キネテイツク・リミテツドにより出願された特許

1 - 10 / 93


【課題】電流利得遮断周波数fの改良された値を示すことのできる、別の形のFETを提供する。
【解決手段】電界効果トランジスタ(FET)は、ベースバイアスを使用して伝導への真性の寄与を低減させ漏れ電流を減少させる種類のものであり、連続した4層102から108を含む。すなわち、pInSbベース層102、InAlSb障壁層104、π真性層106および絶縁SiO層108である。pのソースおよびドレイン層110、112が、真性層106にイオン注入される。FETは、エンハンスメントモードMISFET100であり、バイアスによって真性層106にFETチャネルが形成される。絶縁層108の表面はほぼ平坦であり、ゲートコンタクト116を支持する。これによって、ゲート溝の侵入によって引き起こされるチャネルの直線性からのずれをなくし、または減少させ、高い値の電流利得遮断周波数を得ることができるようにする。 (もっと読む)


(i)反応混合物中に液晶相を形成するのに十分な量の界面活性剤の存在下でリチウム塩を1つ以上の遷移金属塩と反応させるステップ、(ii)反応混合物を加熱してゾル−ゲルを形成するステップ、及び(iii)界面活性剤を除去して、メソポーラスな生成物を残すステップを含むメソポーラスなリチウム遷移金属化合物の合成方法を提供する。前記メソポーラスな生成物は酸化物、リン酸塩、ホウ酸塩またはケイ酸塩であり得、場合によりステップ(i)で追加のリン酸塩、ホウ酸塩またはケイ酸塩試薬を添加してもよい。反応混合物は任意のキレート化剤を含み得、ステップ(i)及び(ii)の反応条件を液晶相の不安定化を防止するようにコントロールすることが好ましい。本発明は、メソポーラスなコバルト酸リチウム及びリン酸鉄リチウムを製造するために特に適している。前記方法は、10m/gを超える、好ましくは15m/g以上の比表面積を有するメソポーラスなコバルト酸リチウムを合成するために使用され得る。 (もっと読む)


位相ベース変換器の問い合わせは、位相変化として表される測定量の時間に対する変化率を決定するために、変換器からの単一パルス出力を一時的に重複および干渉することによって実行される。変化率、または位相変化の微分は一般的に、信号自体よりもはるかに小さい振幅を有し、したがって微分測定は、より低い感度を有する。このように、そうでなければオーバースケール効果を受ける可能性のある大きい振幅の信号が、より効果的に測定されることが可能である。
(もっと読む)


各フレームに対して異なる符号化開口アレイ6を使用してデータの多数のフレームを得るステップを含む符号化開口イメージングシステム(2)で、検出器(8)により出力されるデータから情景(4)の画像を復元する方法。データの各フレームに対して、そのフレームを得るために使用される符号化開口アレイに対応する点光源回折パターンである復号パターンが利用される。復号パターンはグラム行列に結合される。2次元から1次元への写像がデータのフレームに適用される。積分演算子により情景(4)に関連するデータに対する解が構築される。積分演算子は、検出器ピクセルサイズよりも小さな主ローブ幅を有する平均化カーネルを有する。データの処理がサブピクセル解像度を有する、すなわち検出器(8)に本来備わっている解像度よりも高い解像度を有する画像をもたらす。
(もっと読む)


位相ベースの変換器を使用して検知する方法であって、変換器応答が複数の異なるレベルの感度で提供される方法を提供する。異なるレベルの感度は、信号レベルの広範囲にわたってオーバースケールしない出力を生成するのに使用される。これは、特に、地震探査用の光ファイバセンサの多重アレイとの併用に有益である。センサ較正および雑音低減方法も示される。
(もっと読む)


本発明は、第1のエンティティから第2のエンティティへの鍵配送方法に関し、方法は、第1のエンティティが可動鍵装置と秘密データを共有するように前記可動鍵装置と通信するステップと、前記可動鍵装置を前記第2のエンティティとの量子リンクを有する場所まで移動させるステップと、前記量子リンク上に前記可動鍵装置から前記第2のエンティティまで量子信号を送信するステップであって、量子信号が前記秘密データに基づく該ステップと、前記第1のエンティティおよび前記第2のエンティティが第2のエンティティにより受信された量子信号に基づき鍵合意に着手するステップとを含む。そのような方法により、第1のエンティティと第2のエンティティの間に適切な量子通信リンクがないときでも量子鍵配送の原理が適用されることができるようになる。
(もっと読む)


対象物を分類する、具体的には車両の少なくとも一部の画像に対応している画像データセットと各々が車両の参照画像に対応する複数の参照データセットの各々との間の相関度を評価することによって車両を分類する方法は、車両の局面を確立するステップ(302)と、車両の局面に基づいてそのようなデータセットのより大きい群から複数の参照データセットを選択するステップ(304)とを含む。より大きい群から車両の局面に対応するこれらの参照データセットのみを選択することによって、与えられたレベルの処理資源で、より高速な分類が実現される。あるいは、与えられた処理または分類速度において、従来技術と比較して処理資源のレベルが下げられ得る。
(もっと読む)


【課題】電流利得遮断周波数fの改良された値を示すことのできる、別の形のFETを提供する。
【解決手段】電界効果トランジスタ(FET)は、ベースバイアスを使用して伝導への真性の寄与を低減させ漏れ電流を減少させる種類のものであり、連続した4層102から108を含む。すなわち、pInSbベース層102、InAlSb障壁層104、π真性層106および絶縁SiO層108である。pのソースおよびドレイン層110、112が、真性層106にイオン注入される。FETは、エンハンスメントモードMISFET100であり、バイアスによって真性層106にFETチャネルが形成される。絶縁層108の表面はほぼ平坦であり、ゲートコンタクト116を支持する。これによって、ゲート溝の侵入によって引き起こされるチャネルの直線性からのずれをなくし、または減少させ、高い値の電流利得遮断周波数を得ることができるようにする。 (もっと読む)


量子鍵配送システムのための光受信機(100)が、基板(122)内に搭載または形成され、かつ基板内に形成された1つ以上の中空コア導波路(105、123)により光学的に結合される複数の光学構成要素(103、104、106、108、110、112、114、116、118)を含む。
(もっと読む)


本発明は、量子鍵配送(QKD)を行うための方法および装置に関する。本発明の方法は、知られているQKD方式では普通のことだが、適切に変調された一連の単一光子などの量子信号を第1の量子ノード(304)と第2の量子ノード(306)の間で交換することを含む。しかしながら、本発明では、第1の量子ノードは、自分が送信または受信する量子信号の詳細を第1の遠隔ノード302と通信する。したがって、第1の遠隔ノードには、第2の量子ノードとの鍵合意ステップで、第1の量子ノードの代理をするのに必要な情報がすべてある。第1の量子ノード(304)は、量子信号を第2の量子ノード(306)に送信するように配列されることができ、この場合、本発明は分散量子送信機を提供し、第1の遠隔ノード内の制御論理回路(202)が、第1の量子ノード(304)内の実際の量子送信機(204)から遠隔に分散される。第1の遠隔ノード(302)と第1の量子ノード(304)の間の通信は、従来のQKDにより得られる量子鍵を含むことができ、またはそれにより保護されることができる。
(もっと読む)


1 - 10 / 93