コロラド ステート ユニバーシティー リサーチ ファウンデーションにより出願された特許

1 - 10 / 17


【課題】プラズマシステムを提供すること。
【解決手段】少なくとも1つの電極を備えるプラズマデバイス;電離可能媒体源であって、該プラズマデバイスに結合され、そして該プラズマデバイスに電離可能媒体を供給するように構成されている、電離可能媒体源;少なくとも1つのモノマー前駆体を該プラズマデバイスに供給するように構成された電離可能媒体源;および電源であって、該少なくとも1つの電極に結合され、そして該プラズマデバイスにおいて該電離可能媒体に点火して、プラズマ流を大気条件で形成するように構成されており、ここで該プラズマ流は、該少なくとも1つのモノマー前駆体を重合させて疎水性導電性ポリマーを形成する、電源、を備える、プラズマシステム。 (もっと読む)


【課題】皮膚疾患を処置するためのエクオールの使用の提供。
【解決手段】エクオール(7−ヒドロキシ−3(4’ヒドロキシフェニル)−クロマン)は、植物性エストロゲンのダイゼインの主要な代謝産物であり、インビトロおよびインビボで5αジヒドロテストステロン(DHT)に特異的に結合し、そのホルモン作用をブロックする。エクオールは、循環する遊離のDHTに結合し得、アンドロゲンレセプターから隔離し得、従って、アンドロゲンによって調節される増殖および生理学的ホルモン応答を変化させる。これらのデータは、エクオールの生物学的特性を説明するための新規のモデルを示唆する。エクオールがDHTに特異的に結合してDHTをアンドロゲンレセプターから隔離する能力の意味は、健康と疾患との間の重要な分岐を有し、皮膚および毛のアンドロゲン媒介性病理を処置および予防する際のエクオールの広範かつ重要な使用を示し得る。 (もっと読む)


【課題】アンドロゲンによって仲介される疾患を治療するためのエクオールの使用の提供。
【解決手段】エクオール(7-ヒドロキシ-3(4’ヒドロキシフェニル)-クロマン)即ちフィトエストロゲンであるダイゼインの主な代謝産物は、in vitroおよびin vivoで5α-ジヒドロテストステロン(DHT)と特異的に結合し、そのホルモン作用をブロックする。エクオールは、循環する遊離のDHTと結合し、これをアンドロゲン受容体から隔離することができ従ってアンドロゲンによって調節される増殖及びホルモンの生理学的反応を変えることができる。これらのデータはエクオールの生物学的性質を説明するための新規のモデルを示唆している。DHTと特異的に結合しこれをアンドロゲン受容体から隔離するエクオールの能力の有意性は、健康及び疾患における重要な効果をもち、アンドロゲンによって仲介される病態の治療及び予防におけるエクオールの広範かつ重要な使用法を示すことができる。 (もっと読む)


本開示は、内部電極および外部電極を含むプラズマデバイスを提供する。内部電極は、実質的に円筒形の管形状と、それを通して画定される開口とを有する。内部電極は、近位部を有する。外部電極は、実質的に円筒形の管形状を有する。外部電極は、内部電極の近位部の周囲で同軸上に配置される。誘電体スペーサは、内部電極と外部電極との間に配置されている実質的にトロイド状の形状を含む。内部電極および外部電極は、そこへイオン化媒体を供給するように構成されたイオン化媒体源へ連結されるように構成される。内部電極および外部電極は、プラズマデバイスにおいてイオン化媒体を着火してプラズマ流出物を形成するように構成されている電源へ連結するように構成される。
(もっと読む)


本開示は、プラズマデバイスと、イオン化媒体源と、電源とを含むプラズマシステムを提供する。プラズマデバイスは、内部電極と、内部電極の周囲で同軸上に配置された外部電極とを含む。内部電極および外部電極のうちの少なくとも1つは、合金から形成され、かつ、少なくともその一部を覆う誘電体コーティングを含む。イオン化媒体源は、プラズマデバイスに連結され、かつ、そこへイオン化媒体を供給するように構成される。電源は、内部電極および外部電極へ連結され、かつ、プラズマデバイスにおいてイオン化媒体を着火して、プラズマ流出物を形成するように構成される。
(もっと読む)


本開示は、プラズマシステムを提供する。プラズマシステムは、プラズマデバイスと、イオン化媒体源と、電源とを含む。プラズマデバイスは、内部電極と、内部電極の周囲で同軸上に配置された外部電極とを含む。内部電極は、遠位部と、内部電極の少なくとも一部を覆う絶縁層とを含む。イオン化媒体源は、プラズマデバイスへ連結され、かつ、そこへイオン化媒体を供給するように構成される。電源は、内部電極および外部電極へ連結され、プラズマデバイスにおいてイオン化媒体を着火して、露出した遠位部の周囲で電子シース層を有するプラズマ流出物を形成するように構成される。
(もっと読む)


本発明は、新規修飾ヨウシュヤマゴボウ(pokeweed)抗ウイルスタンパク質、該タンパク質をコードする核酸、該タンパク質を取り込むコンジュゲート、および該タンパク質を作製しそして使用する方法を提供する。本発明はまた、特定の細胞に毒素を導く目的のため、該コンジュゲートを動物に投与する方法も提供する。 (もっと読む)


ある実施形態では、環境内の異なる地理的位置に配置された複数のレーダを含むネットワーク化された波形システムを提供する。複数のレーダは、ネットワーク波形信号を送信するように構成され得る。ネットワーク波形信号は複数のレーダ波形信号を含む。複数の波形信号のそれぞれは複数のレーダのうちの特定のレーダにより送信され得る。システムはプロセッサ及びメモリを有する、複数のレーダと一体となったコンピュータシステムを含む。メモリは、複数のレーダから受信したデータ、プロセッサにより処理されたデータ、及びプロセッサによって実行可能な処理コードを含む情報を格納するように構成される。処理コードは、送信されたネットワーク波形信号の結果として得られる、複数のレーダからの出力データを受信する命令と、ネットワーク波形信号に基づいて、環境の測定結果を判定するために複数のレーダからの出力データを統合処理する命令と、を含んでよい。
(もっと読む)


本発明の実施形態では、二重偏波レーダシステムにおける環境パラメータの改良された推定を提供する。いくつかの実施形態では、環境パラメータは、2つの直交する偏波状態において受信されたデータの線形結合を用いて推定されうる。特に、発明の実施形態は、二重偏波レーダシステムにおける地上反射波及びノイズの低減を改良する。さらに、発明の実施形態はまた、二重偏波レーダシステムにおける、反射率の差及び/または同極の相関係数の大きさの少なくともいずれか、及び位相差を決定するためのシステムを提供する。
(もっと読む)


大気条件を予測する方法及びシステムが発明の実施形態にかかり開示される。1つの実施形態では、方法は大気により反射されたデータを受信する工程と、大気により反射されたデータを用いて、動き係数を求める運動方程式を解く工程と、を含む。さらに、動き係数及び大気により反射されたデータを用いて、今後の大気条件が予測される。発明の他の実施形態では、運動方程式は周波数領域で解かれる。様々な線形回帰手段が、係数を解くために用いられ得る。システムの他の実施形態では、レーダシステムは、スペクトル運動方程式を解くことにより今後の大気条件を予測することが開示される。
(もっと読む)


1 - 10 / 17