説明

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションにより出願された特許

61 - 70 / 4,084


【課題】サーバのテストのためにトランザクションを再生する際に、トランザクションの再生による不正の発生を抑制し、かつ、トランザクションの再生に要する時間を短縮する。
【解決手段】再生シナリオ生成装置40では、SI画面決定部46が、どの画面からでも遷移可能なSI画面をトレースの統計処理結果から決定し、シナリオ取得部47が開始点でアクティブなセッションのシナリオをトレースから取得すると、ショートカット処理部48が、そのシナリオを、認証画面から開始点までの同じSI画面の間の画面遷移をカットすることで短縮し、接木処理部49が、そのシナリオを、認証画面から開始点以前のSI画面までの画面遷移に代えて、トレースの統計処理結果から得られた最短画面遷移を接木することで短縮し、再生速度調整部51が、シナリオの再生速度を調整し、シナリオ出力部53が、これらの処理の結果を出力する。 (もっと読む)


【課題】ドメインにまたがるデータのリンク付けに於いて、アクセス権限に応じたビューを適切に提供する。
【解決手段】ドメイン・データ所有者は、データの階層に従って同一の開示先をグループ化し、葉のグループを共通鍵で暗号化し、暗号化されたグループを名前の要素で書き換える。全グループの共通鍵を開示先の公開鍵で暗号化し公開データMとする。リンク設定者は、共通鍵にて各グループを復号し、リンクに基づきグループ毎にテーブルを生成しテーブルの各レコードを親に向かって伝播する。共通鍵にてテーブルを暗号化し得られたデータ全体を共通鍵で暗号化する。更にリンクの開示先の公開鍵で共通鍵を暗号化して公開データNとする。参照者は、データNとデータMとを秘密鍵で復号して共通鍵を得、ドメイン・データ、リンクデータを復号する。この時、テーブルの各レコードを子に向かって伝播し、リンク名が同じものは子のレコードで置き換える。 (もっと読む)


【課題】 流体のモル浸透圧濃度を測定するためのシステムおよび方法を提供する。
【解決手段】 本発明の流体のモル浸透圧濃度を測定するためのシステム200は、実質的に平面の層225と、前記層の上に配置された受け入れ部分235と、前記層の下に配置された少なくとも一つの棚230と、前記受け入れ部分の周辺部の内部にあり、前記層を通って延在するホール240と、を有するホルダ205と、スルー・ホール260と、前記受け入れ部分の内部形状に実質的に一致する外部形状とを有するガイド210と、を含み、前記ガイドが前記受け入れ部分の中に受け入れられると、前記ホールと前記スルー・ホールは互いに位置合わせされ、さらに前記ホールと前記スルー・ホールは試験部位と位置合わせされるように配置され、前記少なくとも一つの棚に隣接して配置された電極270をさらに含む。 (もっと読む)


【課題】n次元の(トーラスまたはメッシュ)ネットワークを構成している複数のノード(プロセッサ)間において、全対全通信(A2A:all-to-all communication)を含む複数の計算処理を、最適にスケジューリングすること。
【解決手段】ネットワークを構成している複数のノード(プロセッサ)を、第1の部分グループに含まれる複数のノード間のみについての全対全通信に要する通信(計算処理)フェーズ(A2A−L)と、第2の部分グループに含まれる複数のノード間のみについての全対全通信に要する通信(計算処理)フェーズ(A2A−Pとに分け、複数のスレッド(スレッド1、スレッド2、スレッド3、スレッド4)にわたって、それぞれのフェーズをオーバーラップさせて並列処理する。FFT(Fast Fourier Transform)(高速フーリエ変換)やT(transpose)((内部:internal)転置)という複数の計算処理についてもあわせて、並列処理することができる。 (もっと読む)


【課題】広い面積にわたって基板上にナノ粒子を均一に堆積することができる方法を提供する。
【解決手段】パターニングした基板上にナノ粒子を位置付ける方法を対象とし、この方法は、パターニングした基板に選択的に位置付けたくぼみを設けるステップと、パターニングした基板にナノ粒子の溶液または懸濁液を塗布してぬれた基板を形成するステップと、を含む。ぬれた基板の表面をワイパ部材で拭いて、ぬれた基板から塗布したナノ粒子の一部を除去して、塗布したナノ粒子の残り部分の大多数が基板の選択的に位置付けたくぼみ内に配されるように残す。また、本発明は、位置付けたナノ粒子からカーボン・ナノチューブを形成する方法も対象とする。 (もっと読む)


【課題】 コンピュータのメモリ上にあるデータに対する、読み取りや書き込みなどの特性を、低いオーバーヘッドで検出する技法を提供すること。
【解決手段】 メモリ分別プロファイラは、対象プロセスのページを間欠的に、すなわち、定期的または一時的にアクセス禁止、または書き込み禁止にする。このとき、メモリ分別プロファイラは、対象アドレスのページフォールト・ハンドラの機能を果たす。ページフォールトを検出すると、そのアドレスとアクセス種別を対象プロセスに通知し、ページを元の状態に戻す。このとき、読み出しアクセスだった場合は、ページをまず、読み出しのみ(書き込み禁止)に変更してもよい。対象プロセスは、通知された情報から、データを、(ある時点以降は)全くアクセスされない(N)、読み出しアクセスのみしか行われない(R)、読み書き両方が行われる(W)に分別する。調査結果に基づき、対象プロセスのメモリ割り当て機構が、RやWのデータをそれぞれ別ページに再配置し、測定を継続する。 (もっと読む)


【課題】シンプルな構成のKVS上で、ロールバックを不必要に発生させることなく、分散トランザクションを実現する。
【解決手段】キーをグローバル・トランザクションID、バリューを{トランザクションの状態,終了待ちグローバル・トランザクションID}とする、管理用マップ412a〜412dを用意する。グローバル・トランザクションの開始処理では、管理用マップのキーを管理するサーバ106a〜106d上で、管理用ローカル・トランザクションを開始する。グローバル・トランザクションの終了を待機する処理では、管理用マップのキーを管理するサーバ上で、ロック開放待ち用ローカル・トランザクションを開始し、競合するトランザクションの終了を待機する。 (もっと読む)


【課題】複数のドライブ又は複数のメディアが保持するエラー情報に基づくエラーに関する判断を、ドライブで行えるようにする。
【解決手段】テープドライブのコントローラ30において、エラー検出部31が検出したエラーをエラー復旧部32が復旧できなかった場合に、エラーレポート生成部33が、エラーレポートを生成し、エラー情報取得部34が、このテープドライブ及びこのテープドライブに装填中のカートリッジのエラー情報を取得し、エラー情報交換部35が、他のテープドライブ及び他のテープドライブに装填中のカートリッジのエラー情報を取得し、エラー原因判定部37が、これらのエラー情報に基づいてエラー原因がテープドライブかカートリッジかを判定し、エラーレポート更新部38が、エラーレポートをこの判定の結果で更新し、エラーレポート出力部39が、更新後のエラーレポートをホストへ出力する。 (もっと読む)


【課題】 異なる階層構造の構造文書に変換するための変換規則のコンパクトなグラフィカル表現を可能とする変換規則の生成の支援技術を提供する。
【解決手段】 変換規則生成支援装置は、変換規則のグラフィカルな表現を生成し、表示するためのユーザ・インタフェースと、変換規則のグラフィカルな表現からテキスト形式の変換規則を求める復元部とを含む。ユーザ・インタフェースはシンタックスに基づく階層構造をもつ変換元構造文書の入力要素とセマンティックスに基づく階層構造をもつ変換先構造文書の出力要素の対応付けにおいて、1対多及び多対1の変換規則の生成を許容する。復元部は、1対多変換規則に対しては、変換先構造文書の深さ優先順に基づき複数の出力要素の出力順を決定し、多対1変換規則に対しては、変換元構造文書の階層構造に基づき各入力要素について出力要素の出力先を決定する。 (もっと読む)


【課題】 比較的容易に測定可能なバッテリの計測値を使って、所定の統計的モデルに基づき、統計的計算により、バッテリの内部状態を直接測定した値を近似する値を得て、これに従い、バッテリの容量維持率を予測する技法を提供すること。
【解決手段】 バッテリの内部状態を表す基礎データ(正負極交流インピーダンス曲線プロットから抽出した特徴量など)を基に容量維持率を算出する観測モデルと、1ステップ前の内部状態、劣化環境(SOCすなわち実際に使うことができる電池容量、温度など)を現在の内部状態へ写像する遷移モデルとが予め用意される。そして、これらのモデルを用いて、尤度が最大、すなわち、これらのモデルから計算された予測値と実際の値との差異の自乗和が最小となる内部状態の遷移パスを、好適には動的計画法である最適化手法により求め、容量維持率を予測する。 (もっと読む)


61 - 70 / 4,084