国際特許分類[A61P27/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化合物または医薬製剤の特殊な治療活性 (401,658) | 感覚器系疾患の治療剤 (12,382)

国際特許分類[A61P27/00]の下位に属する分類

眼科用剤 (10,511)
耳系用剤 (1,753)

国際特許分類[A61P27/00]に分類される特許

1 - 10 / 118


【課題】温感を付与できるTRPV3活性化剤、及びそれを用いた温感付与方法の提供。
【解決手段】下記式(1)で表される2−アルキルフェノール誘導体を有効成分とするTRPV3活性化剤〔式中、R1は炭素数5〜10の2級又は3級のアルキル基又は炭素数5〜10のシクロアルキル基;R2及びR3は其々独立して水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は炭素数2〜4のアルケニル基〕。
【化1】
(もっと読む)


【課題】嗅覚受容体アンタゴニズムに基づく悪臭抑制剤の提供。
【解決手段】OR5P3、OR2W1、OR5K1及びOR8H1から選択される嗅覚受容体のいずれか1に対するアンタゴニストの1種以上を有効成分とする、悪臭抑制剤。 (もっと読む)


【課題】本発明はCTGFに結合する抗体に関する。
【解決手段】本発明の抗体は、線維化に伴う生物活性に関与するCTGFの領域を特に指向する。本発明は更に、本発明の抗体を用いて、肺や肝臓、心臓、皮膚、腎臓の線維性障害等の限局性及び全身性線維性障害を含むCTGF関連障害を治療する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】c−Kitに関連する炎症性疾患、線維性疾患、自己免疫性疾患、および癌性疾患を処置する組成物、ならびにヒト化c−Kit抗体を含む組成物の提供。
【解決手段】本発明は、線維症などc−Kitに関連する障害を処置する組成物および方法に、より具体的には、ヒト化c−Kit抗体を含む組成物に関する。本発明は、モノクローナル抗体など、細胞結合型の膜c−KitレセプターにおけるSCFのアンタゴニストおよびニュートラルアンタゴニストである作用物質を提供する。c−Kitに結合するヒト化(非マウス)モノクローナル抗体を提供する。本発明は、前出の抗体または特異的結合因子のいずれかをコードする核酸配列をも提供する。 (もっと読む)


【課題】活性成分としてδ−アミノ−γ−ヒドロキシ−ω−アリール−アルカン酸アミド レニン阻害剤を含む経口投与用の医薬組成物を提供する。
【解決手段】活性成分および少なくとも1個の吸収を促進する賦形剤を含むマイクロエマルジョン前濃縮物の形態の製剤を提供する。該前濃縮物は、さらに水性溶媒中、例えば胃液中に希釈されると水中油型マイクロエマルジョンに変換する自然に分散可能な油中水型マイクロエマルジョンである。また、それらの製造方法および薬剤としてのそれらの使用を提供する。 (もっと読む)


【課題】
慢性腎臓病患者において懸念される便秘や味覚異常の改善・緩和が期待される経口栄養組成物を提供すること。
【解決手段】
オリゴ糖を含有する腎疾患患者用経口栄養組成物であって、エネルギー100kcalあたり、食物繊維を1.6〜3.0gおよび亜鉛を1.0mg以上それぞれ含有することを特徴とする腎疾患患者用経口栄養組成物であり、以下1)〜3)を好ましい態様としている。
1)エネルギー100kcalあたり、オリゴ糖が1.0g以上含有すること、
2)エネルギー100kcalあたり、タンパク質が0.5〜0.7g、EPAが50〜70mg、DHAが20〜30mg、リンが3.3〜10mg、カリウムが6.7mg以下、カルニチンが13mg以上、およびビオチンが2.0μg以上をそれぞれ含有すること、
3)前記腎疾患患者用経口栄養組成物が流動食の形態で用いられること。 (もっと読む)


【課題】澄明かつ安定で長期保存可能な、特定チアゾール誘導体を含む水性組成物を提供すること。
【解決手段】 本発明は、式(I):
−NH−X−Y−Z (I)
(式中、各記号は上記で定義した通りである)
のチアゾール誘導体またはその製薬的に許容される塩および、ポリオール、糖、糖アルコール、ホウ酸またはその塩、および水からなる群から選択される添加物を含む水性組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】HIF−1aの発現調節のための組成物と方法の提供。
【解決手段】大文字がβ−D−オキシ−LNAヌクレオチドアナログ、小文字が2−デオキシヌクレオチド、下線がβ−D−オキシ−LNAヌクレオチドアナログ又は2−デオキシヌクレオチド、下付き文字「s」が隣接するヌクレオチドとLNAヌクレオチドアナログ又は2−デオキシヌクレオチド間のホスホロチオエート結合、下付き文字「x」が隣接するヌクレオチドとLNAヌクレオチドアナログ又は2−デオキシヌクレオチド間のホスホロチオエート結合又はホスホロジエステル結合を指定し、配列が任意で2−デオキシヌクレオチドの5ユニットまで延長される、5’−()G−3’と5’−()T−3’からなる群から選択される配列からなるLNAオリゴヌクレオチドに関する。 (もっと読む)


【課題】製剤の取扱いにおいて必要とされる適切な強度を有し、しかも口腔内において速やかに崩壊する口腔内崩壊型組成物及び口腔内崩壊型製剤の提供。
【解決手段】糖アルコールから成る賦形剤と、難水溶性の崩壊剤と、滑沢剤を含有する、口腔内で速やかに崩壊する成型組成物において、エタノールの浸透速度が3.0×10−3/sec以上である滑沢剤を使用する、該組成物の健常成人の口腔内での崩壊時間を30秒以内とする方法。該糖アルコールとしては、マンニトール及び/又はエリスリトールであることが好ましい。該崩壊剤としては、ヒドロキシプロピルスターチ、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルスターチなどからなる群より選択されることが好ましい。該滑沢剤としては、ロイシン、フマル酸ステアリルナトリウム、タルク又はステアリン酸からなる群より選択されることが好ましい。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

1 - 10 / 118