説明

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社により出願された特許

41 - 50 / 51


【課題】従来よりも一層吸水速乾性に優れた複合糸及び織編物を提供することを目的とする。
【解決手段】繊維軸方向に直交する断面が非扁平であるフィラメント11を中心側に、そして同断面が扁平であるフィラメント12を外周側に多く備えた複合糸10である。扁平フィラメント11が複合糸10の外周側のうち少なくとも40%(周長比)の範囲に層状配置され、このうちの60%(本数比)以上が交角θ=50〜130°となっている(交角θ:扁平フィラメント11の上記断面における長軸線分B−Bの中点をC、複合糸10の中心をAとしたとき、この直線A−Cと長軸線分B−Bとの交角)。扁平フィラメント11同士の重なりあった狭い隙間部分の毛細管現象により汗等の水分がフィラメントの長さ方向及び周方向へ良好に移動され、布帛の広い面積に拡散されることにより優れた速乾性を示す。 (もっと読む)


【課題】地震等で下地が動いたとき、従来の目地テープではその縁部の真上の塗膜防水層62部分に応力が集中し、皺等を生じる問題があった。そこで防水層62表面への皺等の発生を防止できる目地テープを提供することを目的とする。
【解決手段】長尺の基材(熱圧着タイプ不織布11)の上側面にポリウレタンフィルム14が積層され、下側面に粘着剤層16を備えた防水下地用目地テープ10である。熱圧着タイプ不織布11の目付が15〜100g/m2、ポリウレタンフィルムの厚さが20〜100μmである。目地テープ10は柔らかいので、下地51の動きによる応力を緩和する。下地51が大きく動いたときには、不織布14が材料破壊し、或いは不織布11とポリウレタンフィルム14の間で剥離するので、防水層62は目地テープ10の幅(C)で応力を受けることができる。 (もっと読む)


【課題】インナーウェアやスポーツウェア等の伸長状態で着用される衣料の伸長率と保温率との関係を見極め、着用状態での保温性に優れた生地を提供する。
【解決手段】伸長状態で着用される衣料用の生地であって、この生地を伸長させながら保温率を測定したときに極大値を示す生地において、前記生地から得られる衣料の着用時の面積伸長率が未伸長状態の生地に対してX%であり、前記生地の保温率の極大値を示すときの面積伸長率が未伸長状態の生地に対してY%である場合に、X−20≦Y≦X+20となるように製造されたものであることを特徴とする着用時の保温性に優れた衣料用生地である。 (もっと読む)


【課題】吸水性および着用快適性に優れており、部屋干し臭や汗臭を防止し、洗濯後の乾燥性が高い衣料用織編地を提供する。
【解決手段】表面層と裏面層を含む2層以上の多層構造からなる、0.5〜1.2mmの厚みを有する織編物であって、織編物の表面層が0.1〜3.0dtexの単糸繊度を有する細繊度糸のマルチフィラメントから構成され、裏面層が0.6〜5.0dtexの単糸繊度を有する太繊度糸のマルチフィラメントである糸条Aと、扁平マルチフィラメントである糸条Bの少なくとも2種類の糸条を用いて構成され、表面層を構成するマルチフィラメントと裏面層を構成する糸条Aのマルチフィラメントの繊度差が1.5〜4.9dtexであることを特徴とする衣料用織編物。 (もっと読む)


【課題】スポーツシャツ等に好適に用いられ、吸汗速乾性、ピリング性、形態安定性が良好で、且つスパンライクな風合いと明瞭な杢調を有する杢調ポリエステル織編物を提供する。
【解決手段】カチオン染料易染性ポリエステル短繊維Aとカチオン染料難染性ポリエステル短繊維Bからなる複合紡績糸を使用する。そして、少なくとも表面層に配置されてなる単層または二層以上の杢調織編物とする。前記複合紡績糸は、(1)上記短繊維Aと上記短繊維Bとが質量比で10:90〜70:30の混率で構成される。(2)外層部を構成する繊維束の撚角度αが内層部を構成する繊維束の撚角度よりも大きい多層構造である。(3)該複合紡績糸を構成する短繊維Aと短繊維Bとの少なくとも一方が異型断面を有する。 (もっと読む)


【課題】
酢酸、アンモニア、イソ吉草酸を主たる臭気とする汗臭に対する抜群の消臭性能と洗濯耐久性を兼ね備え、かつ吸水性に優れる消臭性繊維布帛を提供する。
【解決手段】
高分子組成物からなる皮膜で被覆されてなる繊維を含む消臭性繊維布帛であって、高分子組成物が、(a)1万以上の重量平均分子量を有するキトサンと、(b)フラボノイド類及び/又は加水分解型タンニン類とを含み、かつ生地pHが6.0以上であることを特徴とする消臭性繊維布帛。 (もっと読む)


【課題】
防風性と伸張性と伸張回復性を兼ね備え、着用快適性に優れる保温編地を提供する。
【解決手段】
単層または2層以上からなる編地であって、少なくとも1層の編地は、S撚り及びZ撚りの2種類のポリエステル仮撚捲縮糸を一本ずつ交互に配列して構成されてなり、かつ該仮撚捲縮糸は40〜70%の捲縮伸張率を有することを特徴とする保温編地。 (もっと読む)


【課題】
吸汗性、乾燥性が良好でありながら耐スナッキング性に優れた、ソフトな生地風合を持つポリエステル編地を提供する。
【解決手段】
ポリエステル系合成繊維マルチフィラメントの混繊糸を30重量%以上の混率で含む編地であって、混繊糸が、以下の(1)〜(3)を満足するフラットヤーンと仮撚加工糸からなり、かつ編地の片側の表面を構成していることを特徴とするポリエステル編地:
(1)混繊糸の繊度は60〜200デシテックスである;
(2)フラットヤーンは1〜7デシテックスの単糸繊度、10〜30%の熱水収縮率を有し、15〜65重量%の混繊糸中の混率を有する;
(3)仮撚加工糸は2.5デシテックス以下の単糸繊度、30%以上の捲縮伸張率を有し、35〜85重量%の混繊糸中の混率を有する。 (もっと読む)


【課題】ポリウレタン防水剤を吹き付け施工により塗布した場合に、しばしば防水層17表面に皺が発生する不具合がある。そこで皺発生を防止し得る通気緩衝シートを提供することを目的とする。
【解決手段】合成樹脂フィルム層[A]11と不織布層[C]13の間に中層[B]12を配置して一体化した防水施工用通気緩衝シート10である。層[A]11が厚み10μm以上であり、層[C]13が目付100g/m2以上で、ニードルパンチまたは流体交絡法により交絡されたものであり、中層[B]12がガラス繊維構造体を備えたものである。 (もっと読む)


【課題】着用快適性、保温性、および耐久性に優れた衣料用織編物を提供する。
【解決手段】織編物1と、前記織編物の少なくとも片面に物理蒸着法によって形成された金属膜3と、前記金属膜上に形成された保護層5とを有していることを特徴とする衣料用織編物10。 (もっと読む)


41 - 50 / 51