Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
アミノリン脂質に結合する治療結合体を用いる癌処置方法
説明

アミノリン脂質に結合する治療結合体を用いる癌処置方法

【課題】腫瘍介入における使用のための、アミノリン脂質により標的される診断
構築物または治療構築物を提供すること。
【解決手段】アミノリン脂質(例えば、ホスファチジルセリンおよびホスファチ
ジルエタノールアミン)が、腫瘍血管の管腔表面の特異的で、接近可能であり、
かつ安定なマーカーであるという驚くべき発見が開示される。従って、本発明は
、腫瘍介入における使用のための、アミノリン脂質により標的される診断構築物
または治療構築物を提供する。治療剤(毒素および凝固因子を含む)を腫瘍血管
の安定に発現されたアミノリン脂質に特異的に送達し、それにより血栓、壊死、
および腫瘍後退を誘導する方法と同様に、アミノリン脂質に結合する抗体−治療
剤結合体および構築物が、特に提供される。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合する標的化剤に作動可能に付着された治療剤を含む結合リガンドであって、ここで該結合リガンドは、腫瘍血管内皮細胞を殺傷するか、腫瘍の血管系における凝固を誘導するか、または、血管化腫瘍の血管系を破壊することによって腫瘍壊死および/または腫瘍後退を誘導する、結合リガンド。
【請求項2】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合する抗アミノリン脂質抗体またはそれらの抗原結合フラグメントを含む、請求項1に記載の結合リガンド。
【請求項3】
前記抗体が、モノクローナル抗アミノリン脂質抗体、二重特異的抗アミノリン脂質抗体、キメラ抗アミノリン脂質抗体、組換え抗アミノリン脂質抗体、操作された抗アミノリン脂質抗体、ヒト抗アミノリン脂質抗体、ヒト化抗アミノリン脂質抗体または部分ヒトキメラ抗アミノリン脂質抗体、あるいはそれらのscFv抗原結合フラグメント、Fv抗原結合フラグメント、Fab’抗原結合フラグメント、Fab抗原結合フラグメント、またはF(ab’)抗原結合フラグメントである、請求項2に記載の結合リガンド。
【請求項4】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合するアミノリン脂質結合タンパク質またはそれらのアミノリン脂質結合フラグメントを含む、請求項1に記載の結合リガンド。
【請求項5】
前記アミノリン脂質結合タンパク質は、アネキシンまたはキニノーゲン、またはそのアミノリン脂質結合フラグメントである、請求項4に記載の結合リガンド。
【請求項6】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のホスファチジルエタノールアミンに結合する、請求項1〜5のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項7】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のホスファチジルセリンに結合する、請求項1〜6のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項8】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質−タンパク質複合体に結合する、請求項1〜7のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項9】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のホスファチジルセリンおよびβ−糖タンパク質Iの複合体に結合する、請求項8に記載の結合リガンド。
【請求項10】
前記付着された治療剤が抗細胞性薬剤または細胞傷害性薬剤である、請求項1〜9のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項11】
前記付着された治療剤が、ステロイド、サイトカイン、代謝拮抗物質、アントラサイクリン、ビンカアルカロイド、抗生物質、アルキル化薬剤、エピポドフィロトキシン、DNA合成インヒビター、ダウノルビシン、ドキソルビシン、アドリアマイシン、または植物由来毒素、真菌由来毒素または細菌由来毒素である、請求項10に記載の結合リガンド。
【請求項12】
前記付着された治療剤が凝固因子である、請求項1〜11のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項13】
前記付着された治療剤が組織因子、二量体組織因子、三量体組織因子、多量体組織因子、変異体組織因子、短縮型組織因子、または組織因子誘導体である、請求項12に記載の結合リガンド。
【請求項14】
リポソーム処方物または薬学的に受容可能な処方物として処方される、請求項1〜13のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項15】
血管化腫瘍を有する動物への投与の際の癌の処置において使用するための、請求項1〜14のいずれか一項に記載の結合リガンド。
【請求項16】
腫瘍血管内皮細胞を殺傷するか、腫瘍の血管系における凝固を誘導するか、または、血管化腫瘍の血管系を破壊することによって腫瘍壊死および/または腫瘍後退を誘導するための医薬品の製造における、請求項1〜15のいずれか一項に記載の結合リガンドの治療的に有効な量の使用。
【請求項17】
血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合する標的化剤に作動可能に付着された検出可能剤を含む結合リガンドの診断的に有効な量の、該血管化腫瘍の腫瘍血管内皮細胞におけるアミノリン脂質へ結合することによって該血管化腫瘍の血管系を造影するための医薬の製造における使用。
【請求項18】
請求項1〜15のいずれか一項に記載の結合リガンドの治療的に有効な量を含有する、腫瘍血管内皮細胞を殺傷するか、腫瘍の血管系における凝固を誘導するか、または、血管化腫瘍の血管系を破壊することによって腫瘍壊死および/または腫瘍後退を誘導するための組成物。
【請求項19】
血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合する標的化剤に作動可能に付着された検出可能剤を含む結合リガンドの診断的に有効な量を含有する、該血管化腫瘍の腫瘍血管内皮細胞におけるアミノリン脂質へ結合することによって該血管化腫瘍の血管系を造影するための組成物。
【請求項20】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合する抗アミノリン脂質抗体またはそれらの抗原結合フラグメントを含む、請求項19に記載の組成物。
【請求項21】
前記抗体が、モノクローナル抗アミノリン脂質抗体、二重特異的抗アミノリン脂質抗体、キメラ抗アミノリン脂質抗体、組換え抗アミノリン脂質抗体、操作された抗アミノリン脂質抗体、ヒト抗アミノリン脂質抗体、ヒト化抗アミノリン脂質抗体または部分ヒトキメラ抗アミノリン脂質抗体、あるいはそれらのscFv抗原結合フラグメント、Fv抗原結合フラグメント、Fab’抗原結合フラグメント、Fab抗原結合フラグメント、またはF(ab’)抗原結合フラグメントである、請求項20に記載の組成物。
【請求項22】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質に結合するアミノリン脂質結合タンパク質またはそれらのアミノリン脂質結合フラグメントを含む、請求項19に記載の組成物。
【請求項23】
前記アミノリン脂質結合タンパク質は、アネキシンまたはキニノーゲン、またはそのアミノリン脂質結合フラグメントである、請求項22に記載の組成物。
【請求項24】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のホスファチジルエタノールアミンに結合する、請求項19〜23に記載の組成物。
【請求項25】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のホスファチジルセリンに結合する、請求項19〜24に記載の組成物。
【請求項26】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のアミノリン脂質−タンパク質複合体に結合する、請求項19〜25に記載の組成物。
【請求項27】
前記標的化剤が、血管化腫瘍の血管の管腔表面上のホスファチジルセリンおよびβ−糖タンパク質Iの複合体に結合する、請求項26に記載の組成物。
【請求項28】
請求項19〜27に記載の組成物であって、前記付着された検出剤が
X線検出可能化合物であるビスマス(III)、金(III)、ランタン(III)または鉛(II);
検出可能な放射活性イオンである銅67、ガリウム67、ガリウム68、インジウム111、インジウム113、ヨウ素123、ヨウ素125、ヨウ素131、水銀197、水銀203、レニウム186、レニウム188、ルビジウム97、ルビジウム103、テクネチウム99m、またはイットリウム90
検出可能な核磁気スピン共鳴アイソトープであるコバルト(II)、銅(II)、クロム(III)、ジスプロシウム(III)、エルビウム(III)、ガドリニウム(III)、ホルミウム(III)、鉄(II)、鉄(III)、マンガン(II)、ネオジム(III)、ニッケル(II)、サマリウム(III)、テルビウム(III)、バナジウム(II)またはイッテルビウム(III)
である、組成物。
【請求項29】
リポソーム処方物として処方される、請求項19〜28のいずれか一項に記載の組成物。
【請求項30】
明細書に記載の発明。

【図1A】
image rotate

【図1B】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4A】
image rotate

【図4B】
image rotate


【公開番号】特開2013−82714(P2013−82714A)
【公開日】平成25年5月9日(2013.5.9)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−262623(P2012−262623)
【出願日】平成24年11月30日(2012.11.30)
【分割の表示】特願2010−19796(P2010−19796)の分割
【原出願日】平成11年7月12日(1999.7.12)
【出願人】(500039463)ボード・オブ・リージエンツ,ザ・ユニバーシテイ・オブ・テキサス・システム (115)
【Fターム(参考)】