説明

ザ・ボーイング・カンパニーにより出願された特許

1 - 10 / 773



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】三次元物体の重心を決定する方法を提供する。
【解決手段】第一の方向付けで検査プラットフォームに物体を位置付けるステップ615、物体が第一の方向付けにあるときに第一の軸及び第二の軸に沿って重心の位置を決定するステップ620、第一の軸及び第二の軸に直交する第三の軸に対して物体を回転させるステップ625、物体が第二の方向付けにあるときに少なくとも第一の軸又は第二の軸に沿って重心の位置を決定するステップ630、及び物体が第二の方向付けにあるときに、少なくとも第一の軸又は第二の軸に沿って重心の位置の変更を使用して第三の軸に沿った重心の位置を決定するステップ635を含む。 (もっと読む)


【課題】複雑な三次元構造形状を有する複合プライをレイアップするのが難しく工具補助が必要で時間とコストがかさむ。工具補助が不要で作業量が縮小出来るシステム、方法を提案する。
【解決手段】プリフォームを形成する方法は、構造繊維及び樹脂を含む粘着力の高められた繊維状物質の層を提供するステップを含む。層はダイ断面形状を有する形成ダイセットに通される。熱可塑性樹脂は加熱される。層はダイ断面形状に形成される。ダイ断面形状を有するプリフォームが形成されるような方法で、熱可塑性樹脂は凝固する。 (もっと読む)


【課題】ワークピースを誘導加熱するためのシステム。
【解決手段】ワークピース150を誘導加熱するためのシステムは、誘導コイル76、少なくとも一つのサセプタ表面板50、及び連結された電流コントローラ88を含むことができる。誘導コイル76は、交流電流86を導通させて、交流電流86により磁場を生成する。サセプタ表面板50には、ワークピース150が配置される。サセプタ表面板50は強磁性合金から形成することができ、この強磁性合金はキュリー温度を有し、磁場によりキュリー温度に近い平衡温度まで誘導加熱可能である。電流コントローラ88は、誘導コイル76に連結されて、サセプタ表面板50の少なくとも一つの加熱パラメータの変化を生じさせるように交流電流86を調節する。 (もっと読む)


【課題】チェックリストを実行中に現在のビークルの状態に対して最適化された又はカスタマイズされた新たなチェックリストを生成するシステム及び方法を提供する。
【解決手段】複数のチェックリスト項目を含むカスタマイズされたチェックリストを動的に作成する(S110)。また、カスタマイズされたチェックリストが利用可能である通知を所定の受信者へ伝送する(S112)。加えて、受信者によってカスタマイズされたチェックリストが選択されたことに応答して、インターフェースデバイス上にカスタマイズされたチェックリストを表示する(S114)。さらに、各チェックリスト項目が実施されたことに応答して、各チェックリスト項目のステータスを更新する。さらに、既存のチェックリストの実行中に新たなチェックリストが利用可能であるか否かを判断し、ユーザが既存のチェックリストを実行中に新たなチェックリストに切り替えることを可能にする。 (もっと読む)


【課題】締め具に関する技術には、少なくとも従来のツーピース締め具と同等の強度特性を提供しつつ、取付けをより単純化して短時間での取付けを可能にする一体型締め具のニーズが存在する。
【解決手段】締め具200は冷間加工されたヘッドセクション204、冷間加工されたシャンクセクション212、及び前記冷間加工されたシャンクセクション212から前記締め具200のテールエンド部分210まで延伸する延性シャンクセクション214を有する。 (もっと読む)


1 - 10 / 773