説明

株式会社日立ソリューションズにより出願された特許

41 - 50 / 1,610


【課題】学習に必要な分類されるカテゴリに属する文書の数とそのカテゴリに属さない非カテゴリ文書の数を減少させる。
【解決手段】利用者は、分類されるカテゴリに属する例題文書を収集し(S101)、例題文書を文書分類システムに入力する(S102)。文書分類システムは、入力された例題文書に含まれるレイアウト上特徴を有する語の中から特徴語を抽出し、反例文書の候補となる反例候補文書を既存文書の中から検索して、画面に表示する(S103)。利用者は、画面に表示された反例候補文書の中から、反例文書を選択する(S104)。文書分類システムは、特徴語に基づいて例題文書と反例文書の特徴ベクトルを生成し、生成された例題文書と反例文書の特徴ベクトルに基づいて分類パラメータを生成する(S105)。そして、文書分類システムは、生成された分類パラメータを用いて分類対象文書をカテゴリに分類する。 (もっと読む)


【課題】照射範囲の広いX線照射装置を用いて、試料を電子回路基板等に実装したままで、分析対象部分にのみX線を照射して分析する。
【解決手段】X線照射位置決めフィルタ20Aが電子回路基板60上の部品61Aの近傍に配置されている。X線照射位置決めフィルタ20AにはX線を通す窓が開いている。窓の形状は、部品61Aにおける分析対象部分の形状に合わされている。窓を除く表面はX線を遮断する。蛍光X線分析装置1Aは、X線管10で発生する一次X線11を部品61Aに照射する。窓を通過した一次X線11によって部品61Aにおける分析対象部分を構成する物質の分子が励起され、蛍光X線12が発生する。蛍光X線分析装置1Aは、その蛍光X線12を検出器30で検出し、分析器40で部品61Aを構成する物質に含有される成分を分析する。 (もっと読む)


【課題】宅配代行者斡旋の成立頻度を向上させる。
【解決手段】宅配代行の依頼者は、所有する宅配代行依頼者情報端末103から店舗販売サーバ102にアクセスし、店舗が運営する店舗販売サイト上で欲しい商品を購入する。宅配代行者の位置情報取得機能付き情報端末106は、現在地の位置情報を取得して、宅配代行者斡旋管理サーバ101に送信する。宅配代行者斡旋管理サーバ101は、店舗の所在地を示す店舗所在地情報を格納する店舗位置情報データベースを備える。宅配代行者斡旋管理サーバ101は、宅配代行者の位置情報取得機能付き情報端末106が取得した現在地の位置情報を受信する。宅配代行者斡旋管理サーバ101は、受信した現在地の位置情報と店舗位置情報データベースに格納されている店舗所在地情報とに基づいて宅配代行が可能である宅配代行者を選択する。 (もっと読む)


【課題】OSGiフレームワークを搭載した電子機器に接続する外部デバイスを利用するために必要となるOSGiバンドルを、配信システムに負担をかけず電子機器へ自動的にインストールする。
【解決手段】本発明に係るOSGiプログラムは、OSGiフレームワークを搭載する電子機器に接続された外部デバイスを検出し、その外部デバイスに対応するOSGiバンドルを配信サーバからダウンロードし、電子機器にインストールする。 (もっと読む)


【課題】津波災害発生時に、津波の高さに対して安全な海抜の避難所の情報を提供する。
【解決手段】災害発生時に携帯電話端末を所有する利用者に対して避難所情報を提供するシステムであって携帯電話端末情報収集サーバは、携帯電話プロバイダから取得した情報に基づいた各携帯電話端末の位置情報を記憶し、特定の携帯電話端末の位置情報を抽出し提供する手段を備え、避難所情報提供サーバは、各避難所について海抜及びエリアの情報を含む避難所登録情報を予め記憶し、津波の高さを含む災害情報を取得し、携帯電話端末情報収集サーバから取得した特定の携帯電話端末の位置情報を位置情報を利用者位置情報として用いて決定したエリアに存在しかつ津波の高さに対して所定の十分な高低差のある海抜に位置する避難所を決定し、避難所の情報を特定の携帯電話端末に対して提供する。 (もっと読む)


【課題】ソースコード診断システムに、プロジェクトに特化したルールを自動的に作成させ、作成されたルールに従ってソースコードがコーディングされているか否かを診断させる。
【解決手段】診断部210は、ソースコード310の各行がルール定義ファイル320に格納されている複数のルールに適合しているか否か診断し、適合していない行について、ルールとその行の位置とを示す情報を指摘ファイル330に格納する。また、診断部210は、各行を診断しているとき、各行を構成する各構文要素について、各構文要素の使われ方の傾向を示す傾向データを傾向テーブル340に格納する。ルール更新部220は、傾向テーブル340に格納されている傾向データに基づいてルール定義ファイル320に新しいルールを追加する。 (もっと読む)


【課題】 ホワイトボード等に設置する場合に、コントロールユニットの設置位置を含め再帰反射部材等の構成部材を適切な位置関係で設置することができるようにする。
【解決手段】 支持部材の長軸方向の両端に、複数のイメージセンサと各イメージセンサの視野方向の座標入力面に向けて光を照射する複数の発光ユニットとを有し、座標入力面に挿入された座標指示物体による発光ユニットからの照射光を遮った遮光像に基づき座標入力面における挿入座標位置を検出するコントロールユニットを備える座標検出装置の設置方法であって、
コントロールユニットを壁面またはホワイトボード上に設置する向きが、支持部材の長軸方向を水平方向とする縦向きか、長軸方向を垂直方向とする横向きかに応じて、前記座標検出装置の前記壁面またはホワイトボード上の設置位置、座標入力面の位置、再帰反射部材の設置位置を案内指示するウィザード画面を表示することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】リバースエンジニアリングからデバッグ対象プログラムを保護すると同時に、パフォーマンスを劣化させることなくリモートデバッグを可能にする。
【解決手段】デバッグ対象プログラムの内、プログラムロジックを表す情報と、デバッグ時に必要な情報をそれぞれ別方式で変換する。プログラムロジックを表す情報は既存の難読化方式を用いて難読化し、デバッグ時に必要な情報は既存の暗号化方式を用いて暗号化する。別方式で変換されたプログラムを用いてプログラムロジックを実行し、誤動作発生時は暗号化されたデバッグ情報を用いてリモートデバッグを行う。暗号化されたデバッグ情報は、デバッグを行う保守センタ側で復号化する。 (もっと読む)


【課題】文書からメタデータを自動的に抽出した結果の目視確認・修正において、工数を劇的に減少させる。
【解決手段】外観が類似しており、メタデータ抽出結果も類似している文書に対して、メタデータの記載位置・周辺に記載された別の種類のメタデータ・周辺の空白領域・周辺に記載された文字列・メタデータの部分文字列に着目してクラスタリングを行い、同じクラスタに含まれる文書について一括表示し、メタデータ抽出結果の目視確認実行を容易にする。 (もっと読む)


【課題】二次電池を搭載した乗り物用充電器遠隔管理において、充電中に次回どこで充電するか、混雑していないと想像される充電器の情報をユーザに提供する。
【解決手段】充電器の状態監視、利用者認証を行う充電器管理装置は充電器の利用者識別番号と、充電器設置場所を識別するための充電スポットIDと、充電開始時刻と、充電開始時電池残量と、充電終了時電池残量と、の少なくともいずれか1の項目を有する充電データを取得する充電データ取得部と、前記充電データを並び替え・分離(ソート)する充電データ並び替え分離部と、項目別にどの順で充電スポットが利用されているかを算出する充電スポットID利用順序算出部と、充電スポットがどの順番で連続して使用されているかを演算する充電スポット連続利用傾向演算部と、演算結果をユーザの保持する利用者端末に配信する連続利用傾向配信部と、を有する。 (もっと読む)


41 - 50 / 1,610