説明

株式会社雪国まいたけにより出願された特許

11 - 20 / 30



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】本発明は、リグノセルロース原料を物質変換の原料や資材等として、効率的に有効利用するために必要な微粉砕処理を容易にすることを目的とした、リグノセルロース原料の処理方法を開発することを課題とする。
【解決手段】リグノセルロース原料を酵素で糖さらにはエタノール等有用物質に変換する際、または機械的、化学的処理によりリグノセルロース原料由来の生分解性物質等を製造する際の微粉砕工程の前段階として、あるいは微粉砕工程と同時に、リグノセルロース原料を酵素処理することにより、リグノセルロース原料と水からなるスラリーの粘度を低下させ、微粉砕処理効率が高まることを知見して本発明を完成した。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】子豚のストレスを軽減し、浮腫病等の大腸菌症による斃死を防止して育成率を高める離乳期小豚の疾病予防方法を提供することを課題とする。
【解決手段】乾燥マイタケ、乾燥マイタケ粉末及びマイタケ抽出物の一つ又はそれ以上から選択されたマイタケ由来物質を豚の離乳期に投与することで、本発明の課題を解決できることを見出した。
(もっと読む)


【課題】母豚の体調維持を図り、子豚の死産減少、哺乳期子豚の死亡率低下の効果をもたらし、養豚における生産性を向上させることを課題とする。
【解決手段】豚の飼育方法において、乾燥マイタケ、乾燥マイタケ粉末及びマイタケ抽出物の一つ又はそれ以上から選択されたマイタケ由来物質を母豚に与えることにより課題を解決できることを見出した。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 本発明は、極めて商品価値の高い画期的なキノコ栽培用容器に付設される蓋体を提供することを目的とする。
【解決手段】 キノコ栽培用容器1の上部開口部2に設けられ、前記キノコ栽培用容器1の内部と外部とを通気せしめる通気構造を具備した蓋体Cであって、この蓋体Cにはリブ6が設けられ、このリブ6は前記上部開口部2に係る開口縁2’の鉛直方向延長位置に設けられているものである。 (もっと読む)


11 - 20 / 30