説明

ウステル・テヒノロジーズ・アクチエンゲゼルシヤフトにより出願された特許

1 - 10 / 37


【課題】ファンシーヤーンの特性の迅速な視覚検出を可能にする。
【解決手段】 ファンシーヤーンの特徴付け方法により、ファンシーヤーンの少なくとも一つの特性をファンシーヤーンの長手方向沿ってスキャンする。スキャンの値を評価し、評価の結果を出力する。評価の少なくとも一つの結果がグラフ表示の形で出力される。グラフ表示が三次元空間にある面であり、この三次元空間の一次元がスラブ長(L)を示し、二次元がスラブ(92)の増加質量(ΔM)または径増分を示し、三次元がスラブ特性(L、ΔM)としてのスラブ長(L)及びスラブの増加質量(ΔM)または径増分の観察される頻度(H)を示す。 (もっと読む)


【課題】 ファンシーヤーンの個々のスラブの連続をわかり易く表示する。
【解決手段】 ファンシーヤーン(9)の特徴付け方法により、ファンシーヤーンの少なくとも一つの特性を前記ファンシーヤーンの長手方向(x)に沿ってスキャンし、前記スキャンの値を評価し、前記評価の結果を出力する。評価の少なくとも一つの結果がグラフ表示の形で出力される。グラフ表示がカラムチャートまたは棒グラフであり、そのカラム又は棒が、ファンシーヤーンのスラブ(92)に対応せしめられ、かつそれぞれ少なくとも二つの要素から構成される。その際第一の要素の長さまたは面積がそれぞれのスラブ(92)の特性(L)を示し、第二の要素の長さまたは面積が隣接するベース糸(91)の特性(L)を示す。 (もっと読む)


【課題】 ファンシーヤーンの特性の視覚による確認を改善する。
【解決手段】 ファンシーヤーンの少なくとも一つの特性を長手方向(x)に沿ってスキャンし、スキャンの値を評価し、評価の結果を出力する。この評価は、スキャン値の平滑化または理想化、および平滑化または理想化されたスキャン値と当初のスキャン値との関連付けを含み、平滑化または理想化されたスキャン値および前記関連付けから得られたデータが個別に評価される。 (もっと読む)


方法は、繊維最終製品を製造する繊維製造過程(101)を最適化するために用いられる。製造過程(101)が、要素として少なくとも1つのパラメータ(x,・・・,x)を持つパラメータ集合({x,・・・,x})を含む数学モデル(102)において製造過程(101)が表現される。パラメータ集合({x,・・・,x})のうち、少なくとも1つの変化パラメータ(x)が、モデル(102)においてそれぞれ1つの変化(Δx)だけ変化される(106)。少なくとも1つの変化(Δx)が最終製品の財政的価値(P)に及ぼす影響が評価される(108)。評価(108)の出力に関係して、少なくとも1つの変化(Δx)が製造過程(101)へ受け継がれる(109)。
(もっと読む)


本方法は、糸のような縦長の繊維供試品用の電子欠点除去装置に欠点除去限界を規定するのに用いられる。まず供試品の測定により統計的代表値が求められる(101)。統計的代表値に基いて欠点除去限界が計算され(102)、使用のために提案され、この欠点除去限界により予想される長さに関する不許容事象の数が計算され(103)、かつ出力される(104)。操作者は予想される不許容事象数について見解をとることができ(105)、この見解に従って欠点除去限界が自動的に規定される(109)。方法は利用し易く、簡単に実施できる。 (もっと読む)


動かされる繊維材料(9)例えば糸の光学的走査装置(1)は、繊維材料(9)用の通路(91)を含んでいる。異なる場所に設けられて通路(91)のそれぞれ1つの照明範囲(81,82)を照明するため異なるスペクトル特性を持つ光(71,72)を放射する少なくとも2つの光源(21,22)が、通路(91)のそれぞれ1つの照明範囲(81,82)を照明する。光検出器(6)が、異なる照明範囲(81,82)に由来する光を検出する。少なくとも1つの視野絞り(52)が、すべての照明範囲(81,82)の共通集合の部分量である走査範囲(85)からの光のみを光検出器(6)へ当てる。それにより繊維材料(9)が、関与するすべての光成分(73,74)により走査される。
(もっと読む)


本方法は、縦方向に動かされる糸の特性表示に用いられる。糸の長手方向に沿う糸の特性の測定値が検出される。測定値から糸のパラメータの値が求められる。二次元直角座標系の象限を含む事象の場(3)が与えられ、この座標系の横軸(31)が縦方向における糸パラメータ値の範囲(L)を示し、その縦軸(32)が、目標値からのパラメータの偏差(ΔM)を示す。長手方向における糸パラメータの値及びその範囲(L)から、事象の場(3)における事象(71,72)の密度が求められる。事象の場(3)において糸本体が面(4として表示される。面(4)は、横軸(31)により、また縦軸(32)により、更に実質的に一定の事象密度に従う事象の場(3)内の線(41)により区画される。糸本体の表示は、浄化限界(6)を速やかにかつ経済的に規定するのを可能にする。
(もっと読む)


ヤーンクリヤラ測定ヘッド(1)用ハウジング(2)は、欠陥個所を除去すべき糸(9)を受入れるため長手方向(x)を規定する測定スリット(3)を持っている。ハウジング(2)が仮想包絡直方体(4)により完全に包囲可能である。包絡直方体の長さ(X)が長手方向(x)におけるハウジング(2)の寸法として定義されている。包絡直方体の高さ(Y)及び幅(Z)が、長手方向(x)に対して直角な面(yz)にある包絡直方体の長方形の辺長として定義され、この長方形がこの面(yz)へのハウジング(2)の投影を完全に包囲し、この長方形の周囲及び/又は面積が最小である。包絡直方体(4)の長さ(X)が41mmと47mmとの間にあり、かつ/又は包絡直方体の高さ(Y)が61mmと70mmとの間にあり、かつ/又は包絡直方体(4)の幅(Z)が96mmと106mmとの間にある。ハウジング(2)は、その中に収容される構成要素に対してできるだけ多くの空間を提供し、できるだけ多くの機械に組込むことができる。
(もっと読む)


紡糸機のような繊維機械において、原材料が、製造過程において複数の処理段階において中間製品となるように処理され、最終製品が製造される時、製造過程を監視する方法が使用される。原材料、中間製品及び/又は最終製品のパラメータ(301,303,312,393)が少なくとも2つの異なる処理段階で測定され、データベース(300)に記憶されかつ索引ファイル(3002)においてリンクされる。こうして1つのロットの用いられる品質が、ロットの必要な品質としても表すことができるロットの品質にできるだけ近くなって、供給合意のために規定される糸品質を提供する。
(もっと読む)


コンデンサ装置(21)の誘電特性を求める装置(1)は、交流信号をコンデンサ装置(21)に印加する交流信号発生器(3)を含んでいる。更に装置は、コンデンサ装置(21)から取出される電気信号の少なくとも1つの電気的測定量を評価する評価回路(6)を含んでいる。それに加えて装置は、交流信号発生器(3)とコンデンサ装置(21)との間の電気的通路に設けられる整合手段(4)を含み、所定の一定の条件において評価回路(6)の出力信号が特定の値なるべく零をとるように、整合手段(4)により交流信号のパラメータが可変である。制御信号を整合手段(4)へ送出する制御手段が設けられ、この制御手段により少なくとも1つのパラメータの変化が制御可能である。それにより装置(1)を簡単に速やかに安価に特に自動的に整合させることができる。
(もっと読む)


1 - 10 / 37