説明

セルジーン コーポレイションにより出願された特許

31 - 40 / 41


本明細書中に提供されるものは、キナゾリノン化合物によって、治療をモニタリングするためのバイオマーカーである。例えば、キナゾリノン化合物が特定の型の癌、例えばNHLの治療に成功する可能性があるかどうか予測するための、バイオマーカーとしてのSPARC、p21及びサイクリンD1 mRNAレベルの使用を提供される。更に、これらの遺伝子の発現は、治療効果の進行及びキナゾリノン化合物を用いた治療を受けている癌患者の患者コンプライアンスをモニタリングするために用いることができる。 (もっと読む)


内皮機能障害および他の障害を治療、予防または管理する方法を開示する。その方法は、本明細書で提供する免疫調節化合物の投与を包含する。その免疫調節化合物を第2の活性薬剤と共に用いる治療をさらに説明する。本明細書で提供する方法での使用に適した医薬組成物および単一の単位剤形も開示する。 (もっと読む)


本発明は、シチジンアナログの治療有効量を比較的高リスクの骨髄異形成症候群を有する患者に投与することを含む、比較的高リスク骨髄異形成症候群を有する患者を治療する方法を提供する。このシチジンアナログは、5-アザ-2'-デオキシシチジン、5-アザシチジン、5-アザ-2'-デオキシ-2',2'-ジフルオロシチジン、5-アザ-2'-デオキシ-2'-フルオロシチジン、2'-デオキシ-2',2'-ジフルオロシチジン、シトシン1-β-D-アラビノフラノシド、2(1H)ピリミジンリボシド、2'-シクロシチジン、アラビノフラノシル-5-アザシチジン、ジヒドロ-5-アザシチジン、N4-オクタデシル-シタラビン、及びエライジン酸シタラビンを含む。 (もっと読む)


キナゾリノン化合物、並びにその医薬的に許容される塩、溶媒和物、包接体、立体異性体及びプロドラッグが提供される。これらの化合物の使用の方法及びこれらの化合物の医薬組成物が開示される。 (もっと読む)


4’−O置換イソインドリン化合物、ならびにその医薬的に許容可能な塩、溶媒和物、クラスレート、立体異性体およびプロドラッグが提供される。これらの化合物の使用方法および医薬組成物が開示される。 (もっと読む)


【課題】哺乳動物におけるTNFαのレベルを減少させる薬剤組成物を提供する。
【解決手段】TNFαを阻害するのに有効な量の下記式を有する化合物を含む、TNFα阻害用薬剤組成物。新規なニトリル類は、腫瘍壊死因子α及びホスホジエステラーゼの阻害剤であり、悪質液、内毒素性ショック、レトロウィルスの複製、喘息、及び炎症状態を克服するのに使用できる。具体的な実施態様としては、3−フタルイミド−3−(3’,4’−ジメトキシフェニル)プロピオニトリルがある。
(もっと読む)


【課題】哺乳動物におけるTNFαのレベルを減少させる方法およびこれに有用な化合物および組成物を提供する。過剰または無制限のTNFαの産生は、数多くの疾患状態を引き起こす。例えば、TNFαは、活性化したときに白血球が骨再吸収活性を生じさせることが知られている関節炎(arthritis)などの骨再吸収疾患に関係する。
【解決手段】下式で表されるアリールアミド類:


は、腫瘍壊死因子αの阻害剤であり、悪液質、内毒素ショックやレトロウイルス複製と戦うために用いることができる。 (もっと読む)


【課題】TNFαを阻害する。
【解決手段】イミド類は、腫瘍壊死因子αの阻害剤であり、無液質、内毒性ショック、及びレトロウィルスの複製を克服するのに使用できる。 (もっと読む)


【課題】TNFαを阻害する。
【解決手段】イミド類は、腫瘍壊死因子αの阻害剤であり、無液質、内毒性ショック、及びレトロウィルスの複製を克服するのに使用できる。 (もっと読む)


【課題】TNFαを阻害する。
【解決手段】イミド類は、腫瘍壊死因子αの阻害剤であり、無液質、内毒性ショック、及びレトロウィルスの複製を克服するのに使用できる。 (もっと読む)


31 - 40 / 41