株式会社ジーシーにより出願された特許

1 - 10 / 279


【課題】多くの種類の深さの穴をより安定して歯槽骨に穿つことができるとともに、ここに含まれるドリルの種類、及びスペーサ−の種類を少なく抑えることができる人工歯根埋設用システムを提供する。
【解決手段】2〜5種類の人工歯根からなる人工歯根群、及び1〜3種類のサージカルガイドからなるサージカルガイド群から選ばれる人工歯根と前記サージカルガイドとの組み合わせに対して、所定の関係を具備する、歯槽骨に孔を開ける所定の異なる長さを有する2種類の歯科用ドリル、及び、歯科用ドリルに装着される1〜3種類のスペーサーを備えるスペーサ−群を含むものとする。 (もっと読む)


【課題】歯科補綴物用技工物をより安定して保持することができる技工物重合用ポストを提供する。
【解決手段】歯科補綴物用技工物を重合する際に、該歯科補綴物用技工物を保持する技工物重合用ポスト(10)であって、歯科補綴物用技工物に設けられた凹部に先端を挿入可能な複数の突起部(12)を有し、突起部はヤング率が5GPa以下の材料により形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】歯間ブラシ用スリーブに装着する複数種類の歯間ブラシ体を、挿入する歯間の位置に応じて、簡便に取り替えることができ、水洗い等された使用後の歯間ブラシ体を衛生的に保管することができる歯間ブラシ体収納ケースを提供する。
【解決手段】歯間ブラシ体収納ケースを、歯間ブラシ体Bを複数種類収納するためのケース本体1と、ケース本体1にヒンジ部2で開閉自在に接続され係止部3によって閉鎖される蓋体4とから構成させ、歯間ブラシ体Bの歯間ブラシ本体部Bbを挟持する保持部1aと、歯間ブラシ本体部Bbの突起部Bbaが挿入される凹状部1bとをケース本体1に設け、歯間ブラシ体Bの歯間ブラシ本体部Bbを閉鎖時にケース本体1に押し付ける突起部4aを蓋体4の天板の内面4bに設け、歯間ブラシ用スリーブSの係合部Saを挿入係合させることができる開口部を、ケース本体1の側面1cと蓋体4の側面4cとを跨ぐように形成する。 (もっと読む)


【課題】治療後の撮影の際に、それ以前に撮影したその部位の画像と有効に対比することができる画像を取得することが可能な口腔内観察装置を提供する。
【解決手段】口腔内を撮影して画像を作成する口腔内観察装置(10)であって、口腔内を動画撮影してその映像を電気信号に変換する撮像手段(12)と、映像の電気信号から静止画である画像を作成する画像処理手段(21)と、既に撮影した画像を電気信号として保存する記憶手段(22)と、を備え、画像処理手段は、既に撮影した画像を記憶手段から読み出すとともに、既に撮影した画像と撮像手段からの映像とを対比可能に同時に表示可能とする演算をおこなうことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】歯科において補綴物として総義歯の作製を行う準備段階として口腔内の印象採得を行う際に、印象採得時にハンドル部が口唇に強く接触しないので正確に印象採得することができ、咬合位置記録のための採得時に用いる際にはハンドル部を取り外すことができて精度の高い採得が行うことができる歯科用印象用トレーを提供する。
【解決手段】歯科用印象用トレーを、前歯部歯槽頂上に係合用凸部1aを有するトレー本体1と、この係合用凸部1aに係合する係合する係合部2aがL字型の先端に設けられているハンドル部2とから成る構造にする。係合用凸部1aと係合部2aとの態様としては、係合用凸部1aが突起で係合部2aがこの突起に嵌合するする穴部である態様や、係合用凸部1aがアリ状突起で、係合部2aがこのアリ状突起にスライドして係合するするアリ溝状部である態様等がある。 (もっと読む)


【課題】 硬化膨張抑制剤の影響を受けることなく表面性状が滑沢な硬化体を得ることが可能な歯科用石こう粉末を提供する。
【解決手段】 半水石こう,硬化遅延剤,減水剤,硬化膨張抑制剤として酒石酸カリウムを含む混合物に、粒径が0.1〜20μmのシリカが含まれていることを特徴とする歯科用石こう粉末とする。このとき、粒径が0.1〜20μmのシリカが5〜20重量部含まれていることが好ましい。より好ましくは5〜15重量部である。 (もっと読む)


【課題】フランジ部がシャンク部に突設されたドリルの刃部の直径の大きさに拘わらず、ドリルの刃先側から挿入して取り付けるだけで、ドリルの刃部が欠如歯部の顎骨内に侵入する深さを簡単且つ確実に規制することができるストッパーを提供する。
【解決手段】フランジ部Xaがシャンク部Xbに突設されたドリルXの刃部Xcの刃先側から挿入して取り付けられるストッパーYを、その全体を筒状に構成すると共に、ドリルXの刃部Xcを挿通する貫通穴を有し、ドリルXの刃部Xcが欠如歯部の顎骨内に侵入する深さを規制する高さを持つドリル刃侵入深さ規制部Yaと、ドリル刃侵入深さ規制部Yaと反対側の端部から軸方向に沿って複数のスリットYbaが形成されていて、ドリルXのフランジ部Xaに弾性により着脱可能に係合してドリルXを保持するドリル保持部Ybとから構成する。 (もっと読む)


【課題】一般的な形状のキーパーを取り付けることが可能で磁気吸引力を損なうことがなく、またMRI診断の際にキーパーを取り外してもキーパーが挿入されて接着固定されていた空間の縁等が傷つくことがなく、容易にキーパーの取り外しや診断後の取り付けができる根面板を、ロストワックス法により簡便に鋳造することができるようにするための可撤式キーパー対応キーパートレーを提供する。
【解決手段】キーパーが挿入されて接着固定される空間Sを有する歯科用磁性アタッチメントの根面板をロストワックス法により鋳造する際に使用される、空間Sが内部に形成された合成樹脂製又は金属製の可撤式キーパー対応キーパートレーを、底面1にその外周部1aから中心部に向けて所定幅で切欠されて空間Sに開口した開口部2を形成させた形状にする。 (もっと読む)


【課題】 水分の存在下で安定に硬化するとともに、練和物が一定の形状を保つことが可能な充填操作性に優れる根管治療に最適な歯科用セメント組成物を提供する。
【解決手段】 ポルトランドセメント粉末を主成分とする第一成分と、平均粒径が10〜200nmである無機微粉末を0.5〜30重量%含む水を主成分とする第二成分とから構成される歯科用セメント組成物である。このとき、ポルトランドセメント粉末の組成が、酸化カルシウム(CaO):55〜85重量%,二酸化ケイ素(SiO):10〜40重量%,酸化アルミニウム(Al):0〜15重量%,酸化鉄(Fe):0〜10重量%であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】より簡易にかつ精度よく咬合圧測定結果と歯列との位置関係を把握することが可能な咬合圧測定器を提供する。
【解決手段】咬合圧を測定可能なセンサ部10と、該センサ部からの情報を伝達する本体20とを備え、センサ部は、複数の層を有する積層体であり、複数の層のうち少なくとも一層は咬合圧を検知可能な感圧層であり、センサ部の最外層は咬合圧により変形し、咬合圧が除圧されても変形を保持することが可能な形状転写層である、咬合圧測定器1である。 (もっと読む)


1 - 10 / 279