説明

Fターム[4J100AE01]の内容

付加系(共)重合体、後処理、化学変成 (209,625) | 不飽和エーテル (2,359) | 1つの不飽和基を有する不飽和エーテル (1,990)

Fターム[4J100AE01]の下位に属するFターム

ビニルアルコ−ル部分(CH2=CH−O−)と、置換基を有さないアルコ−ル残基からなるエ−テル (577)
ビニルアルコ−ル部分(CH2=CH−O−)と、置換基を有するアルコ−ル残基からなるエ−テル (551)
アリルアルコ−ル部分(CH2=CH−CH2−O−)と、置換基を有さないアルコ−ル残基とのエ−テル (44)
アリルアルコ−ル部分(CH2=CH−CH2−O−)と、置換基を有するアルコ−ル残基からなるエ−テル (264)
ビニルアルコール、アリルアルコール以外の置換基を有さない不飽和モノアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基からなるエーテル (10)
ビニルアルコール、アリルアルコール以外の置換基を有さない不飽和モノアルコール部分と、置換基を有するアルコール残基からなるエーテル (77)
環を有する不飽和モノアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基からなるエーテル (3)
環を有する不飽和モノアルコール部分と、置換基を有するアルコール残基からなるエーテル (10)
ハロゲンを有する不飽和モノアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基からなるエーテル (10)
ハロゲンを有する不飽和モノアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基からなるエーテル (389)
置換基を有さない不飽和ポリアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基とのエーテル (4)
置換基を有さない不飽和ポリアルコール部分と、置換基を有するアルコール残基を含むエーテル (8)
環を有する不飽和ポリアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基からなるエーテル
環を有する不飽和ポリアルコール部分と、置換基を有するアルコール残基を含むエーテル (1)
ハロゲンを有する不飽和ポリアルコール部分と、置換基を有さないアルコール残基からなるエーテル
ハロゲンを有する不飽和ポリアルコール部分と、置換基を有するアルコール残基を含むエーテル (33)

Fターム[4J100AE01]に分類される特許

1 - 9 / 9


【課題】低粘度で低揮発性の新規化合物を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)、下記一般式(2)、下記一般式(3)、下記一般式(4)、または下記一般式(5)で表される、分子量310以上の化合物。
(もっと読む)


【課題】化学増幅型レジスト用重合体およびこれを含む化学増幅型レジスト組成物を提供する。
【解決手段】化学式(1)において、Xはビニルエーテル誘導体またはオレフィン誘導体であり、R1、R2、R3、およびR4は、それぞれ、水素原子、エーテル基、エステル基、カルボニル基、アセタール基、エポキシ基、ニトリル基、およびアルデヒド基のうちの少なくとも1つの官能基を含む炭素数1〜30のアルキル基であり、l、m、n、o、およびpはそれぞれの反復単位を示す。なお、lは0.05〜0.5の実数であり、mおよびnはそれぞれ0.1〜0.7の実数であり、oおよびpはそれぞれ0〜0.7の実数であり、l、m、n、o、およびpの合計は1である。
(もっと読む)


【課題】水溶性及び揮発性が高い界面活性剤を使用して高分子量の含フッ素ポリマーを製造する方法を提供する。
【解決手段】本発明は、下記一般式(I)〜(III)で表される1種又は2種以上のフルオロエーテルカルボン酸の存在下に含フッ素ポリマーを製造する重合工程を有することを特徴とする含フッ素ポリマーの製造方法である。
一般式(I):
CF−(CF−O−(CF(CF)CFO)−CF(CF)COOX (I)
一般式(II):
CF−(CF−O−(CF(CF)CFO)−CHFCFCOOX (II)
一般式(III):
CF−(CF−O−(CF(CF)CFO)−CHCFCOOX (III)
(式中、mは0〜4の整数、nは0〜2の整数、Xは水素原子、アンモニウム基又はアルカリ金属原子を表す。) (もっと読む)


【課題】コート層と複合フィルムとの間の接着性が良好であり、かつ耐候性も有する塗膜保護用粘着シートを提供すること。
【解決手段】塗膜保護用粘着シートは、基材層および粘着剤層を有する塗膜保護用粘着シートであって、基材層が、アクリル系ポリマーおよびウレタンポリマーを含む複合フィルムの一方の面に、特定の構造を有するフルオロエチレンビニルエーテル交互共重合体を用いてなるコート層を有する。このコート層は複合フィルムに架橋しており架橋点を有することが好ましい。 (もっと読む)



【課題】極性オレフィンの共重合性に優れ、しかも優れた性状を有する極性オレフィン共重合体を高効率に製造する方法を提供する。
【解決手段】下記一般式(I)で表される遷移金属化合物と、


(式中、Mは周期表第4〜5族の遷移金属原子を示し、mは、1〜4の整数を示し、nは、Mの価数を満たす数であり、Xは、水素原子、ハロゲン原子等を示す。)有機金属化合物、有機アルミニウムオキシ化合物、および遷移金属化合物と反応してイオン対を形成する化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種の化合物とからなるオレフィン重合用触媒の存在下に、非極性オレフィンと極性オレフィンを共重合させる。 (もっと読む)


【課題】特定構造を含むポリビニルアセタール系樹脂を用いて、光弾性係数の絶対値が小さく、且つ、短波長ほど位相差値が小さくなる特性(逆波長分散特性ともいう)を示す位相差フィルムの製造方法を提供すること。
【解決手段】特定構造を含むポリビニルアセタール系樹脂を主成分とする樹脂組成物を溶融押出法によりシート状に成形して高分子フィルムを得る工程、および該高分子フィルムを延伸する工程を含む、位相差フィルムの製造方法。 (もっと読む)


本発明は、非固定化樹脂床において水性フルオロポリマー分散系をアニオン交換樹脂と接触させることによる、水性フルオロポリマー分散系中のフッ素化乳化剤の量を減少させる方法であって、
(a)アニオン交換樹脂と接触させている間にフルオロポリマー分散系を安定化させるために、水性フルオロポリマー分散系を界面活性剤の有効量と混合する工程と、
(b)水性フルオロポリマー分散系中のフッ素化乳化剤の量を所望のレベルまで減少させるために、水性フルオロポリマー分散系をアニオン交換樹脂の有効量とともに撹拌することによって、水性フルオロポリマー分散系をアニオン交換樹脂と接触させる工程と、
(c)アニオン交換樹脂を水性フルオロポリマー分散系から分離する工程と
を含む方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】
オフセットインキで印刷される紙、特にオフセット用新聞印刷用紙のオフセット印刷適性を向上させることができるとともにネッパリを防止し、発泡が少ない表面サイズ剤及び表面サイジング組成物の提供と、表面サイズ剤及び表面サイジング組成物を塗工することによって得られるオフセット印刷適性に優れ、ネッパリの問題がないオフセット印刷用紙、特にオフセット用新聞印刷用紙の提供。
【解決手段】
少なくとも疎水性モノマーユニット[a1]と4級アンモニウム塩を含有するモノマーユニット[a2]とを有するカチオン性共重合体[A1]及び/又は前記カチオン性共重合体[A1]の存在下で疎水性モノマーを重合して得られるカチオン性共重合体[A2]と、炭素数12〜24のアルキル基を有するカルボン酸系化合物[b1]とポリアルキレンポリアミン類[b2]との縮合物のカチオン化物[B]とを少なくとも含有させ、表面サイズ剤または表面サイジング組成物とする。これらを塗工して紙を得る。 (もっと読む)


1 - 9 / 9