説明

御木本製薬株式会社により出願された特許

61 - 66 / 66


【課題】有効なアクネ用皮膚外用剤またはリパーゼ抑制剤を提供する。
【解決手段】大高良姜(Alpinia galanga Will)の抽出物は非常に有効なリパーゼ抑制作用があり、アクネ用皮膚外用剤またはリパーゼ抑制剤として非常に有用である。これと保湿剤、抗炎症剤、抗酸化剤、抗プラスミン剤、活性酸素抑制剤、抗ヒスタミン剤の特定の薬剤にいずれか1種または2種以上を配合することにより、アクネ、炎症、肌荒れなどの種々の肌悩みを改善あるいは予防することが見出された。 (もっと読む)


【課題】 これまで育毛剤などの効果しか見出されていなかったカッコウアザミ属(Ageratum)の抽出物を利用して、新たな用途を提供する。
【解決手段】 カッコウアザミ属(Ageratum)の抽出物は表皮角化細胞の紫外線障害を回復させる。さらにこの抽出物と保湿剤、細胞賦活剤、抗炎症剤、抗酸化剤、美白剤、ヒアルロニダーゼ阻害剤、抗プラスミン剤、活性酸素抑制剤、コラゲナーゼ活性阻害剤、抗ヒスタミン剤、エラスターゼ活性阻害剤の特定の薬剤のいずれか1種または2種以上を配合することにより、しわ、肌荒れ、肌のくすみなど、種々の皮膚の老化症状を改善することが見いだされた。 (もっと読む)


【課題】 これまで育毛剤などの効果しか見出されていなかったカッコウアザミ属(Ageratum)の抽出物を利用して、新たな用途を提供する。
【解決手段】 カッコウアザミ属(Ageratum)の抽出物は真皮線維芽細胞由来のエラスターゼを阻害する。さらに抽出物と保湿剤、細胞賦活剤、抗炎症剤、抗酸化剤、美白剤、ヒアルロニダーゼ阻害剤、抗プラスミン剤、活性酸素抑制剤、コラゲナーゼ活性阻害剤、抗ヒスタミン剤、エラスターゼ活性阻害剤の特定の薬剤のいずれか1種または2種以上を配合することにより、しわ、肌荒れ、肌のくすみなど、種々の皮膚の老化症状を予防および改善することが見いだされた。 (もっと読む)


【課題】これまで美白剤としての効果については知れらていなかったパパイヤの抽出物を利用してB16メラノーマ細胞におけるメラニン生成を抑制し、その一要因としてのドーパキノンの自動酸化を抑制する皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】パパイヤの抽出物が皮膚表皮組織のメラノサイトにおけるメラニン生成を優位に抑制し、その一要因としてドーパキノンの自動酸化を優位に阻害する。さらにこれと保湿剤、細胞賦活剤、抗炎症剤、抗酸化剤、美白剤、抗プラスミン剤、活性酸素抑制剤、抗ヒスタミン剤の特定の薬剤にいずれか1種または2種以上を配合することにより、肌のシミ、くすみ、肌荒れなど、種々の肌の悩みを改善することが見出された。 (もっと読む)


【課題】 しわ形成抑制剤としての効果のあるメイラード反応阻害剤またはエラスターゼ活性阻害剤を見出すこと。
【解決手段】 アムラ(Phyllanthus emblica)の抽出物は真皮線維芽細胞由来のエラスターゼを阻害し、またメイラード反応を抑制し有効である。さらにこの抽出物と保湿剤、細胞賦活剤、抗炎症剤、抗酸化剤、ヒアルロニダーゼ阻害剤、抗プラスミン剤、活性酸素抑制剤、コラゲナーゼ活性阻害剤、抗ヒスタミン剤、エラスターゼ活性阻害剤の特定の薬剤のいずれか1種または2種以上を配合することにより、しわ、肌荒れ、肌のくすみなど、種々の皮膚の老化症状を改善することが見いだされた。 (もっと読む)


【構成】 コレステリル12−ヒドロキシステアレートを含む、コレステリック液晶を配合することを特徴にするエアゾール。
【効果】 液晶をエアゾールにすることによって液晶或いは有効成分を均一に皮膚に塗布でき、且つ外観上も、他の化粧品との差別化ができる。 (もっと読む)


61 - 66 / 66