説明

水ing株式会社により出願された特許

1 - 10 / 94



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】被処理水への適正な量の紫外線照射が安定して行え、ランプ寿命を長く保て、消費電力が少なく、設備の簡素化も図れ、破損しても有害な物質が流出しない水処理方法及び水処理装置を提供すること。
【解決手段】流量が変動する被処理水に対して紫外線を照射することで被処理水中の有害成分を除去又は無害化する水処理方法である。紫外線を照射する紫外線光源としてエキシマランプ63を用いる。被処理水中に複数本のエキシマランプ63を設置しておき、変動する被処理水の流量に応じて、点灯するエキシマランプ63の本数を変更することで、エキシマランプ63による紫外線の被処理水への照射量を変更する。 (もっと読む)


【課題】ろ層の逆洗時に供給される高圧の洗浄流体による破損を防止することができる集水装置を提供する。
【解決手段】集水装置は、複数のオリフィス27が形成された上壁11を有し、オリフィス27に連通する流路16,17が内部に形成された樹脂製の流路ブロック10と、流路ブロック10の上方に配置された多孔板24と、流路ブロック10と多孔板24との間に配置された空気注入装置30とを備える。空気注入装置30から供給される空気の上昇流によりろ層25が洗浄される。 (もっと読む)


【課題】処理廃棄物としての汚泥スラリーを発生せず、しかも、放射性物質を効率良く除去することができ、さらには使用寿命を長くすることができる、新たな放射性物質除去剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】アルギン酸金属塩を含有する粒径1mm以上の多孔質体粒状体を基体粒子とし、粘土鉱物、難溶性フェロシアン化合物、活性炭及びゼオライトからなる群のうちから選ばれる1つ以上の放射性物質除去材が前記基体粒子の表面及び内部に散在してなる粒子を含有することを特徴とする放射性物質除去剤を提案する。 (もっと読む)


【課題】パルプ工場内で発生する薬液をメタン発酵処理に利用することで、薬品添加コストを低減し安定処理が可能な嫌気性処理方法及び装置を提供する。
【解決手段】クラフトパルプ製造工程から排出される有機性廃水4を処理するメタン発酵槽1を有する嫌気性処理装置において、前記メタン発酵槽1に、前記有機性廃水の導入口と、クラフトパルプ製造工程で発生する薬液である白液、緑液又は弱液5の一種以上を添加する導入口とを有することとし、また、メタン発酵槽1の前段に、調整槽2又は酸発酵槽を備え、該調整槽2又はメタン発酵槽に、前記有機性廃水4の導入口と、クラフトパルプ製造工程で発生する薬液である白液、緑液又は弱液5の一種以上を添加する導入口とを有することとした。 (もっと読む)


【課題】運転休止時の嫌気性処理設備の運転方法を改善することで、運転休止後に迅速に立ち上げることができる嫌気性処理方法と装置を提供する。
【解決手段】クラフトパルプ製造工程から排出されるメタノールを含む有機性廃水3をメタン発酵槽1で処理する嫌気性処理方法において、該処理操作を運転休止するに際して、前記メタン発酵槽内の液を水6で希釈洗浄して休止することを特徴とする嫌気性処理方法としたものであり、前記運転休止するに際して、前記メタン発酵槽内の液に、炭酸水素ナトリウム、カリウム塩、又は、クラフトパルプ製造工程で使用されるアルカリ性の場内薬液7のいずれか1種類以上を添加してもよい。 (もっと読む)


【課題】 アルコールを主成分とし、全有機物に対するSSが少ない有機性廃水の安定かつ高性能なメタル発酵処理装置を提供する。
【解決手段】 廃水の全CODCrに対して、CODCr換算でアルコール成分が60%以上、SSが1%未満の有機性廃水を、廃水調整槽と1槽式のメタン発酵槽とで処理する装置において、該メタン発酵槽の流入水及び流出水のpH等の水質を測定する測定計を備え、また、ガス中のCO濃度の測定計を備え、これらの測定計からの測定値に基づいて、M−アルカリ度調整剤添加量を制御する制御装置を備え、該制御装置からの信号に基づいて、M−アルカリ度調整剤を被処理水流入部へ添加する添加装置を有する有機性廃水の嫌気性処理装置としたものであり、前記メタン発酵槽は、上向流嫌気性汚泥床又は膨張式汚泥床を用いるのがよい。 (もっと読む)


【課題】汚泥掻寄機のフライト板を駆動するための樹脂製チェーンの劣化及び破断を低減する。
【解決手段】制御システム100は、商用電源からの電力と再生可能エネルギ源からの電力とを選択的に切り替えるスイッチSW11、SW12を備えた電源スイッチング部110と、汚泥掻き寄せの駆動装置600に、電源スイッチング部によって切り替えられた電力を供給するか否かを切り替える負荷駆動スイッチング部120と、これらを制御する制御回路部140とを備えている。制御回路部は、保守運転モードにおいて、電源スイッチング部及び負荷駆動スイッチング部を制御し、再生可能エネルギ源300からの電力を汚泥掻寄機の駆動装置に印加し、フライト板を数回/日程度保守運転させる。保守運転により、樹脂製チェーンのある特定の部分が長時間空気中に露呈しないので、劣化等を低減することができる。 (もっと読む)


【課題】脱水助剤の投入における運転管理上の作業性が改善された、汚泥の処理方法及び汚泥の処理装置を提供すること。
【解決手段】1)(1)汚泥貯留槽内の汚泥容量、及び汚泥濃度を計測する工程、(2)汚泥貯留槽に追加投入される汚泥容量、及び汚泥濃度を計測する工程、(3)上記工程(1)及び(2)から該汚泥貯留槽内の汚泥の固形物量、及び添加すべき脱水助剤量を算出する工程、(4)前記算出された量の脱水助剤を投入機構により該汚泥貯留槽内の汚泥に一括投入する工程、を含む汚泥の処理方法。2)汚泥貯留槽に追加される汚泥の固形物量に対応した脱水助剤量と先に脱水される汚泥の脱水助剤量を別個に算出し、各々の汚泥に相当する量の脱水助剤を別個に各々の汚泥に投入する方法。3)(1)脱水工程に供給される汚泥容量、及び汚泥濃度を計測する工程、(2)上記工程(1)から該汚泥に単位時間当たりに添加すべき脱水助剤量を算出する工程、(3)上記工程(2)で算出された量の脱水助剤を投入機構により汚泥貯留槽、汚泥流路、汚泥計量槽、及び凝集槽から選択される少なくとも1箇所の汚泥に投入する工程、を含む汚泥の処理方法。 (もっと読む)


【課題】懸濁物質が付着したろ材の洗浄時に、剥離した懸濁物質を少ない水量で排出し、水回収率を高くすることができる新規洗浄方法を含むろ過装置及び方法を提供する。
【解決手段】懸濁物質を含む原水から懸濁物質を除去するろ過装置であって、懸濁物質を捕捉するろ材を充填してなるろ材層2と、当該ろ材層2の上部に原水を供給する原水導入管Aと、原水に微細気泡を導入する微細気泡発生装置4と、当該ろ材層2よりも下方に設けられている、処理水を集水する集水装置3と、当該集水装置3に空気を供給する空気供給管Dと、当該集水装置3から当該ろ材層2よりも上方の位置まで立ち上げられている、当該集水装置から処理水を排出する処理水流出管Fと、当該ろ材層2に洗浄水を上向流で通水する洗浄水導入管Eと、当該ろ材層2よりも上方から洗浄水を排出する洗浄水排出管Hと、を具備する。 (もっと読む)


1 - 10 / 94