Fターム[4F073EA00]の内容

高分子成形体の処理 (12,894) | 液体による処理 (1,475)

Fターム[4F073EA00]の下位に属するFターム

Fターム[4F073EA00]に分類される特許

1 - 5 / 5


【課題】 従来にない優れた耐熱保存性と溶融特性を両立できる樹脂粒子を得る製造方法を提供する。
【解決手段】 ポリウレタンおよび/またはポリウレア(p)を必須構成成分とする結晶性部(a)と、非結晶性部(b)から構成される樹脂(A)を含有する樹脂粒子(B)を液状または超臨界状態の二酸化炭素(C)で処理し、次いで(C)を除去する工程を含む樹脂粒子(X)の製造方法であって、得られる(X)の示差走査熱量(DSC)測定による融解熱が下記関係式(1)を満足する樹脂粒子(X)の製造方法。
0≦H2/H1≦0.9 (1)
[関係式(1)中、H1はDSC測定による初回昇温時の融解熱(J/g);H2はDSC測定による2回目昇温時の融解熱(J/g)の測定値を表す。] (もっと読む)


【課題】プラスチック成形品に優れた撥水性,撥油性,低摩擦特性,耐薬品性,耐食性,非粘着性を付与するプラスチック成形品の改質方法を提供する。また、優れた機械的性質,耐摩耗性を有するとともに優れた撥水性,撥油性,低摩擦特性,耐薬品性,耐食性,非粘着性を有するプラスチック成形品を提供する。
【解決手段】リニアガイド装置100は、案内レール11と、スライダ12と、ボール転動路15内に配された複数のボール13と、隣接する各ボール13の間に介装されたセパレータ18と、で構成されている。セパレータ18はポリエーテルエーテルケトン樹脂で構成されているとともに、その表面には、超臨界二酸化炭素とフッ素系界面活性剤との相溶化物を接触させ、浸透したフッ素系界面活性剤及び超臨界二酸化炭素のうち超臨界二酸化炭素のみを除去する含浸処理が施されている。 (もっと読む)


【課題】プラスチック成形品に優れた耐摩耗性を付与することが可能なプラスチック成形品の改質方法を提供する。また、優れた耐摩耗性を有するプラスチック成形品を提供する。
【解決手段】ボールねじ10のナット14、リターンチューブ17、ねじ軸11、及びラビリンスシール19,19の少なくとも一つは、改質処理により二酸化ケイ素の微粒子が表層部に固定化されたプラスチック成形品で構成されている。この改質処理は、金属アルコキシドを含有する超臨界二酸化炭素をプラスチック成形品に接触させた後、プラスチック成形品に浸透した金属アルコキシド及び超臨界二酸化炭素のうち超臨界二酸化炭素のみを除去し、さらに水と相溶状態にある超臨界二酸化炭素を接触させてプラスチック成形品に浸透している金属アルコキシドを加水分解して金属水酸化物とし、さらに加熱して金属水酸化物を金属酸化物にするという処理である。 (もっと読む)


【課題】プラスチック成形品の導電性を向上させる改質方法を提供する。また、優れた導電性を有するプラスチック成形品を提供する。
【解決手段】ガラス繊維で強化されたポリアミド66で構成された冠形保持器14を、帯電防止剤を含有する超臨界二酸化炭素に浸漬することにより、冠形保持器14の表層部に帯電防止剤を浸透させる改質処理を施した。そして、この改質処理を施した冠形保持器14を、深溝玉軸受に組み込んだ。 (もっと読む)


【課題】 ポリマー基材の表面の一部を選択的に(部分的に)表面改質する方法であって、より高精度に且つ微細に表面改質する方法を提供する。
【解決手段】 超臨界流体を用いたポリマー基材の表面改質方法であって、ポリマー基材上に接して所定パターンの開口部を有するマスク層を形成することと、物質を溶解した超臨界流体をポリマー基材のマスク層側の表面に接触させて、物質を上記マスク層の開口部を介して上記ポリマー基材に浸透させることにより、ポリマー基材の所定領域を表面改質する。 (もっと読む)


1 - 5 / 5