説明

Fターム[2C035FD32]の内容

Fターム[2C035FD32]の下位に属するFターム

Fターム[2C035FD32]に分類される特許

1 - 18 / 18


【課題】スキージをスキージ移動装置によりマスクに沿って移動させ、そのマスクの貫通穴を通して回路基板にクリーム状はんだを印刷するスクリーン印刷機を、さら使い勝手のよいものに改善する。
【解決手段】スキージをスキージ移動装置によりマスクに沿って移動させ、そのマスクに形成された複数の貫通穴を通して回路基板にクリーム状はんだを印刷するとともに、クリーム状はんだをマスク上に供給するはんだ供給装置を備えたスクリーン印刷機において、はんだ供給装置を、スキージの長手方向に移動可能なはんだ収容器242を備えたものとし、スキージの移動に伴ってマスクの上面とスキージとの間に形成されるはんだロール400のうち、はんだ消費量の多い部分400a,400b等に局部的にはんだ254を補給させる。はんだ消費量の多い部分400a,400b等は、回路基板上の印刷はんだの検査装置による検査結果や、マスクの貫通穴の分布状況に基づく演算や、ロール径検出器によるはんだロール径の検出により取得する。 (もっと読む)


【課題】スキージの交換作業とペースト供給シリンジ内へのペーストの補充作業の双方を容易に行うことができるようにしたスクリーン印刷機を提供することを目的とする。
【解決手段】ペースト供給シリンジ14が、スキージベース30からスキージベース30の往復移動方向と平行な垂直面内を水平線HLに対して下方に傾いて延びる軸線41回りに揺動自在に取り付けられ、下端のノズル部14aがスキージ15の直下に位置するように上記垂直面内を垂直線VLに対して斜め方向に延びるペースト供給姿勢とこのペースト供給姿勢から上記軸線41回りにほぼ90度揺動した格納姿勢との間での姿勢変換が可能な構成とする。 (もっと読む)


【課題】スキージの交換作業とペースト供給シリンジ内へのペーストの補充作業の双方を容易に行うことができるようにしたスクリーン印刷機を提供することを目的とする。
【解決手段】ペースト供給シリンジ14が、スキージベース30からスキージベース30の往復移動方向と平行な垂直面内を水平線HLに対して下方に傾いて延びる軸線41回りに揺動自在に取り付けられ、下端のノズル部14aがスキージ15の直下に位置するように上記垂直面内を垂直線VLに対して斜め方向に延びるペースト供給姿勢とこのペースト供給姿勢から上記軸線41回りにほぼ90度揺動した格納姿勢との間での姿勢変換が可能な構成とする。 (もっと読む)


【課題】スキージの交換作業とペースト供給シリンジ内へのペーストの補充作業の双方を容易に行うことができるようにしたスクリーン印刷機を提供することを目的とする。
【解決手段】ペースト供給シリンジ14が、スキージベース30からスキージベース30の往復移動方向と平行な垂直面内を水平線HLに対して下方に傾いて延びる軸線41回りに揺動自在に取り付けられ、下端のノズル部14aがスキージ15の直下に位置するように上記垂直面内を垂直線VLに対して斜め方向に延びるペースト供給姿勢とこのペースト供給姿勢から上記軸線41回りにほぼ90度揺動した格納姿勢との間での姿勢変換が可能な構成とする。 (もっと読む)


【課題】マスク上にペーストが不均一に供給されることによる印刷不良の発生を抑えることができるようにしたスクリーン印刷機及びスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】シリンジ16の往復移動領域Rでの移動の往路及び復路のそれぞれにおいて、シリンジ16がペースト供給領域Qの一端側(往路側空気圧供給開始位置Q1及び復路側空気圧供給開始位置Q3)に達したときにシリンジ16への空気圧の供給を開始し、シリンジ16がペースト供給領域Qの他端側(往路側空気圧供給停止位置Q2及び復路側空気圧供給停止位置Q4)に達する前にシリンジ16への空気圧の供給を停止する。 (もっと読む)


【課題】印刷マスクを使用しないでプリント配線基板上にはんだペーストを直接塗布することによって、印刷マスクの保管場所や印刷マスクを印刷するスペース、印刷マスクの製作費用などを削減する。
【解決手段】はんだペーストが充填された後に空気が充填されることにより、当該はんだペーストが加圧充填されるはんだペースト充填部3と、はんだペースト充填部3に加圧充填されたはんだペーストが電磁弁13を介して供給されることによって、当該はんだペーストをプリント配線基板20上に塗布するノズル部14と、電磁弁13の開閉動作を制御することによってノズル部14へのはんだペーストの供給量を制御する処理実行部10とを備えた。 (もっと読む)


【課題】マスク上にペーストを供給する場合であってもスキージによるペーストの転写動作の開始が遅れることのないスクリーン印刷機及びスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】搬入した基板2を一対のクランプ部材25aによりクランプした後、そのクランプした基板2をマスク15に接触させる前に、基板2をマスク15に接触させた場合にクランプ部材25aと接触することとなるマスク15上の領域RgにペーストPstを供給する。 (もっと読む)


【課題】ペーストの厚さムラに起因する印刷精度の低下を防止することができるスクリーン印刷機及びスクリーン印刷方法を提供することを目的とする。
【解決手段】基板2の、マスク15に対するスキージ16の摺動方向と直交する水平面内方向であるスキージ16の幅方向の寸法Rを記憶する寸法記憶部62と、寸法記憶部62に記憶された基板2のスキージ16の幅方向の寸法Rを読み出し、その読み出した基板2のスキージ16の幅方向の寸法Rに応じてペーストPstのマスク15上でのスキージ16の幅方向の長さPLを設定するペースト長さ設定部50bとを備える。ペースト供給シリンジ18は、ペースト長さ設定部50bにより設定されたスキージ16の幅方向の長さを有するペーストPstをマスク15上に供給する。 (もっと読む)


【課題】高い充填品質及び高い生産性が実現される、ペースト状物質の充填装置及び充填方法を提供する。
【解決手段】ペースト状物質の充填装置が、ペースト状物質計量手段30と、シート材10に摺接して移動する充填ヘッド40であって、該充填ヘッド40がシート材10の表面に当接することにより密閉される開口44を有する充填室42と、充填室42内に配設されたスキージ43にして、計量されて準備されたペースト状物質Pを受容して保持し、保持したペースト状物質Pをシート材10の有底孔13内に擦り込むスキージ43とを備える充填ヘッド40とを具備する。スキージ43に受容されるペースト状物質Pの量は、充填室42の開口44が開放されているときにおいてもスキージ43から落下することなくスキージ43に保持される量である。 (もっと読む)


【課題】基板サイズの制限やタクトロスを発生させることなく、はんだ印刷に使用されるはんだ溜まりのはんだ残量を適正化する。
【解決手段】往路印刷から復路印刷への切替において、スキージ702がはんだ溜まりSPに対し当該切替直前の移動方向、つまり往路方向の下流側に位置してスキージ702がマスク51の開口部と反対側(前側)に位置している間に、はんだ溜まりSPを検出する。したがって、はんだ量測定中にスキージ702に付着するはんだが垂れ落ちたとしても、そのはんだ付着位置はマスク51の反開口部DM2であるため、マスク51と基板1が位置合せされているという制約などが不要となる。また、反開口部DM2ではんだ溜まりSPを移動させることなく、はんだ溜まりSPに対するスキージ702位置の切替のみではんだ溜まりSPの検出が行われている。 (もっと読む)


【課題】熟練者である必要もなく、確実に自動的に印刷パラメータを変更できて、プリント基板への塗布剤の塗布量が良好な印刷が行えるようにすること。
【解決手段】レーザー光源56はプリント基板P上に塗布されたクリーム半田にレーザー光を照射しながら、またその反射光を検査用カメラ55が撮像しながら移動して、認識処理装置57の認識処理結果に基づいて、制御部50は各クリーム半田の体積を演算して内蔵する記憶部に演算結果を格納すると共にスクリーン印刷機30の制御部33の内蔵する記憶部にも格納される。この計測体積が過小基準体積より小さいか否かが制御部33が判定し、小さければ次に中央部の高さのみが低いか否かが判定される。そして、中央部の高さのみが低い「えぐれ」があると制御部33が判定すると、制御部33は印圧を低く設定する。 (もっと読む)


【課題】大きい基板に対する半田の印刷品質と小さい基板に対する半田の印刷品質とが異なってしまうのを抑制することが可能な印刷装置を提供する。
【解決手段】この印刷装置100は、プリント基板200上に配置され、プリント基板200に対応した所定のパターンの開口が形成されたマスク300の上面に半田を供給する半田供給部72と、半田供給部72から供給される半田量を印刷対象のプリント基板200上に配置されたマスク300の開口の総面積に対応して調整するためのレギュレータ750とを備えている。 (もっと読む)


【課題】LSI高密度化に対応していて且つはんだ印刷ヘッド内部のはんだ固着防止が可能なはんだ印刷機を提供する。
【解決手段】はんだペースト(23)を被印刷体(4)に印刷するための印刷ヘッド(2)を具備する、はんだ印刷機(1)において、前記印刷ヘッドは、はんだペーストが通過して前記被印刷体に向かって吐出されるためのノズル部(24)と、ノズル部の先端に設けられていてそこからはんだペーストが吐出する、ノズル口(25)と、前記ノズル部内に収容されていて弾性のある撹拌ワイヤ(22)とを具備する。前記撹拌ワイヤは、前記ノズル口から前記被印刷体に向かってはみ出るように伸張することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 マスクシートの開口面積等の具体的な事情に応じてより適切なアタック角度で印刷処理を行い得るようにし、印刷状態の良好な基板を安定して生産する。
【解決手段】 スクリーン印刷装置は、ヘッドをマスクシートに沿って移動させながらスキージによりペーストを拡張し、スキージの回転によりアタック角度の切換えを行うように構成される。このスクリーン印刷装置は、主制御部511、角度設定部512および記憶部513等を含む制御部本体51を有する。角度設定部512は、マスクシートの開口面積、ペースト量およびヘッドの移動速度等の印刷条件に基づいてタック角度を設定し、主制御部511は、印刷動作中、角度設定部512により設定された設定角度に基づいてスキージを駆動制御するように構成される。 (もっと読む)


【課題】従来のソルダペーストを1Kg入れた容器を用いて印刷装置にソルダペーストを供給する場合は、容器を冷蔵庫から取り出して攪拌するときに大きな力と時間がかかるばかりでなく均一攪拌が困難であった。また従来のソルダペーストの供給方法では、大量に入れられたソルダペーストから印刷に適した量を正確に取り出すことが困難であり、はんだ付け不良の原因となることがあった。
【解決手段】本発明は印刷装置の初期稼働時に適した量のソルダペーストを容器に入れ、印刷初期には全量を供給し、追加時には半量を供給する。また本発明のソルダペースト用筒状容器は印刷装置の初期稼働時に適した量のソルダペーストを入れたときに空隙が20〜40体積%となるものである。 (もっと読む)


【課題】 印刷品質を確保すると共に、簡易構成でスキージヘッドに残留するペーストを極力低減することができるスクリーン印刷装置を提供する。
【解決手段】 下方が開口された可撓性の交換式のペーストパック31に収容されたクリーム半田50を貯溜したスキージヘッド13を移動させながら加圧ピストン32でクリーム半田50を加圧してマスクプレート12のパターン孔12aを介して基板3に印刷するスクリーン印刷装置において、スキージヘッド13は、ペーストパック31を収容するパック収容部30と、下部に前記吐出用開口37が形成されその内壁により印刷空間38が形成された筒形状のヘッド本体部14とを備え、ペーストパックを加圧する加圧ピストン32が前記送出用開口を通過して印刷空間にまで移動可能であり、その外形が前記ヘッド本体部の前記内壁に沿った形状に構成される。 (もっと読む)


【課題】 高密度・高多層基板の半田バンプ印刷を高精度に行うことが可能なスクリーン印刷装置及びその印刷方法を提供する。
【解決手段】 スクリーン印刷装置1は、印刷位置でスクリーンSを介してペーストPをワークW上に印刷機構6が、先端にスクリーンに当接する充填ノズル62aを有し、印刷時に消費されるペーストが充填される充填ヘッド62と、充填ヘッドにペーストを補給する供給タンク63を備え、充填ヘッドと供給タンク内にはそれぞれ押し出し機構62b,63aが設けられていて、ペーストのスクリーンへの押し出し圧力を制御することができる。また充填ヘッドを上下に昇降可能な充填ヘッド支持機構64に支持され、充填ヘッドのスクリーンへの押し付け力も調整できる。 (もっと読む)


【課題】グリーンシートにペーストをパターン印刷する際の印刷面積のばらつきを抑制できるスクリーン印刷方法及びスクリーン印刷装置を提供する。
【解決手段】所定の印刷パターン2aが形成されたスクリーン2をグリーンシート8上に配置し、該スクリーン2上にペースト9を供給するとともにスキージ3を当接させた状態で移動させることにより上記グリーンシート8に上記印刷パターン2aに対応した内部導体パターン10を印刷するようにしたスクリーン印刷方法において、上記内部導体パターン10の印刷面積のばらつきの有無を求め、該印刷面積にばらつきが生じたときには該ばらつき部分に相当する上記スクリーン2の印刷パターン領域A,Bを特定し、該特定した印刷パターン領域A,Bに上記ペースト9が供給されるようペースト供給位置を変更する。 (もっと読む)


1 - 18 / 18