Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
放射線熱遮蔽膜・断熱遮蔽膜・熱線遮蔽膜・熱遮蔽膜パネル・熱遮蔽膜シート・熱遮蔽膜樹脂・各種熱遮蔽膜ガラスとその製造方法
説明

放射線熱遮蔽膜・断熱遮蔽膜・熱線遮蔽膜・熱遮蔽膜パネル・熱遮蔽膜シート・熱遮蔽膜樹脂・各種熱遮蔽膜ガラスとその製造方法

【課題】本発明は、外気温の温暖化・太陽光線に基づく温度上昇の抑制効果を有し、さらに放射線熱遮蔽膜・断熱遮蔽膜・熱線熱遮蔽膜等の効果から、建物・貯蔵庫等の外壁・内壁材・車両部材のガラス系等汎用性の提供を目的とする。
【解決手段】上記の熱遮蔽膜材は、混練・混合・添加形成無機質・金属・木材・合成有機物質・有機無機質複合材構造状含有を特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、太陽熱・放射線等の輻射熱・伝導熱による放射熱遮蔽膜・断熱遮蔽膜・熱線熱遮蔽膜・熱遮蔽膜パネルで補強される家屋・貯蔵施設・建造物等に付随した各種ガラス・各種フイルム・各種シート等の熱遮蔽効果の制御物質・組成物素子・粒子の熱遮蔽膜の製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、気温上昇に伴い外気温の温暖化から省エネルギー対策が注目され重要課題となっている。家屋・建屋等の建造物・貯蔵施設の放射線熱遮蔽膜・断熱遮蔽膜・熱線熱遮蔽膜・熱遮蔽膜パネル・熱遮蔽膜シート・各種の熱遮蔽膜ガラス等の各用途の利用が望まれている。
【0003】
しかし、放射線熱遮蔽膜・耐摩擦性熱遮蔽膜・親和性熱遮蔽膜・耐火性熱遮蔽膜・耐熱性熱遮蔽膜・断熱性熱遮蔽膜・防音性熱遮蔽膜・耐薬品性熱遮蔽膜・絶縁性熱遮蔽膜・耐腐食性熱遮蔽膜を持ち合わせている熱遮蔽膜材は得られていない。
【0004】
本発明は、上記について解決するその製造方法。
【0005】
本発明の特徴を全て持ち合わせる熱遮蔽膜形成材は無い。
【0006】
本発明の熱遮蔽膜形成材には、耐摩擦性熱遮蔽膜・親和性熱遮蔽膜・耐火性熱遮蔽膜・耐熱性熱遮蔽膜・断熱性熱遮蔽膜・防音性熱遮蔽膜・耐薬品性熱遮蔽膜・絶縁性熱遮蔽膜・耐腐食性熱遮蔽膜等を持ち合わせている。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
昨今までの建築用部材・壁材・間仕切り材等には、耐摩擦性・親和性・耐火性・耐熱性・断熱性・防音性・耐薬品性・絶縁性・耐腐食性を個別に持ち合わせており多用途に大量に使用された。しかし、熱遮蔽形成の機能を有しながら衛生上の問題を起こさない代替が求められている。
【0008】
本発明の塗料材に用いるシリカ含有量は70〜80質量%が好ましい。それ以下・以上は発泡が抑制されシリカ構造体効果が弱まる。
【課題を解決するための手段】
【0009】
シリカ質体の特性をもつ熱遮蔽材として用いることを可能とするための機能性を持つ水溶性高耐熱性バインダーの混練・混合成型を特徴としている。
【発明の効果】
【0010】
本発明に係わる熱遮蔽膜の塗装方法によると高性能効果を容易に形成することを特徴とする。
【0011】
本発明は、耐摩擦性熱遮蔽膜・親和性熱遮蔽膜・耐火性熱遮蔽膜・耐熱性熱遮蔽膜・断熱性熱遮蔽膜・防音性熱遮蔽膜・消音性熱遮蔽膜・耐薬品性熱遮蔽膜・絶縁性熱遮蔽膜・耐腐食性熱遮蔽膜の効果・機能を可能とした。機能性材料として組み合わせることで軽量化・経済性・および環境に配慮した塗料を提供する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
本発明の一種類、または二種類以上の成型で遮熱物質体をつくる。次に遮熱膜混合塗料を有する。
【0013】
熱遮蔽膜塗装方法の詳しくは、被塗装物上に70%±5の多孔質材の塗布することで実行される。
【0014】
熱遮蔽膜を塗布する被塗装物質を特定・限定しない。
【0015】
上記、限定しない物質に無機質・金属・木材・合成有機物質・有機無機複合材の使用を特徴とする。
【0016】
上記の特徴は、好ましくは、熱伝導率・蓄熱性の高いものを被塗装物とする。
【0017】
上記の塗布量は限定しないことを特徴とする。
【0018】
上記は、紫外線・可視光線の反射機能を有し環境配慮を特徴とする。
【産業上の利用可能性】
【0019】
本発明の放射線熱遮蔽膜積層物質体・断熱遮蔽膜積層物質体・熱線遮蔽膜積層物質体・熱遮蔽膜パネル積層物質体・熱遮蔽膜シート積層物質体・各種熱遮蔽膜ガラス積層物質体に要求される間仕切壁・内装材・外装・化粧スレート・建築家屋・建屋・建造物貯蔵庫等としての用途の汎用性と可能性を持つ。
【0020】
本発明の上記塗料には、シリカ構造・不燃構造・接着構造の含有構造を有していることから放射線熱遮蔽膜・断熱性熱遮蔽膜・耐熱電気絶縁膜などの特性に優れ、多用途の汎用性・可能性をもつ。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
熱遮蔽膜を被塗装物質に形成する塗装を特徴とする。
【請求項2】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項3】
前記に珪藻土顆粒を圧縮形成された熱遮蔽膜を特徴とする。
【請求項4】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項5】
前記に高耐熱性のバインダーを混煉・添加・混合形成されたことを特徴とする。
【請求項6】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項7】
前記の塗布量は、特定・限定しないことを特徴とする。
【請求項8】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項9】
上記の混合形成を一種類、または二種類以上の活用することを特徴とする。
【請求項10】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項11】
本発明の汎用性を、さらに塗料塗布を可能とする。
【請求項12】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項13】
放射線熱遮蔽膜の保持を特徴とする放射線熱遮蔽組成物・素子。
【請求項14】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項15】
断熱遮蔽膜の保持を特徴とする断熱遮蔽膜組成物・素子。
【請求項16】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項17】
熱線熱遮蔽膜の保持を特徴とする熱線熱遮蔽膜組成物・素子。
【請求項18】
前記を特徴とするその製造方法。
【請求項19】
熱遮蔽膜パネルの保持を特徴とする熱遮蔽膜パネル組成物・素子。
【請求項20】
熱遮蔽膜シートの保持を特徴とする熱遮蔽膜シート組成物・素子。
【請求項21】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項22】
熱遮蔽樹脂膜の保持を特徴とする熱遮蔽樹脂膜組成物・素子。
【請求項23】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項24】
各種熱遮蔽膜ガラスの保持を特徴とする熱遮蔽膜ガラス組成物・素子。
【請求項25】
前記を特徴とする製造方法。
【請求項26】
前記請求項1から25記載の熱遮蔽膜の塗装方法によって形成を有することを特徴とする。

【公開番号】特開2013−112815(P2013−112815A)
【公開日】平成25年6月10日(2013.6.10)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−272715(P2011−272715)
【出願日】平成23年11月25日(2011.11.25)
【出願人】(305058494)
【Fターム(参考)】