Fターム[5H180AA00]の内容

交通制御システム (133,182) | 制御、検出の対象 (16,345)

Fターム[5H180AA00]の下位に属するFターム

Fターム[5H180AA00]に分類される特許

1 - 4 / 4


【課題】運転者にとって必要な報知を適切に行うことができる前方監視装置を提供する。
【解決手段】車両3周囲の画像を取得する画像センサ20と、画像取得手段により取得した画像に基づいて他車両の進行方向の合図を検出する環境情報認識ECU10と、運転者の有効視野を検出する運転者状態認識ECU11と、画像取得手段により取得した進行方向の合図の画像範囲、及び視野検出手段により検出した運転者の有効視野に基づいて運転者の認知度を推定する認知度推定ECU12と、認知度に応じて警報を発生する運転支援ECU13と、を備えることで、先行車両5の点滅するウィンカを検出して、点滅するウィンカの画像範囲D及び運転者の有効視野C1、C2に基づいて認知度Pを推定し、認知度Pに応じて警報を発生させることが可能となるので、認識しづらい先行車両5のウィンカを適切に報知することができる。よって、運転者にとって必要な報知を適切に行うことが可能となる。 (もっと読む)


【課題】目的地までの希望所要時間内で立ち寄ることができ,かつユーザにとって好適な寄り道先を提案する。
【解決手段】車両の現在位置から目的地への経路を表示するナビゲーション装置であって,前記経路による前記目的地への予定所要時間を求め,前記予定所要時間が入力された希望所要時間より短い場合は,当該希望所要時間と当該予定所要時間の差である余裕時間内に経由可能な寄り道先をユーザの嗜好の程度に応じて表示して選択入力を促し,前記寄り道先の少なくとも1つが選択入力された場合は,当該選択された寄り道先を経由する経路を表示する。 (もっと読む)


【課題】通常であればRCSが小さい物標、例えば人間、自転車、乳母車等に取付けるだけで簡単に実質的なRCSを大きくすることができ、車載レーダにより検知しやすくでき、ひいては事故の低減が図れるレーダ反射体を提供する。
【解決手段】本発明のレーダ反射体1は、二等辺直角三角形板を3枚、それぞれの直角な頂点部を隙間なく突合わせたような形状で、各面を電磁波反射面にした三角コーナリフレクタ2の複数個を基材3の表面に配置したものである。 (もっと読む)


【課題】 自車両に対し相対的に危険度の高い物体の存在を運転者に適切に認識させる。
【解決手段】 対象物画像切出部23は、対象物抽出部21にて抽出された対象物の画像を外界センサ12から入力される画像データから切り出して切出画像を生成する。切出画像表示制御部32は、対象物方向算出部29にて算出された対象物の存在方向の情報と、方向センサ18から出力される運転者の頭部の向きに係る検出信号とに基づき、運転者から見た対象物の存在方向を算出する。切出画像表示制御部32は、少なくとも、視認難易度判定部25にて算出した視認性の難度が所定難度を超えていると判定された場合、または、危険度判定部28にて算出した危険度が所定危険度を超えていると判定された場合には、対象物画像切出部23にて生成された切出画像と、運転者から見た対象物の存在方向の情報とを、副表示装置17へ出力する。 (もっと読む)


1 - 4 / 4