説明

Fターム[2C035FA26]の内容

Fターム[2C035FA26]に分類される特許

1 - 9 / 9


【課題】マスクのテンションの低下に伴うマスクの交換作業の頻度を少なくして基板の生産性の低下を防止することができるスクリーン印刷機を提供することを目的とする。
【解決手段】基板2上の電極3の配置に応じたパターン開口15aを有する矩形の金属板から成るマスク15及び基板2を接触させた状態のマスク15上を摺動し、マスク15上でペーストPtを掻き寄せて基板2にペーストPtを転写させるスキージ44を備えたスクリーン印刷機1において、マスク15の四辺のそれぞれに連結された4つの連結部材30を4つの連結部材駆動シリンダ35によって相対移動させてマスク15にテンションを付与することができるようにする。 (もっと読む)


【課題】マスクのテンションの低下に伴うマスクの交換作業の頻度を少なくして基板の生産性の低下を防止することができるスクリーン印刷機を提供することを目的とする。
【解決手段】基板2上の電極3の配置に応じたパターン開口15aを有する矩形の金属板から成るマスク15及び基板2を接触させた状態のマスク15上を摺動し、マスク15上でペーストPtを掻き寄せて基板2にペーストPtを転写させるスキージ44を備えたスクリーン印刷機1において、マスク15の四辺のそれぞれに連結された4つの連結部材30を4つの連結部材駆動シリンダ35によって相対移動させてマスク15にテンションを付与することができるようにする。 (もっと読む)


【課題】従来の製袋品への印刷方法は、製袋前のロール状フィルムへの印刷であった。ロール状フィルムへの印刷はグラビア印刷、フレキソ印刷などの印刷方法を用いるため、版代が高価であり、最低生産ロットが大量である。また、製袋品は柔軟性があり、製袋加工時の影響により表面に平滑性が無いため、製袋品単体への印刷は不可能であった。
【解決手段】製袋品単体への直接印刷を可能にし、少ロット印刷を可能にするため、シルクスクリーン印刷機に製袋品取付け装置を設け、製袋品取付け装置表層にNBRゴムを装着することにより、製袋品の柔軟性や表面の凹凸による印刷不適正を改善した。また、製版コストの低価格化も可能になった。 (もっと読む)


【課題】水平状態で保持されたマスクに対して基板を基板搬送手段により位置決めするとともに当該マスクの下面に重ね合わせて当該マスクに形成された貫通孔を介してペーストを基板の上面に印刷する、印刷装置の小型化を図る。
【解決手段】5本の軸部材231a〜231eが水平面(XY平面)内で移動自在に設けられ、これらの軸部材231a〜231eにより可動板21が軸支されている。このため、可動板21は水平面内を移動自在で且つ鉛直軸に対して回転自在となっている。そして、軸部材231aをX1軸方向に駆動し、また軸部材231dをX2軸方向(ガイドレール234dの延設方向)に駆動して可動板21を水平面(XY平面)内で移動したり、鉛直軸に対して回転してマスク51に対して基板1を位置決めしている。このようにX・R軸駆動ユニット23によりマスク51に対する基板1の相対位置調整を行っている。 (もっと読む)


【課題】スクリーン印刷装置における回路基板の搬送方法を改善する。
【解決手段】回路基板15の搬入方向側の端縁に係合可能な係合ストッパ21と、この係合ストッパ21を移動させる移動手段(カメラ移動機構)とを備え、搬入コンベア11上で待機する回路基板15の搬入方向側の端縁に係合ストッパ21を係合させると共に、メインコンベア12をその位置調整機構により搬出コンベア13に接近させて両コンベア12,13間の隙間を狭めた状態で、搬入コンベア11上で待機する回路基板15をメインコンベア12に搬入する動作と、スクリーン印刷した回路基板15をメインコンベア12から搬出コンベア13へ搬出する動作とを同時に行わせる。この際、搬入コンベア11上で待機する回路基板15の搬入方向側の端縁に係合ストッパ21を係合させた状態を維持しながら、係合ストッパ21をメインコンベア12の所定位置まで移動させる。 (もっと読む)


【課題】基板搬送時の基板の搬送姿勢の安定性を確保したスクリーン印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】搬送路8aを備える搬送レール8の両端部に搬送路9eを備える調整部9を接離自在に設けて基板3の搬送路の基板搬送方向における長さを調整可能にした。基板受け渡し時には、搬送レール8の搬送路8aと調整部9の搬送路9eが離反した状態で一体となって基板3の搬送路を長くすることにより、搬送路と搬出路41(搬入路42)とのクリアランスが小さくなって基板3搬送姿勢を安定させることができる。また、基板3とマスク2の位置合わせの際には、搬送レール8の搬送路8aと調整部9の搬送路9eが近接して基板3の搬送路を短くすることにより、基板保持手段4の移動代となるクリアランスc3を大きく確保することができる。 (もっと読む)


【課題】印刷品質の低下を回避するとともに作業の安全性に配慮したスクリーン印刷装置を提供することを目的とする。
【解決手段】基板3を保持するクランパ10に可動爪13を設け、基板3の上方に突出した位置と基板3の上方から退避した位置とに選択的に移動可能にした。これにより、メンテナンス時には可動爪13を退避させることにより作業の安全性が確保される。また、可動爪13を退避させることにより基板3の表面とマスク2の裏面を隙間なく面接させた状態で精度の高い印刷を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】 スキージの助走距離を長く確保できる印刷装置を提供する。
【解決手段】 本発明の印刷装置は、基板Wを両側から挟み込んで保持する一対のクランプ片31a,31bと、クランプ片により基板が保持される際に基板上に配置可能な押圧手段41a,41bと、基板上から押圧手段41a,41bを側方に退避させた状態で一対のクランプ片31a,31bにより保持した基板上に配置されるステンシル51と、ステンシル上を摺動させることによりステンシル上のペーストSを拡張して基板Wに塗布するスキージ61と、を備える。退避状態の押圧手段上にステンシル51が載置されるよう構成されるとともに、その載置領域にスキージ61が摺動されるよう構成される。 (もっと読む)


基板上に粘性材料を印刷するステンシル印刷機は、フレームと、フレームに連結されているステンシルと、ステンシル上に粘性材料を付着させて印刷するための、フレームに連結されているプリントヘッドと、基板を印刷位置に支持及びクランプする基板支持及びクランプアセンブリとを備え、基板支持及びクランプアセンブリは、基板を印刷位置に支持する少なくとも1つの支持部材と、基板の互いに反対側の端縁に係合するのに適している、フレームに連結されている1対のレール部材と、基板をクランプするために基板に押し当たるようにレール部材の少なくとも一方を移動させる、フレームに連結されているクランプ機構とを備えている。クランプ機構は、レール部材が基板の互いに反対側の端縁の一方の端縁から間隔を置いて位置している第1の位置と、印刷動作中にレール部材の相互間で基板をクランプするようにレール部材が基板の互いに反対側の端縁の一方の端縁と係合する第2の位置との間を、レール部材の少なくとも一方を動かすための少なくとも1つのピストンを備えている。クランプ機構は、基板の端縁に押し当たるレール部材に対してピストンによって加えられるクランプ力を制御するための圧力調整装置をさらに備えている。
(もっと読む)


1 - 9 / 9