説明

旭化成ケミカルズ株式会社により出願された特許

2,261 - 2,270 / 2,513


【課題】 本発明は、表面や端面からの出光が十分得られる発光体と、光源とを有するディスプレイ装置を提供することを可能にすることを目的としている。
【解決手段】 光源から220mmの光路長における発光体1の光線透過率が0.1%以上、且つ80%以下であり、且つ光源からの光により発光する発光体1の輝度比が、光源からの距離が10mmの位置における発光体1の輝度をL10、光源からの距離が210mmの位置における発光体1の輝度をL210としたとき、0.5≦L10/L210≦20の条件を満たす発光部を有するディスプレイ装置3であることを特徴とする。 (もっと読む)


ポリマーマトリックスを構成する気泡壁により規定された複数の気泡を含んでなる、比重が0.05〜0.5のポリマー発泡体であって、該ポリマーマトリックスが、ビニル芳香族単量体単位と共役ジエン単量体単位とからなる共重合体ブロックSを少なくとも1つ含有する非水添共重合体を水素添加して得られる水添共重合体(A)を5〜100重量部と、オレフィン系重合体及びゴム状重合体からなる群より選ばれる少なくとも1種の重合体(B)を95〜0重量部包含してなり、該水添共重合体(A)に関して得られた動的粘弾性スペクトルにおいて、損失正接(tanδ)のピークが−40℃以上、−10℃未満の範囲に少なくとも1つ存在することを特徴とするポリマー発泡体。 (もっと読む)


【課題】本発明は、低温収縮性、自然収縮性、剛性等に優れ、耐ブロッキング性、耐温水融着性及び耐衝撃性等の物性バランスに優れ、取り分け製膜安定性が良好な熱収縮性フィルムを提供する。
【解決手段】特定のブロック共重合体又はその水添物成分からなる組成物を延伸してなる熱収縮フィルムにおいて、溶融張力測定における60m/sec速度時の溶融張力が2.0〜7.5gfとなるシート押出温度範囲で製造する熱収縮フィルム。 (もっと読む)


【課題】高速塗工においても、塗工層が嵩高で、白紙光沢、印刷適正、耐ブリスター性などに優れた塗工紙用塗料組成物を提供することである。
【解決手段】ヒドロキシル基を有する化合物にエチレンオキシド単独またはエチレンオキシドとプロピレンオキシドとを(共)付加した水溶性ポリオキシアルキレン化合物(a)と有機ポリイソシアネート(b)とから誘導される、オキシエチレン単位の含有量が少なくとも60質量%であり、かつ数平均分子量5,000〜500,000である水溶性ウレタン樹脂(A)、感温点以下の温度領域では親水性を示し、感温点を超える温度領域では疎水性を示す高分子化合物(B)を含有する高分子エマルジョンを必須成分とすることを特徴とする紙塗工用塗料組成物。 (もっと読む)


【課題】表面光沢、インク吸収性、記録画質等のインクジェット記録適性に優れたインクジェットプリンター用記録用紙を提供することである。
【解決手段】 基材上に、シリカ微粒子を含有する多孔層の下層を有し、その上層に、シリカ微粒子とγ−アルミナとの混合物を含有する多孔質層を有することを特徴とするインクジェット記録シート。 (もっと読む)


【課題】 高度な白色外観を有すると共に優れた耐熱変色性が要求される成形体に適した芳香族ポリカーボネートから成る成形体を提供する。
【解決手段】 芳香族ポリカーボネートまたは芳香族ポリカーボネートを主体とする樹脂(A)100重量部に対して、酸化チタン(B)3〜30重量部、染顔料(但し成分(B)を除く)(C)0〜0.1重量部を含む樹脂組成物からなる成形体であって、該成形体を構成する樹脂組成物がJIS−Z−8722に準じて測定されるL*値が80以上であり、かつ、100℃の温度環境下に500時間放置した後の色差変化(△Eab*)が1以下であることを特徴とする白色外観を有する成形体。 (もっと読む)


【課題】本発明は、表面(主面)や端面からの出光が十分得られる発光体、及び、その発光体と光源とを有する発光システムを提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、光源からの光により発光する発光体1であって、発光体1は、光散乱剤を含む皮膜層、及び、光散乱剤を含む基材層を有し、基材層の厚さに対する皮膜層の厚さの比が1/300〜1/7であり、基材層の光散乱剤濃度に対する皮膜層の光散乱剤濃度の比が100/1〜2000/1である発光体である。 (もっと読む)


【課題】 歯垢内部への浸透性に優れ、口腔内病原性細菌に対する十分な殺菌効果を発現し、歯垢形成を抑制できる口腔用組成物を提供する。
【解決手段】 成分(A):特定の一般式(1)で示されるアシル化合物の少なくとも1種を含有することを特徴とする口腔用組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、表面や端面からの出光が十分得られる発光体と、光源とを有する表示灯を提供することを可能にすることを目的としている。
【解決手段】 光源から220mmの光路長における発光体1の光線透過率が0.1%以上、且つ80%以下であり、且つ光源からの光により発光する発光体1の輝度比が、光源からの距離が10mmの位置における発光体1の輝度をL10、光源からの距離が210mmの位置における発光体1の輝度をL210としたとき、0.5≦L10/L210≦20の条件を満たす発光部を有する表示灯3であることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、光透過性熱可塑性樹脂と光拡散剤からなる光拡散板であって、該光拡散剤が該光拡散板全体の重量に対して0.2〜10重量%配合されており、少なくとも片面の光沢度が20〜70%の光拡散板を提供する。本発明によって直下型バックライト装置に用いられる光拡散叛として、従来の光拡散板と比較し、更に高輝度を実現できる光拡散板を提供することができる。 (もっと読む)


2,261 - 2,270 / 2,513