説明

ミツビシ・エレクトリック・リサーチ・ラボラトリーズ・インコーポレイテッドにより出願された特許

1 - 10 / 484


【課題】時間変化的および周波数選択的なチャネルを推定するための方法を提供する。
【解決手段】直交周波数分割多重化(OFDM)ネットワーク120において時間変化的および周波数選択的なチャンネル130が、1組のOFDMシンボルの1組のパイロットトーン100に対応する受信信号を受信機122のバッファに最初に格納することによって推定され、パイロットトーンが、あらかじめ決められて、OFDMシンボルの周波数搬送波およびタイムスロットに挿入される。受信信号の共分散行列が推定される。対角行列が、分散行列、および受信信号中のノイズの分散に基づいて推定される。対角行列は、時間領域における非零(ノンゼロ)経路の遅延を示す。各OFDMシンボルに対するチャネルインパルス応答(CIR)が、対角行列および受信信号を使用して推定される。そして、チャネル周波数応答(CFR)を得るために、CIRが周波数領域へ変形される。 (もっと読む)


【課題】交差偏光変調のファイバー非線形性に起因する偏光解消効果を低減する光通信システムを提供する。
【解決手段】マルチステージ適応型機構を導入することによって、時間とともに変化するXPolMクロストークをキャンセルする。最初に、再帰的最小二乗(RLS)に基づく低複雑度適応型フィルタリングが、パーサバイバートレリス状態復号とともに、時間とともに変化するクロストークを追跡する。その後、推定チャネル及び復号合データを用いて、経験的な共分散を計算し、次に、その共分散を用いて、最適重み付け最小二乗によって、より正確なチャネル推定値を得る。これが、高速フーリエ変換を用いて周波数領域にわたって、低複雑度の処理を用いて実行される。ターボ原理復号、より具体的には、ブロックにわたる反復復号及び反復推定を用いて、その性能が大きく改善される。 (もっと読む)


【課題】画像内の物体を検出するスキャンウィンドウ手法であって、計算効率が良い方法で、奥行き画像内の物体を検出する方法を提供する。
【解決手段】奥行き画像内の物体を検出する方法が、奥行き画像内の領域を覆う検出ウィンドウを決定することを含み、該検出ウィンドウのロケーションは、奥行き画像内の候補ピクセルのロケーションに基づき、検出ウィンドウのサイズは、候補ピクセルの奥行き値および物体のサイズに基づいている。検出ウィンドウ内の前景領域が、候補ピクセルの奥行き値および物体のサイズに基づいてセグメント化される。特徴ベクトルが、前景領域内のピクセルの奥行き値に基づいて求められ、特徴ベクトルが分類されて、物体が検出される。 (もっと読む)


【課題】レーダー信号の時空間適応処理を用いて不均一な環境においてターゲットを検出する方法の提供。
【解決手段】正規化トレーニングデータを得るために不均一な環境のトレーニングデータを正規化することと、正規化トレーニングデータを表す正規化サンプル共分散行列を求めることと、クラッター部分空間行列を得るために正規化サンプル共分散行列によって表される部分空間を追跡することと、クラッター部分空間行列およびステアリングベクトルに基づいてレーダー信号内のターゲットの存在の尤度を表す検定統計量を求めることと、ターゲットを検出するために検定統計量を閾値と比較すること。 (もっと読む)


【課題】多次元直交コンスタレーションの送信により、XPolMに起因する時間とともに変化する偏光クロストークを低減する方法。
【解決手段】クロストークなしのコンスタレーションの3つの変形形態:グラスマンコンスタレーション、ユニタリコンスタレーションおよび回転符号が提供される。偏光−時間符号化として適用することにより、グラスマンコンスタレーションおよびユニタリコンスタレーションを用いて、ファイバ非線形性に対処する。回転符号は、ファイバチャネル特性を利用して、性能を改善し、かつ計算の複雑さを軽減する。これらのコンスタレーションの背後にある根底を成す直交性により、受信機は、偏光クロストークが存在しないかのようにコンスタレーションを復号できるようになる。さらに、クロストークキャンセラもチャネル推定器も不要なので、受信機において必要とされる計算の複雑さが著しく軽減される。 (もっと読む)


【課題】計算複雑度が極度に高い処理を、高い分類性能を達成しながら、データ分類にかかる時間を低減できる、サポートベクターマシンを用いたデータ分類方法を提供する。
【解決手段】線形分類器を用いたデータの二項分類に用いられる周波数特徴が、d次元のラベル付けされたトレーニングデータを用いてd次元空間において仮説のセットを求めることによって選択される。仮説ごとにマッピング関数が構築される。マッピング関数がトレーニングデータに適用されて周波数特徴が生成され、周波数のサブセットが反復的に選択される。次に、周波数特徴のサブセットおよびトレーニングデータのラベルを用いて線形関数がトレーニングされる。 (もっと読む)


【課題】合成開口レーダー(SAR)システムが、不均一パルス発生器と、エコー受信機とを備える。
【解決手段】SAR画像が、受信エコーのサンプルから再構築され、送信パルス及び反射エコーが時間において重なり合う。送信パルスは、高いアジマス解像度を達成する比較的高い平均パルス繰返し周波数を有する。送信パルスは互いに直交するか又は非コヒーレントであり、重なり合った受信パルスの分離を可能にする。再構築手段は反復的である。再構築手段は圧縮センシングを用いる。パルスタイミングがランダム又は疑似ランダムである。パルスタイミングは周期的に不均一である。重なり合ったパルスからの欠落データが時間において異なる相対ロケーションにある。欠落データは、SAR画像において均等に分散され、対象エリアのカバレッジが実質的に均一である。 (もっと読む)


【課題】大規模マルチホップメッシュネットワークにおいてデータ送信元ノードから複数のデータ宛先ノードへの複数の経路を発見する方法を提供する。
【解決手段】ノードは、2回のネットワーク全体のパケットのフラッディングのみを含む初期発見段階において、2つの宛先への複数の経路を発見する。また1つの宛先で機能することもでき、通信オーバーヘッドが比例して増大するより多くの宛先を含むように拡張することができる。発見段階の完了後、ノードは、利用可能な経路のうちの任意のものを用いることにより、該ノード自体のデータまたは受信データを通信または転送することができる。 (もっと読む)


【課題】カタディオプトリック系が鏡等の反射器を含む場合の光線の経路を計算する式を提供する。
【解決手段】シーン内の点(PS)と、カタディオプトリック系のカメラの投影中心(COP)との間の光線の反射点の3次元(3D)ロケーションが求められる。カタディオプトリック系は非中央式であり、カメラおよび反射器を含み、該反射器の表面は対称軸の周りに回転対称な2次曲面である。反射法則、反射器の式、およびCOPと、PSと、反射点における反射器に対する法線の、対称軸との交点とによって規定される反射面を示す式に基づいて反射点の3Dロケーションが求められる。 (もっと読む)


【課題】電力網によって生成された正弦波信号の少なくとも1つのパラメーター(周波数、位相角、振幅)を求める方法を提供する。
【解決手段】信号の周波数は、信号の周波数と、雑音のサンプルと、信号のサンプルとの間の線形関係に基づいて、雑音のサンプル間の統計的相関を用いて反復的に求められる。現在の反復中に、統計的相関は、前の反復中に求められた信号の周波数に基づいて更新され、信号のサンプルは、現在の時間期間中の信号の値を用いて更新される。反復的に求めることによって、加法性雑音の影響が低減される。 (もっと読む)


1 - 10 / 484