大正製薬株式会社により出願された特許

101 - 110 / 437


【課題】本発明はミノキシジルを溶解させた油剤をエマルションやミセルとし、さらに製剤全体に高濃度のミノキシジルを含有する、安定かつ育毛・発毛効果の高い発毛剤を提供することを課題とする。
【解決手段】a)ミノキシジル、b)高級脂肪酸、c)ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、d)低級アルコール、及びe)多価アルコールを含有することを特徴とする発毛剤。 (もっと読む)


【課題】本発明は、性状が非常に良く、水への溶解性に優れ、辛味成分の安定性が向上し、風味も良い乾姜エキスを提供することを課題とする。
【解決手段】水溶性のシクロデキストリンの一種または二種以上を添加した水性溶媒によって乾姜を抽出し濃縮して製した乾姜エキスを提供する。 (もっと読む)


【課題】作業負担を増大させること無く、所定以上の精度で対象部位の位置を特定できる毛髪の計測又は観測の部位特定方法及び装置を提供する。
【解決手段】頭部2の左右の側部に装着部14をそれぞれ位置決め装着する装着工程と、該装着工程の後、左右の装着部14の少なくとも一方側に前後回動可能に設けられた回動体7に形成方向にスライド可能に取付けられたバンド8を、予め定められた部位特定スライド位置にスライド移動させることにより、頭部2の形状にバンド8を対応させるスライド調整工程と、スライド調整工程の後、前記バンド8を予め定められた前後回動位置である部位特定回動位置に前後回動させることにより、該バンド8が計測又は観察の対象となる対象部位Pの近傍を通過する状態とする回動調整工程と、該回動調整工程の後、バンド8上の予め定められた箇所である部位特定位置に基づいて上記対象部位Pを特定する部位特定工程とを有する。 (もっと読む)


本発明は、グリシン取り込み阻害作用に基づいた統合失調症、アルツハイマー病、認知機能障害、認知症、不安障害(全般性不安障害、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害、特定の恐怖症、急性ストレス障害等)、うつ病、薬物依存、痙攣、振戦、疼痛、又は睡眠障害等の疾患の予防又は治療に有用な式[I]で表される新規な化合物又はその医薬上許容される塩を提供することを目的とする。

【化1】


(もっと読む)


【課題】
認知症、アルツハイマー病、注意欠陥・多動性症、統合失調症、摂食障害、肥満、糖尿病、高脂血症、睡眠障害、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、概日リズム障害、うつ病、又はアレルギー性鼻炎等の疾患の予防又は治療薬を提供すること。
【解決手段】
式(1)
【化1】


で表されるフェニルピラゾール誘導体、又はその医薬上許容される塩を含有することを特徴とする、認知症、アルツハイマー病、注意欠陥・多動性症、統合失調症、摂食障害、肥満、糖尿病、高脂血症、睡眠障害、ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、概日リズム障害、うつ病、又はアレルギー性鼻炎等の疾患の予防又は治療薬。 (もっと読む)


【課題】骨折発生リスクが高い重症骨粗鬆症患者の非外傷性椎体骨折を予防できる医薬組成物を提供すること。
【解決手段】エルデカルシトールを含んでなる、大腿部骨密度のTスコアが−2.5SD以下でかつ脆弱性骨折を有する重症骨粗鬆症患者の非外傷性椎体骨折を抑制するための医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】前腕部の骨折を既存薬剤の効果を上回って予防できる医薬組成物を提供すること。
【解決手段】エルデカルシトールを含んでなる前腕部骨折を抑制するための医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】崩壊性及び溶出性が良好なケトチフェン又はその塩を含有する固形製剤の提供。
【解決手段】a)ケトチフェン又はその塩、b)崩壊剤、及びc)有機酸又はその塩、を含有することを特徴とする固形製剤。崩壊剤としては、クロスカルメロースナトリウム、クロスポビドン、又は低置換度ヒドロキシプロピルセルロースが用いられ、有機酸としては、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、アスコルビン酸、又はコハク酸が用いられる。 (もっと読む)


【課題】そのまま顆粒剤や散剤として服用したり、ゼラチン硬カプセルに封入してカプセル剤としたり、他の賦形剤と混合し圧縮成形して錠剤とする場合に、それらの製剤が大型化しない適度なサイズを有し、その製造にも多大の時間を要せず、フィルムコーティングを施した場合には、プソイドエフェドリン又はその塩の溶出を遅延させ、即放性のプソイドエフェドリン含有粒子、例えば、フィルムコーティングを施していない製剤粒子と組み合わせることによって、プソイドエフェドリンの薬効が投与直後から長時間に亘って持続する、プソイドエフェドリン配合徐放性製剤を構成する製剤粒子を提供する。
【解決手段】賦形剤のみからなる核粒子がなく、プソイドエフェドリン又はその塩と賦形剤とからなり、平均粒子径が500〜1500μmで、粒度分布の幾何標準偏差が1.4以下であり、球形度が0.7以上であることを特徴とする製剤粒子。 (もっと読む)


【課題】低温下で長期間保存しても結晶が析出しない安定なリボフラビン配合液剤組成物を提供すること。
【解決手段】エリスリトール、キシリトール等の糖アルコールまたはヨクイニンを配合することを特徴とするリボフラビン配合液剤組成物。 (もっと読む)


101 - 110 / 437