リジェネロン・ファーマシューティカルズ・インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 9 / 9


【課題】血管内皮増殖因子(VEGF)を阻害することが可能な物質を含む薬学的製剤であり、その増大した安定性を有する薬学的製剤の提供。
【解決手段】凍結乾燥前の製剤、再組成した凍結乾燥製剤、および安定な液体製剤を含む、血管内皮増殖因子(VEGF)特異的融合タンパク質アンタゴニストの製剤。好ましくは、融合タンパク質は、SEQ ID NO:4の配列を有する。 (もっと読む)


mIL-3遺伝子およびmGM-CSF遺伝子のヒト化、mRAG遺伝子のノックアウト、ならびにmIl2rgサブユニット遺伝子のノックアウト、ならびに任意でTPO遺伝子のヒト化を伴うマウスを記載する。RAG/Il2rg KO/hTPOノックインマウスを記載する。ヒト造血幹細胞(HSC)由来のヒト免疫細胞(HIC)集団を維持し、かつヒト病原体により、例えばチフス菌(S. typhi)または結核菌(M. tuberculosis)により感染され得る、HSCを用いて移植されたマウスを記載する。マウスにおけるモデル化が不十分であるヒト病原体感染をモデル化するマウス、例えばヒトマイコバクテリア感染をモデル化するマウスを記載し、該マウスは、ヒト免疫細胞を含む1つまたは複数の肉芽腫を発症する。初期ヒト造血細胞から発生するヒト造血器悪性腫瘍、例えば骨髄性白血病または骨髄増殖性腫瘍を含むマウスを記載する。

(もっと読む)


5pM以下のKDでヒト神経成長因子(NGF)に特異的に結合し、ニューロトロフィン-3(NT-3)と交差反応せず、かつラットおよびマウスのNGFに結合するよりも約2〜約10倍高いKDでヒトNGFに結合する、ヒト抗体または抗体の抗原結合断片を開示する。抗体は、炎症性疼痛、術後切開疼痛、神経因性疼痛、骨折疼痛、骨粗鬆症性骨折疼痛、ヘルペス後神経痛、骨関節炎、慢性関節リウマチ、癌疼痛、熱傷に起因する疼痛、痛風関節疼痛を含む疼痛、ならびに肝細胞癌、乳癌、および肝硬変などの疾患の処置において有用である。 (もっと読む)


ヒトDelta様リガンド4(hDll4)に特異的に結合し、かつNotch受容体へのhDll4の結合を遮断する、単離されたヒト抗体またはヒト抗体の断片を提供する。ヒト抗hDll4抗体または抗体断片は、表面プラズモン共鳴によって測定される場合に500 pM以下の親和性でhDll4に結合する。 (もっと読む)


目への硝子体内投与に適した、血管内皮増殖因子(VEGF)特異的な融合タンパク質アンタゴニストの眼科用製剤を提供する。眼科用製剤には安定な液体製剤および凍結乾燥可能な製剤が含まれる。好ましくは、タンパク質アンタゴニストは配列番号:4に示すアミノ酸配列を有する。 (もっと読む)


ヒトデルタ様リガンド4(Dll4)活性を阻害することができる薬剤を、それを必要とする対象へ投与する段階を含む、腫瘍の発生または増殖を阻害するための治療方法を開示する。一つの態様において、本薬剤は、Notch受容体へのDll4の結合を阻害することができる抗Dll4抗体または抗体断片である。別の態様において、本薬剤は、Fcドメインなどの多量体形成成分と融合するDll4の細胞外ドメインまたはその断片もしくは変異体を含む融合タンパク質である。本発明の方法は、特に他の治療薬に応答しない腫瘍において、腫瘍増殖を阻害するのに有用である。 (もっと読む)


高血圧を軽減又は予防することが望ましい、血管内皮増殖因子(VEGF)アンタゴニストによって処置可能な疾患又は状態を患うヒト被験体において、VEGFアンタゴニストの投与に伴う高血圧を軽減又は予防する方法を提供する。本方法は特に、静脈内投与されたVEGF阻害剤による処置に対する不応答性を有する患者の処置に有用である。 (もっと読む)


凍結乾燥前の製剤、再組成した凍結乾燥製剤、および安定な液体製剤を含む、血管内皮増殖因子(VEGF)特異的融合タンパク質アンタゴニストの製剤を提供する。好ましくは、融合タンパク質は、SEQ ID NO:4の配列を有する。 (もっと読む)


VEGF受容体Flt1の免疫グロブリン様(Ig)ドメイン2およびVEGF受容体Flk1またはFlt4のIgドメイン3、ならびに多量体化成分を有する融合ポリペプチドを含むVEGFアンタゴニストを投与する段階を含む、ヒト被験体における貧血性疾患を処置する方法。特に癌に対して化学療法剤および/または放射線により処置されている被験体において、貧血を予防し、ヘマトクリットレベルを増加させ、かつエリスロポイエチンを増加または刺激する方法がさらに含まれる。 (もっと読む)


1 - 9 / 9