説明

日東電工株式会社により出願された特許

5,451 - 5,460 / 5,557


【課題】 多孔質膜付触媒バグフィルタの圧力損失を低く抑え、かつ逆洗の繰り返しによっても剥離しにくい多孔質膜を備えた、多孔質膜付触媒バグフィルタの製造方法を提供する。
【解決手段】 上記課題を解決するための多孔質膜付触媒バグフィルタの製造方法は、触媒バグフィルタに多孔質膜を貼り付けた多孔質膜付触媒バグフィルタの製造方法において、濾布原反の一方の面に第1の多孔質膜を貼り付ける工程と、前記一方の面に第1の多孔質膜を貼り付けた濾布原反に触媒を担持させる工程と、前記触媒を担持させた濾布原反の他方の面に第2の多孔質膜を貼付する工程と、前記第1の多孔質膜が外側に配置されるように前記濾布原反を筒状に形成する工程と、より成ることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 工数および手間の軽減を図りつつ、グランド端子を形成して、製造コストを低減できる、回路付サスペンション基板の製造方法を提供すること。
【解決手段】 金属基板2の上に、グランド端子13の形成位置にベース開口部3を有するベース絶縁層4を形成し、ベース開口部3内の金属基板2およびベース絶縁層4の上に、金属薄膜5を形成し、その金属薄膜5の上に、導体パターン7を形成する。ベース絶縁層4の上に、導体パターン7を被覆しかつベース開口部3に対向するカバー開口部8を有するカバー絶縁層9を形成する。金属基板2に、ベース開口部3およびその周囲のベース絶縁層4が露出する基板開口部11を形成し、導体パターン7から給電して、カバー開口部8内の導体パターン7の両面に、電解めっき層12を形成し、電解めっき層12と金属基板2とが導通するように、基板開口部11内に金属充填層14を形成する。 (もっと読む)


【課題】半導体素子を成形、封止等する際の樹脂の充填性を向上させることができる半導体封止用樹脂組成物を提供する。
【解決手段】下記の(A)〜(D)成分を含有し、成形温度におけるゲル化時間が15秒以上27秒以下で、かつ、(D)成分の含有量が、半導体封止用樹脂組成物全体の86〜95重量%の範囲内に設定されている半導体封止用樹脂組成物である。
(A)熱硬化性樹脂。
(B)硬化剤。
(C)硬化促進剤。
(D)無機質充填剤。 (もっと読む)


【課題】 使用したクリーニング部材の表層に付着したパーティクルを除去して、新品同様のクリーニング部材の表面状態に再生する半導体装置用クリーニング部材の再生方法を提供することを課題とする。

【解決手段】 ウエハ1の少なくとも片面にポリアミック酸を熱硬化させた耐熱性樹脂からなるクリーニング層2が設けられてなる半導体装置用クリーニング部材の再生方法であって、上記クリーニング層の表層に付着したパーティクルをドライエッチング方式を用いて除去することを特徴とする半導体装置用クリーニング部材の再生方法。 (もっと読む)


【課題】 高いコントラスト比を有する横電界方式の液晶表示装置を提供する。
【解決手段】 横電界方式の液晶パネルと、第1および第2の偏光板と、第1、第2の光学フィルムを含む液晶表示装置において、第1の光学フィルムは、nz>nx≧nyの関係を有する位相差フィルムA1と、面内位相差(Re)が200〜300nmであり、nx>nz>nyの関係を有し、三次元屈折率が制御された位相差フィルムBを含み、第2の光学フィルムは、nz>nx≧nyの関係を有する位相差フィルムA2を含み、かつ、位相差フィルムBの遅相軸と上記第1および第2の偏光板の吸収軸が平行または垂直であることを特徴とする液晶表示装置。 (もっと読む)


【課題】半田耐熱試験においても透過率の減少が抑制された、半田耐熱性に優れた低損失な紫外線硬化型樹脂組成物を提供する。
【解決手段】下記の(A)〜(C)を含有する紫外線硬化型樹脂組成物である。
(A)オキセタニルシルセスキオキセタン。
(B)下記の一般式(1)で表される液状エポキシ樹脂。
【化1】


(C)光重合開始剤。 (もっと読む)


【課題】 大きな圧力を加えずとも、突起電極と接続端子とを確実に接続することができ、導体パターンを高密度に形成しても、断線を防止することのできる、配線回路基板、および、その配線回路基板に半導体素子が搭載された半導体装置を提供すること。
【解決手段】 接続端子4を一体的に有する導体パターン3を備える配線回路基板1において、接続端子4には、接続側の表面に、接続端子4の幅方向の中央部において、その長手方向にわたって凸部5を設ける。接続端子4とバンプ14とは、圧着(熱圧着)により、凸部5をバンプ14に減り込ませて接続する。この接続では、接続端子4の基部6がバンプ14に減り込まなくても、凸部5のバンプ14に対する減り込みにより、これらを接続することができる。 (もっと読む)


【課題】 ガラスや水面などの反射体に対する配置角度に拘わらず、反射体の表面反射光を遮断して視認性を高めることができる偏光フィルターを提供すること。
【解決手段】 法線方向の入射光に対しては円偏光を透過する機能を有し、斜め方向の入射光に対しては直線偏光を反射する機能を有することを特徴とする偏光フィルター。 (もっと読む)


【課題】 ワークに沿って前進移動させながら粘着テープを貼付けローラに供給し、この粘着テープをワークのテープ貼付け面に押圧して貼付けてゆく粘着テープ貼付け方法において、粘着テープから剥離されたセパレータに邪魔されることなく円滑に粘着テープ貼付けを行うことができるようにする。
【解決手段】 セパレータ付きの粘着テープTをテープ供給ローラ10への巻回によって方向転換して貼付けローラ6に導くとともに、テープ供給ローラ10のテープ巻回部位において粘着テープTからセパレータstを剥離し、剥離したセパレータstを、テープ供給ローラ10に対向して配備されたセパレータガイド15によって横外方に案内する。 (もっと読む)


【課題】電極/セパレータ間に十分な接着性を有し、電池の製造後は、それ自体、高温の環境下においても、熱収縮の小さいセパレータとして機能する多孔質フィルムを含む電池用正極/反応性ポリマー担持多孔質フィルム/負極積層体を提供する。
【解決手段】分子中に3−オキセタニル基とエポキシ基とから選ばれる少なくとも1種の反応性基を有する架橋性ポリマーを用意し、多孔質フィルムに担持させてなる反応性ポリマー担持多孔質フィルムとなし、上記反応性ポリマー担持多孔質フィルムの片面当たりの反応性ポリマーの担持量が0.3〜5.0g/m2 の範囲にあると共に、正極側の多孔質フィルム上の反応性ポリマーの担持量/負極側の多孔質フィルム上の反応性ポリマーの担持量の比が0.1〜1.0の範囲にある。 (もっと読む)


5,451 - 5,460 / 5,557