説明

日光ケミカルズ株式会社により出願された特許

11 - 20 / 60


【課題】物質の皮膚透過量と透過した物質の有効性及び/又は安全性の評価を同時かつ簡便に測定できる経皮吸収評価装置及びその評価方法を提供することすること。
【解決手段】培養皮膚などの表皮等価物と、線維芽細胞、脂肪細胞、血管内皮細胞、ランゲルハンス細胞、単球細胞、色素細胞などの評価対象細胞とを用いた装置を用いることにより、物質の皮膚透過量と透過した物質の有効性及び/又は安全性の評価を同時に測定できることを見出し、本発明を完成するに至った。 (もっと読む)


【課題】皮膚や毛髪に効率的に作用することで優れた肌荒れ修復効果、傷んだ毛髪の修復効果を有する新規な構造のイオン性のポリオキシアルキレンステロールエーテル誘導体及び/又はポリオキシアルキレンスタノールエーテル誘導体、及びそれを含有する医薬品、化粧品などの外用剤組成物を提供すること。
【解決手段】ポリオキシアルキレンステロールエーテル及び/又はポリオキシアルキレンスタノールエーテルの硫酸エステル及び/又はその塩、リン酸エステル及び/又はその塩、アルキルカルボン酸及び/又はその塩、カルボン酸エステル及び/又はその塩、4級アンモニウム化合物は、それらの効果が顕著に優れることを見出した。これらを利用することにより、皮膚や毛髪に効率的に作用することで優れた肌荒れ修復効果、傷んだ毛髪の修復効果を有する、医薬品や化粧品などの皮膚外用組成物を簡便に製造することができる。 (もっと読む)


【課題】スルフヒドリルオキシダーゼ活性促進剤を提供すること。
【解決手段】リゾホスファチジン酸(LPA)及び又はその塩は、スルフヒドリルオキシダーゼ1のmRNA発現において優位な増加が認められた。リゾホスファチジン酸(LPA)及び又はその塩スルフヒドリルオキシダーゼの活性を促進する効果が顕著に優れることを見出し、本発明を完成するに至った。 (もっと読む)


【課題】高親水性で乳化力、可溶化力に優れた食品用ポリグリセリン脂肪酸エステルを使用することで、エタノールや各種の塩類を高濃度に含む食品に、香料、油脂類を安定に配合して、風味などを改善できる食品添加物組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】グリセリンを含まず、ジグリセリンの含量が3質量%以下のポリグリセリン、更にはトリグリセリン以下の低重合度ポリグリセリンの含量が20質量%以下である好ましくは分離膜により水溶性低分子量有機物を除去した食品用ポリグリセリンと脂肪酸とのエステルであるポリグリセリン脂肪酸エステルと、より好ましくはアルコール類を併用した食品添加剤組成物は、ポリグリセリン脂肪酸エステル由来の不快な味や臭いを呈することなくアルコールや各種の塩類を高濃度に含む食品に、香料、油脂類を安定に配合して、風味などを改善できる。 (もっと読む)


【課題】高分子乳化剤の安全性と、低分子乳化剤の汎用性を両立した天然由来の高分子乳化剤を利用することで、皮膚刺激性を低減し、かつ、一般的な高分子乳化剤を利用したとき特有の感触上の欠点や剤形上の制限を解消した乳化剤、及び、ナノ乳化粒子を水相へ安定に分散させることができる分散安定剤を提供することである。また、それらを利用した皮膚外用剤を提供することである。
【解決手段】平均分子量500〜10,000のイヌリンに炭素数4〜30のアルキル基を有するグリシジルエーテルを反応させて、前記イヌリン内の水酸基を、構成フルクトース1残基あたり0.001〜1の範囲にある置換度(DS)で置換したアルキルグリセリルエーテル化イヌリンを有効成分として含有する乳化剤及び分散安定剤並びにそれを含有する皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】乳化製剤及び可溶化製剤等の皮膚外用剤において優れた防腐抗菌力を発揮し、しかも皮膚刺激の少ない皮膚外用剤並びに皮膚外用剤用の防腐抗菌方法を提供することを課題とした。
【解決手段】(A)2,2−ビス(ヒドロキシメチル)プロピオン酸n−ヘキシルを0.2質量%以上と、(B)特定炭素数の多価アルコール、アルキルグリセリルエーテルおよび脂肪酸グリセリルエステルからなる群から選択される1種又は2種以上を質量比で(A)の2倍以上とを配合した皮膚外用剤は顕著な防腐抗菌効果を有すること、そして、両成分を配合することにより、安全性が高く、しかも皮膚刺激性が少ない皮膚外用剤が得られることを見出し本発明を完成した。 (もっと読む)


【課題】角質細胞間脂質に類似の液晶構造を形成し、皮膚に塗布されている間も液晶構造を安定に保持して、高いスキンケア効果を発揮するとともに製剤化が容易な、より好ましくはポリオキシエチレン系界面活性剤を含有しない新規液晶形成用乳化剤、それを含有する液晶形成乳化組成物および化粧料を提供することを課題とした。
【解決手段】ステロール、ポリグリセリン脂肪酸エステルおよびレシチンを必須成分として含有する新規液晶形成用乳化剤を含有した液晶形成組成物および化粧料は、皮膚に塗布した後も長時間にわたり角質細胞間脂質と類似の液晶構造を形成し、エマルション粒子界面膜に多量の水分を保持することで、優れたスキンケア効果や皮膚状態改善効果を示すことを見出し、課題を解決することが出来た。 (もっと読む)


【課題】光学的な補正により、皮膚表面の凹凸感をなくしてシワを隠蔽する効果と、自然な透明感を付与する効果を併せ持つ粉体を配合した化粧料を提供すること。
【解決手段】断面形状が、1辺が平均で10〜30μmの三角形状で、好ましくは長さが20〜200あるプリズム様形状の繊維状粉体を化粧料に配合することで、皮膚表面の凹凸感をなくしてシワを隠蔽しながら、併せて自然な透明感を付与する光学的補正がなされることを見出し、本発明を完成した。 (もっと読む)


【課題】夏場でも軟化し難く、また冷蔵庫でも固まり難く、保型性や泡安定性に優れた食用加工油脂及び食品を提供すること。
【解決手段】主たる構成脂肪酸がベヘニン酸である多価アルコール脂肪酸エステル、好ましくは、グリセリンモノベヘニン酸エステルをマーガリン、ショートニング、ホイップクリーム等の食用加工油脂やカレールー、チョコレート、ソフトクリームなどの食品に配合することで、夏場でも軟化し難く、また冷蔵庫でも固まり難く、保型性や泡安定性が改善できることを見出し、本発明を完成した。 (もっと読む)


【課題】セリンプロテアーゼHtrA1及び/又はHtrA2の活性阻害剤を提供する。
【解決手段】カバノキ科カバノキ属に属する植物、アカネ科カギカズラ属に属する植物、発酵茶葉由来成分及び/又はテアフラビン類をセリンプロテアーゼHtrA1及び/又はHtrA2の活性阻害剤とし、該活性阻害剤を外用剤に配合することで、肌荒れ予防、肌荒れ緩和及び/又は肌荒れ症状改善効果、色素沈着予防、色素沈着緩和及び/又は色素沈着改善効果、しわ形成予防、しわ形成緩和、及び/又はしわ改善等を可能ならしめる。 (もっと読む)


11 - 20 / 60