説明

国立大学法人広島大学により出願された特許

921 - 924 / 924


【課題】 水素放出温度を低温化させた水素貯蔵材料およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 水素化リチウムとリチウムアミドの混合物または複合化物を所定の機械的粉砕処理により微細化してなる水素貯蔵材料において、BET法による比表面積を15m/g以上とした。 (もっと読む)


【課題】 新規な水素貯蔵材料およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 水素貯蔵材料は、所定の機械的粉砕処理により微細化されている金属水素化物と金属水酸化物により構成される。これら金属水素化物および金属水酸化物は水素発生反応を促進させる触媒機能物質を担持していることが好ましい。金属水素化物としては水素化リチウムが、金属水酸化物として水酸化リチウムが好適である。 (もっと読む)


【課題】 羊膜由来の上皮細胞や間質細胞を、in vitroにて未分化のまま大量に増殖させる培養方法及びその利用を提供する。
【解決手段】 羊膜由来の上皮細胞や間質細胞を、基底膜細胞外基質又はFGF存在下にて培養することにより、in vitroにて未分化のまま大量に増殖させることができる。しかも、大量に増殖した後も多分化能を維持することができる。すなわち、増殖後の分化誘導刺激により各種の細胞へと分化させることができる。また、本培養方法で増殖した細胞は、未分化ES細胞に類する多分化能を有するため、再生医療等において非常に有用である。 (もっと読む)


【課題】 受信器の構成の複雑化およびBER特性の劣化を招来することなく実効通信路長を短くし、併せて、符号間干渉を防止し、最尤系列推定を効率よく行う。
【解決手段】 送信シンボル作成部2により、ディジタルデータを示すシンボルが複数個連続して構成される通信フレーム内に、シンボルを送信しない時間を設定して、ディジタルデータ通信を行うための送信シンボル系列を作成する。また、ヴィタビアルゴリズム実行部9は、送信シンボル作成部2により作成されるシンボル系列{u(t)}内でシンボルが連続して送信される時間間隔と、その通信フレーム内でシンボルが送信されない時間間隔とに基づき、ヴィタビアルゴリズムに用いる尤度を計算する尤度計算部10を備えている。 (もっと読む)


921 - 924 / 924