コーネル ユニバーシティーにより出願された特許

1 - 5 / 5


従来の結像装置の分解能は、回折限界により制限される。回折限界を超える分解能を達成できる「完全」結像装置は、実現が不可能と考えられていた。しかしながら、本開示は、回折限界を超える向上した分解能を達成できるとともに実際に実現できる結像装置を提供する。該結像装置は、a.所定の屈折率プロファイルに従って変化する屈折率を有するレンズと、b.ソースと、c.装置から波を分離する出口と、d.レンズ、ソース、及び出口の周囲に配置された反射器とを備え、反射器及びレンズの屈折率プロファイルは共に、ソースから複数の方向のいずれかに伝送される波を出口へ指向させるよう構成される。 (もっと読む)


三座ピリジンジイミン配位子を含有するマンガン、鉄、コバルトもしくはニッケル錯体ならびに効率的かつ選択的なヒドロシリル化反応におけるそれらの使用がここに開示される。 (もっと読む)


金属−ターピリジン錯体およびそのヒドロシリル化反応における使用がここに開示される。 (もっと読む)


本開示は、概して、ウシにおける疾患の処置又は予防に関する。より詳細には、本発明は、改変ウシヘルペスウイルス1型(BHV−1)の作製及び使用、ならびに宿主における免疫学的応答を抑制せずにBHV−1感染からウシを保護する組成物及びワクチンの使用に関する。1つの例において、本発明は、同時投与及び/又は併用ワクチンでの投与によって追加の免疫原とともに投与される改変BHV−1の使用、及び疾患からウシを保護するためのこれらのワクチンの使用に関する。1つの例において、投与される組成物における改変BHV−1の使用は、追加の免疫原に対する免疫応答を促進する。
(もっと読む)


治療的化合物の調製において有用な単量体は、300μM未満の解離定数で標的分子に結合し得る多様性要素と、該多様性要素に接続するリンカー要素とを含む。リンカー要素は、500ダルトン未満の分子量を有し、かつ直接的にまたは接続部を介して間接的に上記多様性要素に接続し、自身の結合パートナーと可逆的な共有結合または非共有結合性の相互作用を形成することができる。単量体は、共有結合的または非共有結合的に結合して、治療的多量体またはそれらの前駆体を形成することができる。 (もっと読む)


1 - 5 / 5