非常停止用押ボタンスイッチ

【課題】押ボタンをロック位置に施錠してリセットの誤操作を阻止する施錠機構内蔵形の非常停止用押ボタンスイッチを提供する。
【解決手段】操作部の頭部にキャップ状の押ボタン1を備え、操作部の筒形フレーム2に前記押ボタンに結合したターンボタン3、復帰ばね5、およびトリガーばね6を介してターンボタンに連繋した接点駆動用の押棒4を内装し、かつ前記フレームと押棒との間に押ボタンを押動操作位置に係止し、押ボタンの捻回操作により係止を解除するロック機構を設けたプッシュロック/ターンリセット式非常停止用押ボタンスイッチにおいて、フレームの内方に、常時は後退位置に待機し、当該スイッチを押動操作したロック状態で待機位置から押ボタンの前面側に引き出すことにより押ボタンの捻回を阻止する施錠レバー8を追加装備し、引出し位置でレバー把手部8aに南京錠などの錠前を掛けて押ボタン1のリセット操作ができないようにする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、制御盤,分電盤などに装備して使用するプッシュロック/ターンリセット式の非常停止用押ボタンスイッチに関し、詳しくは押ボタンをロック位置に施錠し、安全確保のためにスイッチを誤ってリセット操作できないようにスイッチ操作部に内蔵した施錠機構に係わる。
【背景技術】
【0002】
周知のように、頭記の非常停止用押ボタンスイッチは緊急時や機械設備の保守点検時などに押ボタンを押動操作(トリガ・アクション)して負荷(機械設備)の給電回路を強制断路するとともに、一旦押しボタンを押動操作した後は押ボタンから手を離しても接点機構を開路位置に自己保持するセーフティロック機能を持たせたプッシュロック式のコマンドスイッチであり、制御盤,分電盤などに装備して使用する場合には、押ボタンの操作部をパネル前面に突き出して盤パネルに装着して使用する。
【0003】
また、非常停止用押ボタンスイッチを押動操作してロックした状態から元の待機(ノーマル)状態に復帰させるリセット方式としては、押ボタンを引き戻すプルリセット方式,および押ボタンを捻回操作して戻すターンリセット方式があり、誤動作防止の機能面からプッシュロック/ターンリセット式の非常停止用押ボタンスイッチが多く採用されている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
一方、非常停止用押ボタンスイッチを押動操作して負荷を停止させた状態で、保守員が機械設備を点検している最中に誤って非常停止用押ボタンスイッチがリセット操作されると、負荷(機械設備)が稼働して現場で作業している保守員の人命に関わる事故が発生する恐れがあってきわめて危険である。
【0005】
そこで、従来では盤パネルの前面に非常停止用押ボタンスイッチの押ボタンを覆う施錠可能なボタンカバーを設けておき、押ボタンを押動操作したスイッチのプッシュロック状態でボタンカバーを押ボタンの前方に引出し、これに南京錠などの錠前を掛けて現場で作業中の保守員以外の第三者が無断で押ボタンをリセット操作できないようにする安全対策が一部で採用されている。なお、非常停止用押ボタンスイッチとはスイッチ機種が異なるが、押ボタンスイッチの誤操作防止機構としてパネル前面に設けたボタンカバーに南京錠を掛けてボタン操作が行えないようにした構成が知られている(例えば、特許文献2参照)。
【特許文献1】特開2003−178643号公報
【特許文献2】特開平9−17291号公報(図5)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ところで、前記した押ボタンのリセット誤操作を防ぐボタンカバーは、ボタンカバーの施錠により押ボタンが無断でリセット操作できなくなるので安全性を確保できる利点がある反面、押ボタンに並べて盤パネルの前面に取り付けたボタンカバーが障害物となって押ボタンの緊急な押動操作を邪魔し、このために負荷の緊急停止が遅れるおそれがあるし、また盤の前面に非常停止用押ボタンスイッチに接近して他の機器が並んで配置されている場合には、ボタンカバーを後付けするスペースの確保が困難である。さらに、押ボタンの前面をボタンカバーで覆うと、照光タイプの押ボタンではスイッチの操作状態が視認し難くなる問題もある。
【0007】
本発明は上記の点に鑑みなされたものであり、先記したスイッチと別部品のボタンカバーなどを使うことなく、スイッチの操作状態で押ボタンをロック位置に施錠して当事者以外の第三者による無断なリセット操作を確実に防止できるような施錠機構を内蔵した非常停止用押ボタンスイッチを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を達成するために、本発明によれば、操作部の頭部にキャップ状の押ボタンを備えたプッシュロック/ターンリセット式非常停止用押ボタンスイッチであって、操作部の筒形のフレームに前記押ボタンに結合したターンボタン、復帰ばね、およびトリガーばねを介してターンボタンに連繋した接点駆動用の押棒を内装し、かつ前記フレームと押棒との間に押ボタンを押動操作位置に係止し、押ボタンの捻回操作により係止を解除するロック機構を設けたものにおいて、
前記フレームの内方に、常時は後退した待機位置に待機し、当該スイッチを押動操作したロック状態で待機位置から押ボタンの前面側に引出した引出し位置で南京錠などの錠前を掛けて押し込み操作が不能にされる施錠レバーを設けたことを特徴とし(請求項1)、具体的には施錠レバーを次記のような態様で構成する。
(1)前記の施錠レバーは、フレームの内周側に収容して操作部の前方側へスライド可能に案内支持されたリング状基体と、リング状基体の周縁上に施錠穴付きのタブ状の把手部、および押ボタンの裏面に形成した係合凸部に対向する係合凹部をそなえ、かつ押ボタンは、前記把手部に対応して前面周縁にスリット状のレバー引出用溝穴を開口する(請求項2)。
(2)前項(1)において、施錠レバーのリブ状把手部をリング状基体の対角線上に分散して設け、これに対応して押ボタンの周縁複数箇所にレバー引出用溝穴を開口する(請求項3)。
【発明の効果】
【0009】
上記の構成において、非常時,機械設備のメンテナンス時に押ボタンを押動操作して非常停止用押ボタンスイッチをロックした状態で、押ボタンのレバー引出用溝穴を通じて施錠レバーの把手部を前方に引き出すと、該レバーの基体に形成した係合凹部に押ボタンの係合凸部が嵌合して押ボタンの捻回が阻止されるようになる。そして、この状態で押ボタンの前方に引出したレバーの把手部に南京錠などの錠前を掛けて施錠することにより、施錠レバーが引出し位置に拘束されて押ボタンのターンリセット操作が行えなくなる。
【0010】
これにより、非常停止用押ボタンスイッチを押動操作して機械設備を緊急停止した状態で設備を保守点検する際に、保守員が施錠レバーに錠前を掛けておくことで、当事者以外の第三者による無断なリセット操作を確実に防止して保守作業の安全性を確保できる。
【0011】
しかも前記の施錠機構を非常停止用押ボタンスイッチの操作部に組み込んだ構成により、従来のように盤パネルにボタンカバーを付設する必要がなくなる。また、施錠レバーを押ボタンの前面側に引き出すようにしたので周囲に並ぶ他の機器と施錠レバーとが干渉することがなく、かつボタンカバーのように押ボタン(照光タイプ)の前面を覆わないので、非常停止用押ボタンスイッチの操作状態を目視確認できる利点が得られる。さらに、施錠レバーを押ボタン前面の対角上に振り分けて複数設けたことにより、機械設備の点検を複数人の保守員で行う場合でも、各人が個別に錠前を使用することで安全性を重層的に確保できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下、本発明の実施の形態を図1〜図7に示す実施例に基づいて説明する。
【0013】
まず、図4に非常停止用押ボタンスイッチの分解斜視図を表す。図において、1はキャップ状の押ボタン、2は円筒体になるスイッチの操作部のフレーム、3は押ボタン1の背後に結合したターンボタン、4はターンボタン3の後部側に連繋した押棒、5はターンボタン3とフレーム2との間に介挿した復帰ばね(捩じりコイルばね)、6はターンボタン3と押棒4との間に介挿したトリガーばね(圧縮コイルばね)、7は押ボタン1とターンボタン3との間に介在させたリング状のカバー、8は本発明により追加装備した施錠レバー、9は押ボタン1の中央穴に嵌め込んだ照光グローブ、10はターンボタン3の周面に被着したリップパッキンであり、図示してないが接点機構はフレーム2から背後に延長した小径筒部2aの内部に組み込んで前記押棒4と対峙させている。なお、前記の各部品は一部の金属部品を除いて樹脂モールド品で構成されている。
【0014】
ここで、前記押ボタン1の頂面(前面)にはターンボタン3に形成したリセット捻回方向を表示する矢印形状の突起3aを圧入して一体結合する嵌合穴1aが、ボタン周縁には後記する施錠レバー8の把手部に対応するスリット状のレバー引出用溝穴1bが対角線上に振り分けて形成されている。
【0015】
また、押棒4は円筒体になり、その外周面には縦向きのガイドリブ4a,係合爪4bを形成し、ガイドリブ4a,係合爪4bをターンボタン3の内周面に形成した軸方向のガイド溝,係合角穴に嵌合して回り止め式に案内支持するようにしており、さらに下端部の周面には角穴を開け、ここに後記のように内側からロックばねで押圧付勢されたロックチップ4cを備え、このロックチップ4cをフレーム2の内壁周面に形成した後記のロック凸条に対峙させている。
【0016】
一方、施錠レバー8は、フレーム2の周面に沿って内側に挿入したリング状基体に対して、その対角線上に振り分けて上方に起立するリブ状の把手部8a、該把手部8aと90度変位した位置に形成して後記のように押ボタンの係合突起と嵌合する係合凹部8c、および把手部8aの位置でリング状基体から内周側に先端突起が突き出す舌片状の脚片8dが形成されており、この脚片8dを後記のようにフレーム2の内周面に形成した回り止めガイド溝に嵌合して引出し可能に案内支持する。また、把手部8aには南京錠などの錠前を掛けるための施錠穴8bが穿孔されている。なお、この施錠レバー8を除いたスイッチの組立構造,動作,機能は、先記した特許文献1に開示されている非常停止用押ボタンスイッチと基本的に同様である。
【0017】
次に、前記構成になる非常停止用押ボタンスイッチの各動作状態を図1〜図3に示す。まず、図1(a)は非常停止用押ボタンスイッチのノーマル(待機)状態を表し、押ボタンの1は先記復帰ばね5のばね力を受けてフレーム2の前方に突き出し、施錠レバー8はフレーム2の内方で後退位置に待機してその把手部8aはレバー引出用溝穴1bの奥に引っ込んでいる。また、図1(b)は押ボタン1を矢印A方向に操作してロックし、さらにレバー引出用溝穴1bより施錠レバーの把手部8aを前方に引き出した状態を表しており、この状態では押ボタン1が施錠レバー8に拘束されて押ボタン1の捻回操作が阻止される。
【0018】
一方、図2は図1(b)のロック状態で、押ボタン1の前方に引出した左右のレバー把手部8aに開口した施錠穴8bに南京錠11,シザースロック12(複数の南京錠に対応した施錠補助具)を掛けたスイッチの施錠状態を表しており、この状態では錠前を解錠して南京錠11,シザースシザースロック12をレバー把手部8aから外し、さらにレバー把手部8aを待機位置に押し込まない限りは、押ボタン1をターンリセット操作することが不能である。したがって、非常停止用押ボタンスイッチを操作して負荷を停止した状態で、機械設備を点検する保守員が図2のように押ボタン1の前方に引出した施錠レバーの把手部8aに錠前を掛けて施錠しておけば、当事者以外の第三者による無断なリセット操作を確実に防ぐことができる。また、南京錠11、シーザーロック12は、押ボタン1の前方から引き出したレバー把手部8aに施錠するようにしたので、どのような方向にも回転が可能となり、施錠時や解錠時のキーの抜差しが容易となる。
【0019】
さらに図3は、押ボタン1をロック位置から捻回してリセットさせる状態を表しており、図2の施錠状態から錠前を取り外し、さらに施錠レバーの把手8aを待機位置に押し込んで押ボタンの拘束を解除した上で押ボタン1を矢印C方向に45度ほど捻回すると、先記した押棒4/フレーム2のロックが釈放され、これにより押ボタン1は復帰ばね(捻りコイルばね)5のばね力を受けて矢印D方向にポップアップすると同時に、時計方向に回転して図1のノーマル位置に復帰する。
【0020】
次に、図1(a),(b)に対応する非常停止用押ボタンスイッチのノーマル,ロック状態、および施錠レバーを引出して押ボタンの捻回操作を阻止した状態に対応するスイッチ内部機構の動作を図5〜図7で説明する。
【0021】
まず、図5(a)〜(c)に示すノーマル状態では、押ボタン1,ターンボタン3は復帰ばね5のばね力を受けてフレーム2の前方に突き出し、ターンボタン3に係合,案内支持された押棒4は、ロックばね4dの付勢で周面から突き出したロックチップ4cがフレーム2の内周面に形成したロック凸条2bの上側に位置している。なお、ロック凸状2bは周方向に延在し、ターンリセットの捻回角度に合わせて凸条がロックチップ4cの擦り抜けを許容するように切欠かれている。また、この状態では施錠レバー8は押ボタン1の背後に引っ込んで待機しており、この待機位置でリング状基体から内側に突き出した脚片8d(図4参照)がフレーム2の内筒壁面に形成した軸方向のガイド溝2cに嵌合して回り止め案内支持されている。なお、図中で13はフレーム2を制御盤などの盤パネルに固定する締結ナット、14は各部品の相互間に配したパッキン部材である。
【0022】
一方、図6(a),(b)に示すロック状態では、押ボタン1の押動操作(矢印A)によりトリガーばね6のばね力を受けた押棒4が矢印E方向に移動し、この移動過程でロックチップ4cがフレーム2のロック凸条2bを乗り越えてその下側に係止されると同時に押棒4がフレーム2の延長部に収納した接点機構(図示せず)の接点を開極させる。さらに、この状態では押棒4の周面に形成した係合爪4bがターンボタン3に係合し、ターンボタン3とともに押ボタン1をロック位置に保持する。なお、この状態になると施錠レバー8の把手部8aの頭が押ボタン1のレバー引出用溝穴1bから僅かに突き出す。
【0023】
前記のロック状態で、僅かに突き出している施錠レバー8の把手部8aを押ボタン1の前方に引き出すと、図7(a),(b)で表すように施錠レバー8の係合凹部8cが押ボタン1の裏面側に形成した係合凸部1cに嵌合し、同時に鎖錠レバー8の基体がフレーム2の内筒壁面に形成した凸段部2dを乗り越えて引出し位置に保持される。これにより、押ボタン1の捻回,ターンリセット操作が阻止されることになる。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】本発明の実施例による非常停止用押ボタンスイッチの外観図で、(a)はノーマル状態,(b)は押ボタンを押動操作したロック位置で施錠レバーを引出した状態を表す図
【図2】図1(b)で施錠レバーの把手部に錠前を掛けた施錠状態の外観図
【図3】図2の状態から鎖錠レバーを押し込んだ上で押ボタンを捻回操作したターンリセットの状態を表す図
【図4】図1の非常停止用押ボタンスイッチの内部構造を表す分解斜視図
【図5】図1(a)に対応したノーマル状態における内部機構の説明図で、(a)は縦断側面図、(b)は(a)と90度向きを変えた一部断面の側面図、(c)は一部断面した底面図
【図6】非常停止用押ボタンスイッチのロック状態における内部機構の動作説明図で、(a)は縦断側面図、(b)は(a)と90度向きを変えた一部断面の側面図
【図7】図1(b)に対応した施錠レバーの引出し状態における内部機構の動作説明図で、(a)は縦断側面図、(b)は(a)の矢視X−X断面図
【符号の説明】
【0025】
1 押ボタン
1b レバー引出用溝穴
1c 係合凹部
2 操作部フレーム
3 ターンボタン
4 押棒
5 復帰ばね
6 トリガーばね
8 施錠レバー
8a 把手部
8b 施錠穴
8c 係合凹部
11 南京錠(錠前)
12 シザースロック

【特許請求の範囲】
【請求項1】
操作部の頭部にキャップ状の押ボタンを備えたプッシュロック/ターンリセット式非常停止用押ボタンスイッチであって、操作部の筒形のフレームに前記押ボタンに結合したターンボタン、復帰ばね、およびトリガーばねを介してターンボタンに連繋した接点駆動用の押棒を内装し、かつ前記フレームと押棒との間に押ボタンを押動操作位置に係止し、押ボタンの捻回操作により係止を解除するロック機構を設けたものにおいて、
前記フレームの内方に、常時は後退した待機位置に待機し、当該スイッチを押動操作したロック状態で待機位置から押ボタンの前面側に引出した引出し位置で南京錠などの錠前を掛けて押し込み操作が不能にされる施錠レバーを設けたことを特徴とする非常停止用押ボタンスイッチ。
【請求項2】
請求項1に記載の非常停止用押ボタンスイッチにおいて、施錠レバーは、フレームの内周側に収容して操作部の前方側へスライド可能に案内支持されたリング状基体と、リング状基体その周縁上に施錠穴付きのタブ状の把手部、および押ボタンの裏面に形成した係合凸部に対向する係合凹部を備え、かつ押ボタンは、前記把手部に対応して前面周縁にスリット状のレバー引出用溝穴を開口したことを特徴とする非常停止用押ボタンスイッチ。
【請求項3】
請求項2に記載の非常停止用押ボタンスイッチにおいて、施錠レバーの把手部をリング状基体の対角線上に分散して設け、これに対応して押ボタンの周縁複数箇所にレバー引出用溝穴を開口したことを特徴とする非常停止用押ボタンスイッチ。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate


【公開番号】特開2009−187836(P2009−187836A)
【公開日】平成21年8月20日(2009.8.20)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2008−27915(P2008−27915)
【出願日】平成20年2月7日(2008.2.7)
【出願人】(390021186)株式会社秩父富士 (54)
【出願人】(508296738)富士電機機器制御株式会社 (298)
【Fターム(参考)】