チルドレンズ ホスピタル メディカル センターにより出願された特許

1 - 10 / 40


【課題】皮膚疾患を処置するためのエクオールの使用の提供。
【解決手段】エクオール(7−ヒドロキシ−3(4’ヒドロキシフェニル)−クロマン)は、植物性エストロゲンのダイゼインの主要な代謝産物であり、インビトロおよびインビボで5αジヒドロテストステロン(DHT)に特異的に結合し、そのホルモン作用をブロックする。エクオールは、循環する遊離のDHTに結合し得、アンドロゲンレセプターから隔離し得、従って、アンドロゲンによって調節される増殖および生理学的ホルモン応答を変化させる。これらのデータは、エクオールの生物学的特性を説明するための新規のモデルを示唆する。エクオールがDHTに特異的に結合してDHTをアンドロゲンレセプターから隔離する能力の意味は、健康と疾患との間の重要な分岐を有し、皮膚および毛のアンドロゲン媒介性病理を処置および予防する際のエクオールの広範かつ重要な使用を示し得る。 (もっと読む)


【課題】アンドロゲンによって仲介される疾患を治療するためのエクオールの使用の提供。
【解決手段】エクオール(7-ヒドロキシ-3(4’ヒドロキシフェニル)-クロマン)即ちフィトエストロゲンであるダイゼインの主な代謝産物は、in vitroおよびin vivoで5α-ジヒドロテストステロン(DHT)と特異的に結合し、そのホルモン作用をブロックする。エクオールは、循環する遊離のDHTと結合し、これをアンドロゲン受容体から隔離することができ従ってアンドロゲンによって調節される増殖及びホルモンの生理学的反応を変えることができる。これらのデータはエクオールの生物学的性質を説明するための新規のモデルを示唆している。DHTと特異的に結合しこれをアンドロゲン受容体から隔離するエクオールの能力の有意性は、健康及び疾患における重要な効果をもち、アンドロゲンによって仲介される病態の治療及び予防におけるエクオールの広範かつ重要な使用法を示すことができる。 (もっと読む)


【課題】NGALを早期尿バイオマーカーとして利用する、早発型の腎尿細管細胞障害を検出するための方法およびキットを提供する。
【解決手段】NGALは、小さな分泌ポリペプチドであり、プロテアーゼ耐性があることから、腎尿細管細胞障害後の尿中で容易に検出される。NGALタンパク質の発現は、主に近位尿細管細胞中で、分泌タンパク質によく似た点状細胞質分布中に認められる。尿中でのNGALの出現は、腎虚血および腎毒症の投薬量および持続時間に関連しており、腎尿細管細胞障害および腎不全の診断となる。NGALの検出は、薬物または他の治療薬の腎毒性副作用をモニターするマーカーとしても有用である。 (もっと読む)


【課題】患者の血液から流体を除去するための血液濾過システムおよび血液濾過システムを制御する方法を提供する。
【解決手段】このシステムは、排出液、血液、および注入液の流量を連続的にモニタする。必要なとき、この注入液、排出液および血液のポンプ流量を調節して、この血液から予め選択した量の流体を予め選択した時間に除去する。監視制御装置160が、心拍数120および血圧130のような、患者パラメータをモニタし、従ってポンプ流量を調節できる。この監視制御装置160は、所望の流量を達成するように各ポンプ流量を制御するために、および故障状態に対応するために、1組の監視ルールに基づいて、エキスパート決定を行うためにファジィ論理を使う。ファジィ論理は所望の限外濾過速度に依存する幅を有する少なくとも一つのメンバーシップ関数を用いる。 (もっと読む)


【課題】肝臓、肺、腎臓及び腸から成る群から選択される、器官を維持する方法を提供する。
【解決手段】器官を3α,7β−ジヒドロキシ−5β−コラン−24−酸(UDCA)のスルフェートまたはそれらの塩によって灌流する工程を含む方法。 (もっと読む)


乳オリゴ糖または乳オリゴ糖を含む複合糖質の投与を含む、被験体において炎症を阻害する方法が開示される。本発明の1つの局面は、その必要のある被験体に、1つまたはそれ以上の乳由来オリゴ糖またはそのオリゴ糖を含む1つまたはそれ以上の複合糖質を含む、有効な量の組成物を投与することによって炎症を阻害する方法を特徴とする。乳由来のオリゴ糖は、オリゴ糖の非還元末端に位置する第1の糖単位(すなわち、フコース、ガラクトース、マンノース、またはシアル酸)、および第1の糖単位に直接連結した第2の糖単位(すなわち、ガラクトース、グルコース、マンノース、またはN−アセチルグルコサミン)を含む。
(もっと読む)


Pドメインのみを有し、抗原−ノロウイルスPドメインモノマーと称される置換ノロウイルスカプシドタンパク質モノマーは、分子クローニングによって各Pドメインモノマー上に存在する3個の表面ループの1個以上に挿入された外来抗原を含む。抗原−Pドメインモノマーは、集合して、24個の抗原−Pドメインモノマーのコピーからなる、抗原−ノロウイルスP粒子と称される八面体形態を自然発生的に構築できる。各置換Pドメインモノマーは、各抗原−P粒子上の合計24〜72個の抗原コピーにつき、1〜3個の外来抗原のコピーを含む。抗原−P粒子は、外来ウイルス、例えばロタウイルスに感染した個体の診断、免疫および処置のための方法において有用であり、多くの感染症および非感染症に対する新規なワクチンの開発のための外来抗原提示用担体として利用できる。置換ノロウイルスP粒子は大腸菌および酵母において容易に製造でき、高度に安定であり、広範な物理化学的状態を許容する。修飾ノロウイルスPドメインモノマーは、表面ループに候補外来抗原を簡便に挿入するためのユーザーフレンドリーなクローニングカセットを提供するために、Pドメインモノマーの3個のループの1個以上に挿入された1個以上の制限認識部位を含む。P粒子−VP8キメラはまた、ロタウイルスおよびノロウイルス両方に対するデュアルワクチンとしても利用できる。
(もっと読む)


【課題】S−エクオール、R−エクオール、またはS−エクオールおよびR−エクオールの非ラセミ体およびラセミ体を含む混合物よりなる市販食品および皮膚用製品の製造に用いられる組成物の提供。
【解決手段】当該組成物は、心血管疾患、脂質障害、骨減少症、骨粗鬆症、肝臓疾患、および急性の卵巣エストロゲン不足等のホルモン依存性疾患を含む疾患または関連した状態を防止または治療するために哺乳類にS−エクオールを投与する方法に有用である。当該S−エクオール鏡像異性体は微生物によるイソフラボンの代謝から生合成によって製造することができる。 (もっと読む)


本発明は、融合タンパク質を利用した、皮膚膜、粘膜及び他の細胞膜内に及び/又は皮膚膜、粘膜及び他の細胞膜を通して、並びに血液脳関門を通して薬学的因子及び/又は画像化因子を送達する方法を含む。融合タンパク質はリン脂質膜、例えばリポソームと結び付く。リポソームは負に荷電した長鎖脂質であるジオレオイルホスファチジルセリンを含み得る。代替的に、リポソームは負に荷電した長鎖脂質と、中性の長鎖脂質と、中性の短鎖脂質との混合物からなる。好ましい融合タンパク質はサポシンCと、サポシンCに由来する他のタンパク質、ポリペプチド及びペプチド類似体とを含む。リポソーム内に含有される活性剤は生体分子及び/又は有機分子を含み得る。この技術は活性剤を生体膜内に及び/若しくは生体膜下に、又は血液脳関門及びニューロン膜を通して送達することを目的とする化粧用途及び医薬用途の両方に使用することができる。 (もっと読む)


【課題】神経系におけるホスホジエステラーゼの調節に関連する疾患または障害の治療に使用可能な新規な組成物または薬物の開発に使用できる新規なスクリーニング方法を提供すること、および、少なくともある程度はホスホジエステラーゼによりモジュレートされる細胞内シグナル伝達経路の異常または調節障害による疾患または障害の治療剤を開発すること。
【解決手段】ドーパミンD1細胞内受容体を発現する細胞または組織におけるドーパミンD1細胞内シグナル伝達経路の活性を増強するための医薬であって、PDE1Bと結合しまたはその発現を変化させ、その結果ドーパミンD1受容体の活性を増強するためにPDE1B媒介cAMP加水分解を低減する化合物を有効成分として含む、上記医薬により、上記課題を解決する。 (もっと読む)


1 - 10 / 40