説明

国際特許分類[G01N33/53]の内容

国際特許分類[G01N33/53]の下位に属する分類

国際特許分類[G01N33/53]に分類される特許

1 - 10 / 7,393



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】プロテオーム解析によって肉用牛の経済形質に関与する蛋白質を新たに同定し、これらの蛋白質をバイオマーカーとして有用な経済形質を有する牛を個別に判別する方法、及びこの方法に使用する牛の判別用キットを提供する。
【解決手段】この発明の牛の判別方法は、(1)牛から体液・体組織を採取する採取工程と、(2)採取した体液・体組織から全蛋白質を抽出する抽出工程と、(3)抽出した全蛋白質中の特定蛋白質の含有量を測定する測定工程と、(4)特定蛋白質の含有量に基づいて、牛の経済形質を判別する判別工程と、を含む方法である。 (もっと読む)


【課題】本発明は、動物の腹水からIgG抗体を取得するに際して、腹水の段階で偽陽性反応原因成分が存在するか否かを判定する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】IgG抗体の由来である腹水中における、IgG2bに活性のあるIgMの量が所定値以下であるか否かを基準としたIgG抗体含有腹水のスクリーニング方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 10 / 7,393