とを有する。本構成によれば、操作に不慣れなものであっても事前に操作方法を覚えることなく直観的に自在に操作できるようになる。 (もっと読む)


【課題】介護関連情報に対応した介護用教材を出力する。
【解決手段】介護支援システム(100)は、複数の介護作業情報コンテンツを格納する記憶部(150)と、介護関連情報を取得する取得部(112)と、取得部により取得された介護関連情報に基づき、記憶部から少なくとも1つの介護作業情報コンテンツを教材として選択する教材選択部(114)と、教材選択部により選択された教材を出力する教材出力部(116)とを有する。本構成によれば、介護関連情報に対応した介護用教材を出力することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】ユニットプライス型の工程表の生成および管理を容易にする。
【解決手段】ユニットプライス型工程管理システム(100)は、ユニット工程と該ユニット工程に関連付けられたユニットプライスとを格納するユニットプライス記憶部(111)と、ユニット工程間の前後関係と、各ユニット工程の単位時間当りの標準施工量とを格納する標準施工記憶部(112)と、ユニット工程およびその数量の入力を受け付ける操作入力部(120)と、受け付けたユニット工程およびその数量に基づき、標準施工記憶部とユニットプライス記憶部とを参照してユニット工程およびそれに要する施工期間を示した工程表を生成する工程管理部(130)と、生成された前記工程表を表示する表示部(140)とを具えることを特徴とする。 (もっと読む)


11 - 20 / 26