説明

ミツビシ・エレクトリック・リサーチ・ラボラトリーズ・インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 10 / 484


【課題】時間変化的および周波数選択的なチャネルを推定するための方法を提供する。
【解決手段】直交周波数分割多重化(OFDM)ネットワーク120において時間変化的および周波数選択的なチャンネル130が、1組のOFDMシンボルの1組のパイロットトーン100に対応する受信信号を受信機122のバッファに最初に格納することによって推定され、パイロットトーンが、あらかじめ決められて、OFDMシンボルの周波数搬送波およびタイムスロットに挿入される。受信信号の共分散行列が推定される。対角行列が、分散行列、および受信信号中のノイズの分散に基づいて推定される。対角行列は、時間領域における非零(ノンゼロ)経路の遅延を示す。各OFDMシンボルに対するチャネルインパルス応答(CIR)が、対角行列および受信信号を使用して推定される。そして、チャネル周波数応答(CFR)を得るために、CIRが周波数領域へ変形される。 (もっと読む)






【課題】計算複雑度が極度に高い処理を、高い分類性能を達成しながら、データ分類にかかる時間を低減できる、サポートベクターマシンを用いたデータ分類方法を提供する。
【解決手段】線形分類器を用いたデータの二項分類に用いられる周波数特徴が、d次元のラベル付けされたトレーニングデータを用いてd次元空間において仮説のセットを求めることによって選択される。仮説ごとにマッピング関数が構築される。マッピング関数がトレーニングデータに適用されて周波数特徴が生成され、周波数のサブセットが反復的に選択される。次に、周波数特徴のサブセットおよびトレーニングデータのラベルを用いて線形関数がトレーニングされる。 (もっと読む)






1 - 10 / 484